ヤフーのネットショップ開業無料化の影響 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ヤフーのネットショップ開業無料化の影響

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 ネットショップ開業が、低リスクビジネスとして俄然面白くなってきます。ヤフーは、ヤフーショッピング、ヤフーオークションの出店料と売上げロイヤリティを無料にすると発表しました。詳細に関してはこれから発表されますが、孫正義会長はこれまでのヤフーの戦略の間違いを認め、「売り手の皆さんが主役になる」ネットビジネスの展開を表明しました。

 ヤフーはこれまで、小規模店の出店料(初期費用2万1000円、月額費用2万5000円)と、売上げロイヤルティ(売上げの1.7~6.0%)を出店会社や個人から徴収してきました。現在約2万店が出店しています。一方、ライバルの楽天は、出店料(初期費用6万円、月額費用1万9500円)、売上げロイヤルティ(売上げの3.5~6.5%)です。

 10年以上前のネットショップ導入期と違って、現在は中堅・大手の小売販売会社はほとんどがネット販売を行っています。そのため、出店料を支払って開業しても、大きな黒字企業は1割程度で、4割が黒字からとんとん。それ以下の5割近いネットショップは赤字営業と言われています。

 実店舗で黒字経営を続けている会社なら、ネットで少しくらいの赤字が出ても、広告宣伝費と考えてショップ運営を継続できます。しかし、小企業や個人営業の場合は、赤字が続きますと撤退するしかありません。実際、開業して1年でショップを閉じている人はとても多いです。

 今後、出店料と売上げロイヤリティが無料と言うことになりますと、ビジネスにおけるネットショップの位置づけは変わってきます。特に起業を目指す人の場合は、1,自分で利益を上げるためのトレーニングの場になります。2,起業したときに必要になるネットスキルを高めることができます。3,ネットショップ運営を足がかりに、実店舗出店につなげることが可能です。

 ヤフーは、わが国ではネットビジネスの先行企業として多くの利益を享受してきました。近年は、ショップでは楽天に差をつけられ、検索ランクではグーグルに主導権を奪われ、今ではグーグルの検索結果を借りる立場で営業しています。このままでは、過去の財産だけで運営される会社になるところです。

 政府は、ビジネスの開業率を高めるため、起業を支援する立場を表明しています。ネットショップの開業無料化は、起業する人への強力な支援になるはずです。今後のヤフーの詳細発表を見守りましょう。小売りビジネスを目指す人は、ネットショップのためのサイト作成を考えることも必要です。

【一言】
 他人事ですが、ヤフーがネットショップの登録を無料にしますと、その代わりに見合う売上げを何で上げるのか心配になります。ヤフーショッピングやヤフオクでは、年間100億円以上の売上げがあります。現在は、このショッピングサイトでの広告収入を増やすことを考えているようです。3200億円の売上げを上げるヤフーですから、収益にはあまり影響はなさそうです。それより、起業家には大きな影響があります。

このコラムに類似したコラム

従業員の思考回路と経営者マインド 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/25 20:50)

統計のマジックに騙されないビジネスの勧め 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/27 20:23)

金メダリスト 羽生選手の「悔しい」の一言 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/16 20:53)

もし、安倍首相と猪瀬前知事が起業したなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/25 20:39)

時代の変化に気付かずに起業したなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/24 21:14)