もし、安倍首相と猪瀬前知事が起業したなら - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

もし、安倍首相と猪瀬前知事が起業したなら

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 猪瀬さんは作家としてまだ一本立ちしていなかった40代はじめ、著書「ミカドの肖像」を書くために当時の国民生活金融公庫から資金を借り、アルバイトを止めて執筆活動に専念しています。芸術に関わる人間が金融公庫を活用して完済したことで、今でも語り草になっているようです。

 起業を目指す以上は信用が第一。資金面ばかりでなく、嘘をつかない、約束を守るなど、起業家に対する縛りはけっこうあります。猪瀬さんの場合、説得力は高いレベルにあり、経験を知恵にする能力も優れていると思われます。しかし、人格を磨くことに関心が薄かったようです。

 安倍さんの場合は3年間鉄鋼会社に勤めただけで、直ぐに政治家だった父親の秘書になっています。28歳から政治の世界だけで生きてきました。生まれた家は、祖父が戦前からの政治家で、父親も政治家。ほとんど、庶民が経験する金銭で生活に困るとか、仕事で転職を考えるような苦労の期間がありません。

 しかも、国会議員なら大半の人が経験する、落選の経験さえもありません。初当選のとき、同僚議員から「親分」と言われたそうですから、金の匙を咥えて生まれています。確かに、接した多くの人には好かれる性格のようです。1度、首相失格の烙印を押されたことで、「よい人だけの人」とは決別したようですが。

 この二人が起業をしたときを想像してみます。猪瀬さんは、幼いころに父親を亡くしていることもあり、ビジネスに対する厳しさや負けず魂はもち合わせています。反面、意固地になって喫煙を止めないように、性格に柔軟性がありません。起業家としては、柔軟性のなさは大きな欠点です。

 安倍さんは典型的な世襲タイプ。先々代の岸元首相の意思を汲んで、憲法改定を使命としているようですが、時代の変化に合わせるのが起業ですから、相当ピントがずれていると言えそうです。しかも、荒波を何度もくぐり抜けて、スキルを磨くのが起業ですから苦労が不足しています。

 起業も政治の世界も、リスクをとることによって、他の人には経験の出来ない世界に到達できます。猪瀬さんも、安倍さんも、政治家になるにはあまりにリスクが低すぎました。そのため、猪瀬さんは法律を甘く見て辞任することに。安倍さんも、殿様気分で予算をばら撒き過ぎると痛い目にあいます。

年末年始に読みたい起業関連の書籍

このコラムに類似したコラム

起業にとって“直感”は大きな武器 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/11 20:33)

起業するなら自分の成長力に賭けることも 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/04 20:33)

起業をシンプルに考えるとやる気が湧く 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/24 20:54)

【150名様・ご愛顧感謝企画】4周年記念 銀座アントレ交流会 片桐 実央 - 起業コンサルタント(2012/06/15 22:17)

開業費用はいくら必要か? 菅原 茂夫 - 税理士(2012/06/06 11:57)