年金対策として貯蓄だけではなく、老後の副収入として家賃収入を - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー
東京都
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年金対策として貯蓄だけではなく、老後の副収入として家賃収入を

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
アパート経営 年金大家ノウハウ取得会

銀行預金では、現金を貯めるには限界があります。

低金利のこの時代では、生涯得られる給与以上の金額を貯めることは不可能です。


老後の生活費として年金が当てにならない見込みですが、現在の状況でも自分で貯めた貯金が大事な生活資金となっています。

 

しかし、この大事な貯金がいつまでも確保され続けるものではありません。


安泰ではないのです。


退職後にその貯金を日々の生活費の補足などとして使うというということは、その貯金が増えることはなく、ただ減っていく一方なのです。

 

生活をする一日一日は、楽しくすごせるはずなのに、一日一日と少しずつ今までためた貯金が減っていくようでは、心配な気持ちになります。


毎月の持ち出しが
5万円だとしても、年間60万円。


10
年で600万円、20年で1200万円となります。

 

65歳で職場を離れた時に余剰資金として、2000万円があったとしたら、85歳でもまだ余剰資金が残る見込みだから大丈夫といえるのでしょうか。


この場合、
85歳で余剰資金は800万。


その先の将来、あと何年で資金が尽きてしまうと考えると心配になるのではないかと思います。

 

給与だけから貯められる貯金額には限界があり、貯金が多くたまったとしても、退職後にその貯金を食いつぶしていくようでは、将来が暗くなるということです。


このようなケースは、実際に珍しいことではありません。

 

一方で、このケースとは別の考え方を実行している人もいます。


退職後も、所得を得ている人たちです。

 

ビジネスを持っている人、経営者です。


ビジネスで成功し続ければ、
60歳で退職という発想もなくなります。


成功を続けることで、資産も増えていくものです。

 

しかし、ビジネスでは必ずしも成功するとは限りません。


なかなか成功しないケース、取り返しのつかない失敗をするケースがあります。


ここで探したいものは、できる限り失敗をしないビジネスです。

 

それが、不動産経営です。


ここでの不動産経営とは、不動産賃貸業のことです。


貸し出している部屋から毎月の家賃が入ってきます。


この毎月の家賃が、将来の生活費となるのです。


それを実現しているのが、現在のお年を召したアパート大家さんです。


このような人たちは、目立ちはしませんが東京にもたくさんいます。

 

上記のように少しの生活費として毎月5万円を使うと考える場合、自己資金が1000万円でも十分にこの不動産経営をスタートさせることができます。

 

退職時に2000万円を確保できた人が、老後に貯蓄額が少なくなってしまうと心配をするのとは、正反対に自己資金が1000万円の人が毎月5万円を継続して得られているという事例が多くあります。


いえ、毎月
5万円というのは最低限度のレベルの成功事例で、もっと大きく成功をしている人もいます。


それだけでなく、
1000万円で始めたアパート経営を数年後にさらに拡大できたという事例もあります。

 

やはり2000万円を貯めて、それを食いつぶしていくというケースとは異なります。

 

しかし、不動産経営が安泰とは言えません。


多くのビジネスのように不動産経営でもたくさんの失敗事例があります。


その失敗事例の多くは、より多くの利益を得ようとして、リスクの大きな不動産物件を取得していることが原因です。

 

不動産経営では失敗をしないための多くの工夫があり、一つ一つ確認を積み重ねていかなければいけません。

 

それが苦労だと言いい、不動産経営の勉強をしない人もいます。

しかし、老後の生活資金に苦労をすることを考えると、もっともっと不動産経営を勉強することがどれほど大切かを知ってもらえる機会があればよいかと思います。

 

世の中には少し工夫をするだけで、もっと有意義な老後を過ごすことができる人たちがいるのですから、その人たちが少し考え方を変えて、成功をおさめることができれば、もっと経済が良くなり、もっとその街が良くなることと思います。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 不動産投資アドバイザー)
ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー

小さな事でも気軽に相談できるよう心がけています。

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します。

カテゴリ 「アパート経営」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 個別相談

対面相談

料金
9,524円

東京でのアパート用地探し、土地取得、銀行融資、競争力のあるアパート建築計画、施工、客付け、管理などの70棟以上の実例をもとに、お受けした質問に対してしっかりとお答えさせていただきます。

個別相談

「不動産投資」に関するまとめ

  • 不動産投資に関する不安や悩みの解決は専門家に相談!不動産投資のリスクや知ってると安心な情報も掲載中。

    不動産投資を考えている方も実際に不動産投資をしている方もそれぞれ不安や心配な事が沢山ありますよね?そんな時に専門家の力を借りて解決しませんか? 不動産投資で税金対策する?アパートへの不動産投資は運用時に何が問題になる? 不動産投資をスタートする前に知っておいた方が良い知識は沢山です。不動産投資は始めてみて分かるリスクもあります。事前に知っていれば対処方法を計画することも可能です。 不動産投資に関する知識やアドバイスを色んな角度から書かれた専門家コラム、Q&Aをまとめました。

このコラムに類似したコラム

~定年後の生活資金を想定します(2)~ 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2012/05/24 19:00)

アパート経営を行うにはじっくりと確実に検討し、無理をしないこと 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/03/17 09:00)

2/2セミナーが満席となりました。お礼申し上げます。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/01/31 14:00)

2/2(土)開催のオープンセミナーで1席の空きが出ました。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/01/26 18:00)