40歳未満の持ち家比率が低下しているとしても。 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー
東京都
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

40歳未満の持ち家比率が低下しているとしても。

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
アパート経営 年金大家ノウハウ取得会

7月1日は毎年路線価が公表される日でして、こちらは想定内でしたが、もう一つ、面白い別の情報がありました。


国土交通省が本日発表した2012年国土交通白書の内容が、7月1日の電子版日経新聞に掲載されていました。

20130702nikkei

テーマは、「40歳未満の持ち家比率、28.4%に低下 国交白書。 賃金伸び悩みで賃貸志向」

これは、また低い比率です。

40歳未満の持ち家比率では、1983年に42.2%だったのが、2008年で28.4%。


30-39歳の持ち家比率は、1983年に53.3%だったのが、39%。

半数以上の世帯が、賃貸に住んでいるという現状です。

ハウスメーカーは、持ち家の戸建や分譲マンションに力を入れていますが、実情(今回の結果)から見て、それ以上に社会的に必要とされているのが、賃貸物件だともいえます。

20-30代の持ち家志向は、2011年の調査結果で75.5%とありますが、まだまだ希望と実態は大きな隔たりがあるようです。

この白書では、「20~30代の若者が東京都心に居住する傾向が強まっていることも指摘。移動の利便性を重視している若者の傾向を反映している。」とのこと。

そして、もう一つ、「質の高い賃貸住宅の供給を支援する必要があるとしている。」

賃貸物件は、質が低いものとは、時代を反映していませんし、入居者にとっても失礼です。

質が低いものが取り残されるようになっていることは、最近の市場の空室の部屋情報を見ても解ります。

精一杯の工夫と、質の高い賃貸物件が求められている様子を感じてもらえればと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 不動産投資アドバイザー)
ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー

小さな事でも気軽に相談できるよう心がけています。

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します。

カテゴリ 「アパート経営」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 個別相談

対面相談

料金
9,524円

東京でのアパート用地探し、土地取得、銀行融資、競争力のあるアパート建築計画、施工、客付け、管理などの70棟以上の実例をもとに、お受けした質問に対してしっかりとお答えさせていただきます。

個別相談

このコラムに類似したコラム

【8/4】よしゆきさんのセミナー再演! 渡邊 浩滋 - 税理士(2012/07/30 08:45)

相続とは~非嫡出子の相続分の違憲判決で思うこと~ 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/09/28 12:20)

東京五輪開催によるアパート経営への意外な余波。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/09/14 19:00)

誕生日そしてセミナー 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/09/13 12:51)

賃貸住宅フェア~ここにいるよ~ 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/07/31 08:25)