起業を健康寿命で考えてみると - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業を健康寿命で考えてみると

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 起業した人の多くが、「どうせ短い人生なので、思い切って、後悔しない人生を生きたい」と口にします。毎日毎日は長い人生なのに、実際の人生は思いのほか短いのが、60年以上も生きたわたしの実感です。人生は、想像する以上に短いです。人間の寿命には、生きるだけのほかに寿命があります。

 健康寿命です。健康寿命は、日常的に介護を必要とせず、自立した生活のできる生存期間のことです。2010年で男性は70.42歳、女性は73.62歳でした。平均寿命は、男性79.55歳、女性は86.30歳ですから、男性は9年、女性は12年近く病床やほぼそれに近い生活を過ごしています。

 50代の人が起業を目指しますと、平均値では、ほぼ10数年しかビジネスに関わることができない計算です。多分、多くの人が想像している以上に健康寿命は短いと思います。しかも、04年のWHO(世界保健機関)の日本人健康寿命は男性で72.3歳、女性で77.7歳ですから、健康な時間は短くなっています。

 男性で2歳、女性で4歳も、この6年ほどの間に、健康寿命が短縮しています。一方で男女の平均寿命は延びていますから、自立できない、介護に頼る老後の人が増えているわけです。日本の医療費がドンドン増えるのも判かります。これでは、若いときに考えた生活設計では、大きな変更を迫られることになります。

 そのため、40歳を過ぎた人の場合は、ゴールを70歳や75歳において、逆算による計画を考えるとよいと思います。人間は人生を振り返る40歳を過ぎるあたりから、一年一年が未知の体験であることに気付きます。50歳を過ぎると、まさかこんなに長く生きるとは想像もしなかった領域に入ります。

 そんな時、70歳や75歳をゴールにした起業人生を考えると、これまでのようにノンビリと人生を過ごせないことに気付きます。しかも、日本人の健康寿命が徐々に短くなっていることを考えると、ますます将来やりたいこと、これまでに遣り残したことなど、急ぐ必要がありそうです。

【一言】
 わが国では、老後の生活資金に関しては情報が豊富です。一方、健康に関しての情報は、ほとんどないに等しい状態です。反対に、病気に対する情報はとても多いです。意地の悪いわたしは、医学関係者が健康に関することは、意識的に口を閉ざしていると思っています。日ごろから予防に努めていますと、医療費も老後の費用も極端に少なくて済みます。提供することの必要な情報が、逆のような気がします。

このコラムに類似したコラム

勝手にマイナンバーを付けられても好きになれない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/05/13 20:41)

起業は異次元でのビジネスかも 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/04/29 20:44)

起業家のためのライフワークの見つけ方 5つのステップ 葛西 幸浩 - 経営コンサルタント(2012/10/30 17:46)

情報提供型ビジネスとは!?(フランチャイズ起業) 中川 強 - 起業コンサルタント(2011/09/14 18:23)

魅力がいっぱいの【マッチング型】ビジネス! 中川 強 - 起業コンサルタント(2011/09/13 10:42)