起業は異次元でのビジネスかも - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業は異次元でのビジネスかも

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 黒田総裁による日銀の大幅な金融緩和以後、「異次元」という言葉がよく使われます。起業をすることは、これまで会社勤めをしてきた人にとって、異次元でビジネスをすることかも知れません。わたしがイメージする異次元の起業とは、ビジネスという劇場において、舞台に上がって出演者の側に立つことではないかと考えています。

 舞台の上から声を張り上げ、観客席のお客さんに向かって商品やサービスを売る行為です。舞台という制約はありますが、どんな販売方法を展開しようと起業家の勝手です。その代わり、大勢するはずのお客さんの側は、何を考えているか分かりません。売り方が下手ならば、誰も手を上げて買ってくれないことだけは確かです。

起業を考える人の多くは、お客さんとの取引を一対一でイメージしがちです。
最終的には一対一ですが、情報化が進んでいるわたし達の社会は、メールやネットを通じて大勢のお客さんがつながっています。一人のお客さんには上得意になってもらっても、他のお客さんに大きな失敗をしますと、その事実は直ぐに広まってしまいます。

 このような耳障りのよくない話をしますと、「初めて起業する人間が、そこまで考えないといけませんか?」と気分を悪くする人がいます。実際に開業しますと、そこまで事前準備していても、それでも問題は起こります。起業で成功するためには、この問題になりそうな点を、キメ細かく埋めていく作業が必要です。

【一言】
 危機管理の原則には、最悪の事態も想定した上で、事前準備を進めることが必要とされます。ところが起業に限っては、多くの人が成功することばかりを考えがちです。ビジネスの場合は、一時の勝負ではありません。継続性を求められますから、成功することよりも失敗しないことが求められます。思いもしない問題がよく起こるのが起業です。

このコラムに類似したコラム

起業は事前の情報量で成否が決まる 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/21 20:46)

一発勝負型起業を続けては将来がない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/10 20:42)

勝手にマイナンバーを付けられても好きになれない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/05/13 20:41)

開業費用はいくら必要か? 菅原 茂夫 - 税理士(2012/06/06 11:57)

情報提供型ビジネスとは!?(フランチャイズ起業) 中川 強 - 起業コンサルタント(2011/09/14 18:23)