まずは「感情の乱れ」に気づくことが大切 - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずは「感情の乱れ」に気づくことが大切

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

「火の呼吸」で一生負けない脳をつくる無敗脳ヨガ道場の辻です。


ヨガを続けていくと五感が研ぎ澄まされていきます。


この感覚センサー」は、筋肉と異なりほとんど年齢の影響を受けません


磨けば磨くほど研ぎ澄まされていきます。


自分は今楽しいのか?楽しくないのか?イライラしているのか?悲しいのか?


などのように自分の感情に対しても気づきが深まっていきます


今の自分の状態を知ることができればそれを修正することができます。


現代流にいいますと感情のコントロールということになります。


当スタジオにお越しのお客様からはよく、「まだまだヨガを行っている最中に雑念が浮かんでしまいます」といわれます。


実は、この雑念が浮かんでいることに「気づく」ということがファーストステップですので、全く問題ないといえます。


普通は、自分自身の頭の中で雑念が浮かんでいることすら気づいていないものなのです。


そして、脳が活動している限り雑念が浮かばない人間などいません


あのお釈迦さんでさえ、様々な誘惑が頭に浮かんできたと言っていましたね。


でも達人の方は、ヨガの初心者とは異なり、この雑念に振り回されることがほとんどありません


例え話でいいますと、ヨガの初心者は、コーヒーカップに乗っているような状態で自分自身がグルグル回っている状態です。


当然、見える景色もぐるぐる回っているような状態です。


それに対し、達人はそのコーヒーカップに乗っている人を周りから見ているような感覚です。


遠目で見ていますので、乗っている人ほど、コーヒーカップ(雑念)が回っているように見えません。


感情のコントロールがうまくいかない方は、このコーヒーカップのように


感情がグルグルとものすごい勢いで回ってしまい、自分自身の行動が何もできない状態です。


感情行動が飲み込まれてしまっている状態です。


ですので、まずはこのコーヒーカップから降りて、一度外からコーヒーカップを見つめる作業が必要になってきます。

『黒楽茶碗 銘あやめ』

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場辻でした。

 

サイバー・ヨガ」ブログ

このコラムに類似したコラム

感情コントロールで無敵になれるか? 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/04/08 21:53)

リアルの世界を生き抜くヨガを目指して! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/12/23 11:52)

呼吸法が自律神経に与えるメカニズムについて 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/09/19 21:49)

『呼吸最適化プロファイル』のサービスを開始します! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/23 19:21)