揺れるスカイツリー - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

揺れるスカイツリー

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break
先日、仕事で東京に行ったついでに、おのぼりさんをしてスカイツリー見物に行きました。
長蛇の列が出来ると聞いていましたので、仕事を超早い目に切り上げて、9時半にスカイツリーの到着したのですが、「本日は強風のため、前売り券以外の入場は中止します」の張り紙が・・・

強風時に人が多く登るとトップヘビーになって揺れが大きくなるのでしょう、人数を制限して見学させているようです。修学旅行生もスカイツリーまで来ながら順番待ちでがっかりしている様子です。私たちも仕方ないので、はらいせに隣接の隅田水族館に回りました。金額的に見て可もなく不可もなくみないた印象です。

ところで、やはり気になるのはスカイツリー。人を上げているのだから、エレベーターのトラブルではありません。強風の為入場を中止と云いながら、前売り券の人は上がらせている。これは入場制限に近い運営です。強風時に上へ上げる人数を制限させているという事は、やはり人の重さで揺れが大きくなってしまう事を懸念しているのでしょう。東京タワーに比べ底面積の割合を比較すれば、明らかにスカイツリーの方が不安定です。
下から見れば鉄の塊に見えますが、如何に重量を軽減して強度を出すかが技術的な課題だったのでしょう。その為底盤はカタチの上で最も安定的な三角形をしており、上階に上がるに従って丸くなって行きます。裾野の広がりを敷地の関係で切り詰めた結果のフォルムですが、強風の度に入場制限するようでは資金回収もままならないでしょう。ちなみにその日は風速10m前後で、やや風がきついな程度の状態でした。

次回は前売り券を購入して、スカイツリーに登り、望遠鏡で遠くを覗いてどれだけスカイツリーが揺れているのか体感してみたいと思っています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

強化ガラスの手摺 松永 隆文 - 建築家(2016/08/30 11:21)

開放感ある1階の店舗 松永 隆文 - 建築家(2016/07/19 15:52)

エレベーターの最終調整 松永 隆文 - 建築家(2016/06/25 18:57)

エレベーターの設置 松永 隆文 - 建築家(2016/05/04 10:23)

エレベーター周りのALC 松永 隆文 - 建築家(2016/04/22 09:41)