地震の大きさと被害の関係 マグニチュード - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地震の大きさと被害の関係 マグニチュード

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●免震構造住宅

地震の強さを表す単位は複数あります。それらの単位は地震の一部の側面しか捉えていませんので、様々な誤解が生まれます。単位全ての概要を把握していないと地震の実態を掴む事が出来ません。単位の概要を把握して、地震の実態を正しく把握することにより、将来襲うと思われる地震の対策が可能となるのです。
津波に関しては、船の様な家を造らない限り防ぎようがありませんが、地震は打つ手が幾らでもあります。

地震そのものの大きさを表す単位としてマグニチュードがあります。マグニチュードは地震エネルギーの単位で、マグニチュードが大きい程大きい地震だと言えます。但し地震は、遠くで発生するのと、近くで発生するのでは、被害が随分異なります。
生駒山よりも富士山の方が高いのは誰もが知っていますが、大阪から両者を見比べれば、生駒山は高くそびえて見えますが、富士山は影もカタチもありません。マグニチュードも直接の被害を表現する単位ではないのです。
また、マグニチュードは微細の地震から巨大地震まで一枚のグラフで表現しますので、対数グラフを用います。対数グラフは一般のグラフと違い、ひとメモリ単位が違うと、二乗倍の開きがあります。一般のグラフで表現すると、紙面から飛び出してしまうほど大きな値も表現出来ます。しかしそのことが一般の人にはマグニチュードが判りづらくしている要因にもなっています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

縦揺れで家が潰れるか(2013/11/10 23:11)

失礼な電話(2013/09/18 08:09)

このコラムに類似したコラム

南海トラフ地震の津波の最大値が見直されました 福味 健治 - 建築家(2013/08/12 07:28)

南海トラフ地震の被害想定が見直されました 福味 健治 - 建築家(2013/03/20 09:55)

メガクェークⅢ 福味 健治 - 建築家(2013/04/15 08:34)

液状化判定指針、正式公表。 青沼 理 - 建築家(2013/04/14 10:30)

地震に負けない家をつくる!03 青沼 理 - 建築家(2013/01/27 18:14)