メガクェークⅢ - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メガクェークⅢ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●免震構造住宅

昨日も先週に続きメガクェークをNHKで放送していました。
民法が放送する地震関連の番組に比べ、非常に良く検証されていて、ついつい引き込まれてしまいます。地震をバライティーにしない冷静な目。視聴率を意識せず質の良い情報を提供しようとする姿勢に好感がもてます。
以前、女性の方に同様の話しをした際、NHKの地震番組は怖いので見ないと云われた事があります。それだけ民法が放送する番組より、リアルで身近な災害として実感できるからなのでしょう。
気持ちは分かりますが、いつかは現実に起こる問題として、恐れずに見て頂きたいものです。流言飛語に惑わされず、冷静な判断をするためにも、日頃こう云った番組に触れている事が、生死を分けるかと思います。
七面鳥は危険が迫ると、土を掘って頭だけ隠すと云う習性があると聞きます。何の問題解決にもならない、現実逃避の様な行動ですが、地震番組を怖いから見ないと云うのは、七面鳥の行動に似ています。

昨日のテーマで揺れが止まらないと云う事をテーマにしていましたが、それと東日本大震災の関連付けが強すぎて、直下型地震では長く揺れない様な印象を受けました。東日本大震災の、大阪での揺れを例に挙げ岩盤に囲まれた軟弱地盤は、地震波が反響するように何度も襲う事を表現したかったのだと思いますが、これは、東日本大震災の様にプレート境界型の地震だけに留まらず、断層のズレで生じる直下型地震にも言える事です。地盤が硬ければ揺れは直ぐ止まりますが、軟弱地盤では長く揺れます。

平野の殆どが軟弱地盤ですので、家の多くは長く揺れることに対応した家造りが必要だと云う事です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

縦揺れで家が潰れるか(2013/11/10 23:11)

失礼な電話(2013/09/18 08:09)

このコラムに類似したコラム

建築:50年前の新潟地震について 中舎 重之 - 建築家(2014/07/04 10:21)

南海トラフ地震の津波の最大値が見直されました 福味 健治 - 建築家(2013/08/12 07:28)

南海トラフ地震の被害想定が見直されました 福味 健治 - 建築家(2013/03/20 09:55)

地震の大きさと被害の関係 マグニチュード 福味 健治 - 建築家(2013/01/26 09:03)

大阪の地盤 福味 健治 - 建築家(2012/11/01 05:04)