縦揺れで家が潰れるか - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

縦揺れで家が潰れるか

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●免震構造住宅

地震の被災者の話しを聞くと「下から突き上げるような衝撃を受けた」と言われます。阪神大震災における縦方向の揺れは、330galが計測されています。981galが1Gですので0.3G程の重力加速度となります。
高速エレベータの上下移動の重力加速度は85gal程度ですので、エレベータの加速度の4倍程度の大きさです。これでは突き上げる様な衝撃と感じても仕方のない衝撃です。

しかしこれで建物が壊れるかと言うとそうでもありません。建物は地震が発生しなくても、常に地球から1Gの力で引っ張られています。その為建築基準法上の基準として、上下方向には1.5倍程度の余裕を見込む事が法律で定められています。つまり、981galに330galが加わっても、1311galとなり、981galの1.5倍の1471galなでには届きません。つまり、阪神大震災では縦揺れで倒壊した建物は、計算上ではなかった事になります。
一方横揺れに対しては、建物は脆弱です。建物は自重も含めてですが、大体20t~30ton程度の重量を支えていますが、横方向の力に対しては2t/程度の力で損傷が始まります。つまり横方向には縦方向の1/10程度の耐力しか無いのです。

そのため、免震装置は建物の欠点である横揺れに対応した装置です。転がり免震の場合、横方向の揺れを1/10〜1/15程度まで抑える事ができます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

失礼な電話(2013/09/18 08:09)

このコラムに類似したコラム

免震と云う発想は新しいものではありません 福味 健治 - 建築家(2012/12/20 09:07)

【フラッツCN】TVで取り上げられました 西島 正樹 - 建築家(2016/09/19 16:09)

空き家活用プロジェクト 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/15 10:00)

子供室の計画は? 栗原 守 - 建築家(2016/07/03 11:45)

屋上の手摺 松永 隆文 - 建築家(2016/06/07 20:15)