遺産相続

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 遺産相続全般

再婚時の遺産相続について専門分野:相続 2007/07/18 11:01 質問者:あき999・AさんとBさんが再婚して、成人した子供がお互いに2人います。これをAさんの子供:A1・A2、Bさんの子供:B1・B2とします。(養子縁組はしていません)
の質問に近いのですが、
私がAとして、Bさんとの再婚を考えています。再婚後、たとえば、すぐに事故で事故や病気で私が死亡した場合、法定相続の配偶者1/2はいつから有効なのでしょうか?婚姻届を出した後、すぐでしょうか?すぐであれば、私の子供A1、A2とBの間でもめることを心配しています。配偶者1/2は二人で築き上げた資産の相当分は配偶者の貢献による、とのことで定めているものと理解しています。私の妻は30年以上共に生活しましたが、病気のため数年前なくなり、Bさんとはまだ1年に満たないお付き合いをしています。Bさんの今後の貢献度により決めたい場合は遺言書などを残しておく必要があるのでしょうか?

再婚と遺産相続について

2009/06/08 20:44

法律相談KHDさん、こんにちは。
弁護士の水嶋一途です。

さて、ご質問の件ですが、配偶者の相続権は、「配偶者」としての法律上の地位に基づき発生する権利です。
したがって、法的に「配偶者」となっていれば相続権は発生することになるので、婚姻届を提出した以降にAさんが亡くなればBさんには配偶者としての相続権が発生します。

この場合の法律相談KHDさんのご心配はもっともなことです。
ご心配されるようにご子息達と再婚を考えておられる女性との間の将来的な紛争を避けるためには、
きちんと貴方の意思を遺言書で明確にしておかれた方が宜しいでしょう。

遺言書には、財産の分け方以外にもご子息や再婚相手への貴方の心情などについても記載することができます。
遺言書の作成については、弁護士などの専門家にご相談することもお考えになると宜しいでしょう。
少しでも法律相談KHDさんのご参考になれば幸いです。

◆◆・・・・・・       ・・・・・・◆◆
弁護士相談なら一途総合法律事務所(東京都港区南青山)
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-1
パークアクシス青山一丁目タワー1009
TEL:03-3470-3311 FAX:03-3470-3377
HP:http://www.ichizulaw.com/
◆◆・・・・・・       ・・・・・・◆◆

水嶋 一途
水嶋 一途
弁護士

-

このQ&Aの回答専門家


(東京都 / 弁護士)

一途総合法律事務所 弁護士
この専門家に相談

高品質のリーガルサービスで依頼者の利益を護り抜きます

依頼者のお話をじっくり伺い、問題点、解決方法、費用などを、わかりやすく丁寧に親身になって説明いたします。そして、高品質のリーガルサービスで最善の結果が得られるように、常に依頼者の立場に立って問題解決にあたります。ぜひお気軽にご相談下さい。

配偶者の相続権

2009/06/08 10:11

法律相談KHDさん、こんにちわ。

民法上、配偶者の相続権は婚姻時から発生します。
つまり婚姻を届け出た時点から権利が生じます。

従って相続分について斟酌する場合は御賢察のとおり遺言書を作成しておく必要があります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

死亡した父名義の家と土地について 2009/10/25 23:48 | 回答1件
遺産相続について 2011/09/07 20:05 | 回答1件
遺産相続について 2011/04/19 11:58 | 回答1件
遺産相続 2010/06/02 13:11 | 回答6件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。