家のローンと教育費が圧迫 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家のローンと教育費が圧迫

マネー 家計・ライフプラン 2010/01/26 12:00

家のローンと教育費などで家計を圧迫してます。昨年まで私も働いておりましたが、病気で今は専業主婦をして収入がありません。
主人の前の会社は倒産しましたが、今の会社もどうなるかわからないと危機感を感じているようです。
主人の収入内で生活をしていきたいのですが、生活水準をさげるのが難しく、どこをどうしていいかわからず、ずっと頭をかかえてきました。

家族
夫53歳 サラリーマン
妻48歳 専業主婦
長男 公立大学三年生(下宿)
次男 公立高校2年生(大学受験やテニススクールなど)
三男 公立中学3年生(受験生で塾に出費)
犬が二匹

収入60万円

支出

家のローンなど 180000円
光熱費(冬場) 25000円(夏場は2万円以内)
教育費 120000円(高校、中学、塾、テニス)
保険 93000円(家族5人分、学資保険、車の保険分など)
医療費 10000円(毎月の通院代と健康食品)
食費 70000円
通信費 38000円(家族4人分の携帯と自宅、パソコン、NHK、ケーブルテレビ)
子供の小遣い 20000円
交際費 10000円
衣服 3000円
娯楽・教養 13000円
交通費 15000円(ガソリンと通塾バスカード)ペット 3000円

=================

合計60万円

で、予算をたてるのですが、子供が友達と遊びに行く費用や、テニスの試合にいく費用、模試を受けたり、ゆとりがありません。
ボーナスは主人がやりくりして、自分の小遣いなどにあてています。
このまま貯金くずしの生活をしていて、いつか底がつくのではないかと不安です。

どうか、よろしくお願いします。

ハーモニーさん ( 兵庫県 / 女性 / 48歳 )

回答:4件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

家計について

2010/01/26 14:34 詳細リンク
(4.0)

こんにちは。
ファイナンシャルプラナーの辻畑と申します。

まずは、いくらぐらい家計の節約すれ場いいのかを検討しましょう。
大きく削減しないとならないのであれば、車の保有をやめることが一番でしょう。次に保険の見直しです。住宅ローンについても毎月18万円支払っていますので、下げる方法はないか検討するのもひとつでしょう。具体的な対策は、保証証券や住宅ローンの返済表などを見せていただいたり、今後の予定などをお聞きしないと難しいです。
一度、お近くの独立系のファイナンシャルプラナー(上級資格CFP保持者)にご相談され、対策を考えるといいでしょう。NPO法人日本FP協会で紹介してくれます。


株式会社FPソリューション
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

評価・お礼

ハーモニーさん

ありがとうございます。
家のローンは、所得が減った今、借り換えができないといわれました。
田舎ですから、車で通勤などしてますので、一家に二台必要です。
保険は唯一の貯金にもなっていますが、知り合いにファイナンシャルプランナーがいるので、一度見てもらった方がいいかと思いました。

一番気になってた、携帯や子供の教育費にはふれられなかったから、そこは必要な費用なのだと思い、もう一度検討してみます。
ありがとうございました。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

家計を削ってどんな願いをかなえたいか。

2010/01/27 09:53 詳細リンク
(4.0)

ハーモニーさんへ
おはようございます。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

確かに、今は家計がかなり大変そうです。ちょっとしたことで家計が赤字に転落してしまいます。ボーナスの時の収支がどのようになっているかは存じませんが、今の状況でボーナスの収支がご主人任せというのは気にかかります。

お金が出て行くのは不安で不安でしょうがいないのでしょう。でも見方を変えれば、これだけの家計支出ができている状態はありがたいことのように思われます。家計の見直しといっても、今の状態に感謝してからの見直しのようです。不安に駆られるだけでは、その不安を解消するだけでお金が出て行きます。
つまるところ、家計を見直した後でどのようになっていたいのか。何かチャレンジしてみたいことや願いのようなものはあるのか。これが家計見直しの動機になるように思われます。

今の預貯金の残高はいくらでしょうか。一時的に家計が赤字であっても、数年間で帳尻が合えばそれでよいという場合もあります。

分からないこと、気になることなどがあればお聞かせください。

評価・お礼

ハーモニーさん

まず、感謝が大事であると改めて感じました。

家計見直しは、どのようになりたいか、という前向きな気持ちが必要であると知り、新しい何かがみえてきたようです。

保険が唯一の貯金でありますが、あとどれくらいくずしても大丈夫なのか。。
子供たちは、近い将来独立するでありましょうから、それを計算にいれながら、将来設計をいまいちど考えていくべきだと思いました。

ありがとうございます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

ご家族で危機感の共有を

2010/01/27 13:03 詳細リンク
(4.0)

ハーモニー様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。

おそらく以前は、もっと収入があり、ゆとりある生活をされていたのだと思いますが、最近になり、かつての生活レベルを維持できなくなってきたということですね。

そういうケースはよくあります。

本来は、こういった事態に備えて、強制貯蓄というカタチで、毎月一定額を積み立て、残りの収入の範囲内で生活するという対策をとるべきだったと思います。

今さら言っても仕方がありませんが、もしこのままいくと、貯蓄が底をついてしまうような状態であれば、この機会に、ご家族で、危機感を共有する必要があるのではないでしょうか。

情報の共有は、なるべく早めがよいでしょう。

確かに、一度慣れた生活レベルを落とすのは、苦しいことですが、例えば、保険の見直しや住宅ローンの見直しなどは、上手くいけば、まったく痛みを伴わずに、納得できる条件で、支出のみを軽減できるケースも少なくありません。

詳しい内容が、分からないので、具体的なアドバイスが難しいのですが、もし必要があれば、個別にご相談ください。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

評価・お礼

ハーモニーさん

今まで自分ひとりでかかえてきましたが、主人に相談しようしようとずっと思っていました。
自分の中で整理できてからと後回しにしてきましたが、先生に回答いただき、この機会に、主人に相談し、これからのことを考えていこうと改めて思いました。
子供たちにも必要なのだろうと思いますが、それも含めて家族で話すことができればと思います。
ありがとうございました。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2010/01/28 09:03 詳細リンク

ハーモニーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『このまま貯金くずしの生活をしていて、いつか底がつくのではないかと不安です。』につきまして、ご主人様の手取り月収金額に占める貯蓄の割合は30%になっていますので、負担割合としては多少高めではあります。

尚、他の家計支出を拝見いたしましたが、少々過剰と思われる支出項目として、
・支払い保険料
・食費
・通信費
などがあげられます。

加入保険につきましては、正確には保険証書を確認させていただかないと分かりませんが、お子様の現在の年齢を考慮した場合、死亡保障額を中心に見直しの余地があるように思われます。

また、食費につきましても、長男さんは既に下宿していることを考慮した場合、家族4人の世帯となりますので、今の金額では削減の余地があると思われます。

通信費につきましても、削減の余地がないかを合わせてご検討ください。

一般的に家計支出を削減することは決して楽ではありませんが、このまま貯蓄ができない状況が続くとこれかのライフイベント資金に支障をきたすようになってしまう可能性もありますので、家計支出の中から削減できるものは削減して、毎月手取り月収金額の最低でも10%ほどは貯蓄できるようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
老後の資金をいつからためるべきか。 ベリーママさん  2008-02-28 01:06 回答5件
家計診断おねがいします sennpu~kiさん  2012-08-30 16:02 回答1件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)