家計診断の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2010/01/28 09:03

ハーモニーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『このまま貯金くずしの生活をしていて、いつか底がつくのではないかと不安です。』につきまして、ご主人様の手取り月収金額に占める貯蓄の割合は30%になっていますので、負担割合としては多少高めではあります。

尚、他の家計支出を拝見いたしましたが、少々過剰と思われる支出項目として、
・支払い保険料
・食費
・通信費
などがあげられます。

加入保険につきましては、正確には保険証書を確認させていただかないと分かりませんが、お子様の現在の年齢を考慮した場合、死亡保障額を中心に見直しの余地があるように思われます。

また、食費につきましても、長男さんは既に下宿していることを考慮した場合、家族4人の世帯となりますので、今の金額では削減の余地があると思われます。

通信費につきましても、削減の余地がないかを合わせてご検討ください。

一般的に家計支出を削減することは決して楽ではありませんが、このまま貯蓄ができない状況が続くとこれかのライフイベント資金に支障をきたすようになってしまう可能性もありますので、家計支出の中から削減できるものは削減して、毎月手取り月収金額の最低でも10%ほどは貯蓄できるようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家のローンと教育費が圧迫

マネー 家計・ライフプラン 2010/01/26 12:00

家のローンと教育費などで家計を圧迫してます。昨年まで私も働いておりましたが、病気で今は専業主婦をして収入がありません。
主人の前の会社は倒産しましたが、今の会社もどうなるかわからないと危機感を… [続きを読む]

ハーモニーさん (兵庫県/48歳/女性)

このQ&Aの回答

家計について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/26 14:34
家計を削ってどんな願いをかなえたいか。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/27 09:53
ご家族で危機感の共有を 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/27 13:03

このQ&Aに類似したQ&A

年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
老後の資金をいつからためるべきか。 ベリーママさん  2008-02-28 01:06 回答5件
家計診断おねがいします sennpu~kiさん  2012-08-30 16:02 回答1件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件