すべり症の治療について - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

すべり症の治療について

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2009/07/31 22:12

イギリス在住40歳男性です。
昔から腰痛持ちでしたが、6週間前からまた腰痛が始まり、4週間前から足に発展、ももからひざに至り、2週間前からは足の指までしびれて間隔もにぶってきています。
先日やっと専門の先生に会う事ができ、MRIを撮った結果、すべり具合が半端ではないので手術しかないとの事でした。日本の友人はブロック注射を何度も試してから手術したと聞いていたのでいきなり手術といわれ不安です。痛みが6週間以上続けば自然治癒の可能性はないと判断するそうですが、日本でも同じでしょうか。
6週間前に始まった痛みなのですが、もう手術が必要なのでしょうか。痛み止めでこのまま痛みを我慢していると、神経がやられる心配があり、危険なのでしょうか。
おそらく写真でみたすべり具合ではその他の方法はないと医者は5分で断言していましたので方法がなければ仕方がないと思っています。アドバイスお願いします。

kuchuさん ( 大阪府 / 男性 / 41歳 )

回答:3件

市原 真二郎 専門家

市原 真二郎
カイロプラクター

1 good

セカンドオピニオンを受けられては如何でしょうか

2009/07/31 23:24 詳細リンク
(2.0)

ご質問有り難う御座います。
症状の度合いにもよりますが、担当医によって疾患に対しての見解も異なる事も有りますので、
少しでも不安に思われる様でしたら、セカンドオピニオンで他の病院で診てもらうという選択肢も有ります。 出来れば手術は最終手段にしたいという気持ちは良く分かります。
2〜3件の病院で診てもらい、1番自分が納得出来る方法をとってみては如何でしょうか。
どうぞお大事にして下さいね。

いちはら治療院
神奈川県藤沢市辻堂1-3-13江戸惣ビル2F-A
TEL0120-14-0091
0466-37-0021

評価・お礼

kuchuさん

さっそくの回答ありがとうございました。
来週セカンドオピニオンを受けに行ってきます。
その上で検討したいと思います。

回答専門家

市原 真二郎
市原 真二郎
(カイロプラクター)
いちはらカイロプラクティック いちはら治療院院長
0466-37-0021
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「ソフトな」施術で身体のひずみを根本から正し、改善へ導きます

これまでに多くの偉大な先生方や師匠、素晴らしい仲間に恵まれて参りました。そのような方々に囲まれて、日々研鑽し施術に当たっております。その中で培った知識や技術、経験を患者様のお役に立てて行きたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
川井 太郎 専門家

川井 太郎
整体師/あん摩マッサージ指圧師

1 good

腰椎すべり症の治療について

2009/08/01 12:18 詳細リンク

はじめまして、川井筋系帯療法の川井太郎と申します。

イギリスでもアメリカでも、そして日本でもそうですが、

病院の整形外科は元々「外科」ですので、外科的処置(手術)を得意としており、手術以外の保存的療法については投薬や麻酔注射、温熱、牽引、入院安静、リハビリとしての筋力トレーニングぐらいしかありません。

ブロック注射(麻酔)は痛みの神経伝達を遮断して症状としての神経痛を和らげるもので、神経痛が軽い場合には有効ですが、重い場合には効果はなく、また、腰椎すべり症自体が改善するものではありません。

腰椎すべり状態自体が何の施術もせず自然に元の位置に戻ることはほとんどないと言ってよいでしょう。

イギリス医師の判断を推測すると、

日にちが経つにつれ腰部から足へと痛みの範囲が拡大して神経圧迫範囲が拡大していること、症状が痛みからしびれそして感覚麻痺へと圧迫レベルが上がっていること、などから状態は現在悪化傾向にあり、尚且つ、腰椎すべり自体の度合いも大きいことから、投薬や麻酔注射、入院安静では早期に痛みが軽減する可能性が低い一方、他方痛み・しびれによる日常生活への影響や今後の再発の可能性が高いことも考慮して、手術がベターと考えたのではないでしょうか。

この点、病院での判断では、日本でもあまり差はないと思います。


そもそも「腰椎すべり症」は、体の土台となる骨盤の前傾過大やねじれ(骨盤のゆがみ)によって、その上に乗っている腰椎部が前側に押し出され機能異常が起こり、腰部周辺の筋肉や靱帯が過剰に緊張し、神経を圧迫して痛みの原因となっています。

そこで手術以外の方法としては、

骨盤を支える股関節や腰部・骨盤の機能的状況、周辺筋肉の緊張状態の有無などをくわしく分析して、骨盤の傾斜やねじれなどを少なくして腰椎部が適切に機能できるように整えていくことが重要です。


回答が長くてすいません。以下続きます。

補足

この点、病院のリハビリ(筋力トレーニングなど)などでは腰椎すべり症による痛みの軽減は難しく、これらは再発予防的な処置と考えた方がよいでしょう。

むしろ信頼できる手技療法専門家(整体やカイロなど)を探していただき、体の状態を詳しく診てもらうことをお勧めします。

イギリスでも対応できるフィジオセラピストやカイロプラクターなどはいると思いますので探してみてはいかがでしょうか。

また、自分でできる対処法として、
仰向けに寝て体育座りのように両手で両膝を抱えてゆらゆらと腰を軽くゆさぶる川井式「骨盤ゆらゆら体操」をやってみてください。
骨盤の前傾を和らげ腰周辺の筋肉の緊張を和らげますので、上手くいけば痛みを和らげることもできるかもしれません。
記事はアトピーに関するものとなっていますが、「骨盤ゆらゆら体操」は腰痛症にも効果があります。
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/kawaikinkeitai/haturatu-genki.htm


ご参考にしてください。


身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

*病院でよくならなかった肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労・アトピーなど専門
体にやさしい骨盤ゆらゆら整体! 川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

回答専門家

川井 太郎
川井 太郎
(東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井筋系帯療法治療センター 院長
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに5万人以上の施術実績があります。


すべり症の治療について

2009/08/01 09:31 詳細リンク

はじめまして、東京の西東京市で整骨院を開院している上田康浩と申します。

すべり症からの坐骨神経痛、さぞかしお辛いことと思います。

まず、手術についてですが、すべっている背骨を周りの背骨に固定してしまうので、その部分の関節の動きがなくなります。これで坐骨神経痛は解消するのですが、後から腰痛症などになりやすくなりますので、やはり最終手段にしたほうが良いと思います。

ブロック注射に関しては痛みを感じなくさせるもので、すべっている骨を元に戻すものではないです。

私がお勧めする手術前に治せる可能性のあるものは、治療師のレベルで大きく変わりますが、オステオパシーやSOTやクラニオセイクラルセラピーなどのソフトな手技療法です。

私の治療院でもすべり症の患者様は大勢いますが、しっかりバランスを整えてあげるとすべっている背骨が元の位置に戻ってくる場合がほとんどです。

もともとすべり症とは体の歪みが重心が前方に移動してしまい、背骨がそれに耐え切れず骨折して前方移動してしまうものなので、元の体のゆがみを整え、重心を元の位置に戻すことは手術を受けるにしても体にとっては有益なことになると思います。

うえだ整骨院ホームページ

質問者

kuchuさん

すべり症の治療について

2009/08/02 23:20 固定リンク

回答ありがとうございます。

ブロック注射は痛みを麻痺させるだけで根本的な問題は
解決しないという事ですね。
痛み止めを今4種類飲んでいますが、一度でもやめると歩くことが不可能な痛みが戻ってきましたのでなんらかの処置は必須だと思われます。

手術はできれば避けたいのですが、フィジオセラピーや
オステオパシーも私の状態では効果ない、とはっきり言われてしまいました。やはり別の先生にも聞いてみて、手術以外の方法がありそうならトライしてみる価値はあるでしょうか。

kuchuさん (大阪府/41歳/男性)

質問者

kuchuさん

すべり症の治療について

2009/08/02 23:32 固定リンク

川井様

回答ありがとうございました。
他の先生方のコメントや周りの人たちの話などから、
ブロック注射では効果はなさそうであることはわかりました。
痛みを緩和できても、根本的な問題を治さなければならない段階にまできているので医者も手術と断言したのだと思います。

手術以外の治療法として、フィジオセラピーやオステオパシーは医者から既に「効果はないだろう」と言われています。
アキュパンチャーは’痛み緩和’の方法であり、やはり問題解決の治療法ではないですよね。
カイロはイギリスでもたくさんありますが、一番効果がありそうな気がしますがどうでしょうか。

もしこれらの方法で痛みが緩和されたとして、手術を避けた場合、出たままのディスクが神経を痛め続けてしまうのが心配です。根本的な問題を解決し、ディスクが少しでもひっこむ方法を探しています。それが手術しかない段階にきていて、将来的にも必要になるなら手術は今がいいかと思っています。

手術以外の方法でディスクが戻る場合があるとすると、出ている程度によるのでしょうか。最近手術をした知人は5ミリ以上出ていたら手術しかないと言われたそうで、私の場合は5ミリどころではないと言われています。

いずれにしても1度目の先生は手術以外の方法を勧めていないので、明日別の先生にも聞いてます。

kuchuさん (大阪府/41歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

方法が合わないのか回数か足りないのか? ladybirdさん  2010-11-12 13:47 回答4件
左足、大腿からつま先にかけての痛み えりーなさん  2009-02-02 11:17 回答2件
治療技術を変更すべきかどうかについて 木下さん  2007-06-24 07:06 回答5件
反復性肩関節脱臼 norio24さん  2012-07-08 12:43 回答1件
膝蓋骨骨折後のリハビリについて miichan02430さん  2011-07-22 22:34 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

東京・銀座の心療内科・精神科

夜間・土日も診療しています

茅野 分

銀座泰明クリニック

茅野 分

(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

みき いちたろう

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター

みき いちたろう

(心理カウンセラー)

メール相談

心と疼痛の温灸指導

様々な症状でお悩みの方に温灸指導させて頂きます

足立 美穂

鍼灸治療院東洋の森

足立 美穂

(鍼灸師)

対面相談 対面カウンセリング
小柳 義朗
(シニア心理カウンセラー)