低金利の現状で株式と債券の分散効果はあるのか? - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

低金利の現状で株式と債券の分散効果はあるのか?

マネー 投資相談 2009/06/26 22:29

おせわになっております。株式と債券の分散効果に疑問を持っている個人投資家です。

初心者向けのモデルポートフォリオとして、株式と債券のインデックスファンドを半々に持っておくポートフォリオが推奨されています。分散効果が効くという説明です。しかし各国の金利が低い現在、債券の株式に対する相関は低いままなのでしょうか?

株式と債券の分散効果の説明として、
1. 株式が下がる(≒ 景気が下がる)

2. 金利が下がる

3. 既発債の価格が上がる
というのが一般的だと認識しています。ところが現状の低金利です。もう金利を下げようにも下げられない中で、債券は株式下落のクッションになってくれるのでしょうか?

どうかご教授お願いいたします。

Moriya, Tomoさん ( 東京都 / 男性 / 30歳 )

回答:1件


分散投資の効果を過信しないほうがよいでしょう

2009/06/27 17:03 詳細リンク
(5.0)

Moriya, Tomo様 バームスコーポレーションの杉山です。

一般的な説明はご指摘の通りです。

世界各国の金利が下がるところまで下がって、もう下げようがないというのが実態であることも確かです。

現在、一番のリスクは各国の財政出動の結果発行された国債をだれが買うかという問題です。もし、買い手が十分でなければ、債券は安値で売却され、長期金利が上昇します。イールドカーブは急勾配化します。こうなって一番の打撃を受けるのは、住宅ローンです。住宅ローン金利が上昇すれば、住宅ローンの借り換えが抑制され、景気回復のための個人消費が刺激されません。これが現在考えられるワーストケースシナリオ。

ある程度は、現実に米国で起こっている現象ですが、これがひどくなると、株式も債券も共倒れという状態になります。ただし、債券(国債)の価格の下落程度は、株式のそれよりかなり低いものになるでしょう。下落の程度が異なれば相関係数はある程度下がりますよね。

株式の価格が下がると債券の価格が上がるという分散投資効果が最も望ましいものですが、現実はそれほど完全なものではありません。

評価・お礼

Moriya, Tomoさん

ご回答ありがとうございます。

景気が悪いのに金利が上がるというのは、個人投資家向け入門書の内容とは違う事態ですね。分散効果がそれほど期待できるものではないのですね。とはいえもちろん株式に集中するのも怖いので債券にも投資はしておきますが。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

このまま投資信託の積立を続けていいのでしょうか? あき99さん  2008-10-28 16:09 回答4件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
リターンを増やすなら株式か新興国か? Moriya, Tomoさん  2009-06-26 23:27 回答1件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
個人投資家向けの社債の持ち方は? Moriya, Tomoさん  2009-06-25 22:22 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)