個人投資家向けの社債の持ち方は? - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人投資家向けの社債の持ち方は?

マネー 投資相談 2009/06/25 22:22

おせわになっております。主に投資信託とETFでポートフォリオを組んでいる個人投資家です。社債ETFをポートフォリオの中のアセットクラスの一つとして持つことを考えています。最近は個人向け社債が流行っているようでこれに触発されました。

まずは個人向け社債ですが、相対取引であり利回りは胴元の言い値で決められています。市場の判断がなされていないために発行元企業のデフォルトリスクに見合った利回りだとは思えません。それに比べて社債インデックスに連動する債券ETFの方が利回り(ここでは流通利回り)に正当性がありそうです。少なくとも相対取引よりも効率的な市場で取引されています。

具体的にはニューヨークに上場している2つのETF、
投資適格社債(流通利回り5.70%、米ドル建て)の iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ファンド(LQD)
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/lqd.html
と、
ハイイールド社債(流通利回り10.58%、米ドル建て)の iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド(HYG)
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/hyg.html
をリスク・リターンを調整するために分散して持つことを考えています。そして為替ヘッジ(注1)をかけて実質サムライ債にします。欠点としては海外市場に上場しているので取引手数料が高いことと、利子の再投資が自動的に出来ないことです。

いかがでしょうか。社債というアセットクラスでこれ以外の方法はありますか?若しくは為替ヘッジは不要でしょうか?

(注1)
為替ヘッジはFXで行うことを考えています。
個人投資家向けの為替ヘッジの方法は?
http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/34074

Moriya, Tomoさん ( 東京都 / 男性 / 30歳 )

回答:1件

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

ヘッジ不要では?

2009/06/26 09:14 詳細リンク
(4.0)

FPの岩川です。

全体を拝見し、おっしゃることは、とてもよくわかります。

債券は、残存期間と信用によって価値が決定されます。市場は調和が計られるため、ある債券だけが、特別有利または不利になることは本来考えられません。

従って、個人向け社債の胴元は、発行時の市場動向、景気を考慮して見合った期間と金利を決定します。逸脱した価値であれば、資金調達が困難なりますので、おおむね市場に見合うと考えます。
ただ、おっしゃるように、多少の乖離、誤差は生じますから、それを縮小平均化するのであれば、社債への分散投資・・・・ご検討中の社債インデックスに投資と言うことでよろしいかと思います。

ただ、長期投資の為替ヘッジにはコストがかかり、全体のリターンを低下させることになります。ご検討中の債券ETFのようなリターンがあれば、為替の変動を十分吸収できるはずです。長期投資で為替の動きを平均化させてしまえば十分だと思います。

そもそも、為替が安くなるということは、その国の資産(債券や株式)に魅力がなくなり売却され、債券や株式の価値そのものが値下がりすることを意味します。
つまり、長期的に為替が安くなる国の企業が発行する証券を購入して、為替ヘッジを掛けるのは、矛盾しているように思いますが?

円は、上下があるものの、この30年は、ほぼ一貫して円高基調です。
当たり前ですが、日本の自動車や電気製品などは、世界中から購入され続けているからです。円が結果的に買われていることになります。

外国資産への投資が長期であれば、為替の動きはその国の経済に反映されます。
短期であれば為替ヘッジというのも、方法の一つでしょう。
しかし、長期であればその国の経済事情に連動する為替の変動を受け入れる事が望ましいと考えます。

運用目的の詳細が不明なので、適切な回答かわかりませんが。

評価・お礼

Moriya, Tomoさん

ご回答ありがとうございます。投資期間は長期を考えています。確かに社債からのリターンが高ければ為替ヘッジは不要ですね。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人投資家向けの為替ヘッジの方法は? Moriya, Tomoさん  2009-06-25 00:59 回答3件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
このまま投資信託の積立を続けていいのでしょうか? あき99さん  2008-10-28 16:09 回答4件
投資信託 あつぼうさん  2008-01-09 22:41 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)