住宅資金の運用について - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

住宅資金の運用について

マネー 家計・ライフプラン 2007/04/25 13:21

5年後くらいまでに2世帯住宅を建てるため、現在土地及び建築業者を検討しています。
土地建物の購入資金として、現在1200万円の貯蓄があります。これを、購入までに1500万円以上にしようと思います。年間の貯蓄額はボーナス込みで120万円を予定しています。この貯蓄ペースで言えば、5年後までには、1500万円を超えるのですが、色々物件を見たり住宅展示場で話をきくうちに、欲が出てきて、手持ちの資金を運用にまわして、もう少し準備資金を上乗せできたらいいなと思うようになりました。
そこで、この4月から、その貯蓄の中から、国内株式、国際株式、国際債権、バランス型の投信に、月々1〜2万円ずつ積み立てを始めたところです。
そのほかに、株式運用なども検討して、数ヶ月前から少し専門誌を読んだり、その手の本を読んだりして勉強を始めたのですが、子育てもありあまりそのことだけに時間をかけられません。
本などを読むと、近い将来に使うことが決まっているお金については、リスク性の商品につぎ込むことはすべきでないと書いてあったのですが、何もしないのも良くない気がしています。
総額で200万円まで、積極的に運用を行ってみようと思っているのですが、迷うところもあります。
運用に200万円を回すべきか否か、まわしても良いなら、運用にまわす金額について、運用商品について、教えていただきたいです。
広範囲な質問になってしまいましたが、アドバイスをお願いいたします。

shimumamaさん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

回答:4件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅建築の計画の重要度はどれくらいですか?

2007/04/25 14:03 詳細リンク
(4.0)

shimumamaさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

「5年後くらいまでに2世帯住宅を建築する」という
大イベント楽しみですね。

さて、ご質問の「5年以内の住宅資金の運用」についてですが、
「少しでも殖やしたい」というお気持ちは理解できます。

しかし、
☆資金の使用計画の決定しているもの、
☆実行までの間が短期間のもの
を株式投資信託等で運用することはオススメできません。

資金の使用計画の決定しているもの、
実行までの間が短期間のものを
運用する際の絶対条件は

「減らしてはいけない」ことです。

「減らしてはいけない」という条件が
ほぼ完全・確実にクリアできる商品で運用を行わないと
「住宅建築」という一大プロジェクトの計画実行が
確実に行えなくなる可能性が出てきます。

住宅建築も土地探しから行っていらっしゃいますので
いつご希望される土地が見つかるかわかりません。
5年後には・・・と考えていても
もしかしたら1年後、来月、いや明日見つかるかも知れません。

せっかく良い物件が見つかっても
それに対応する資金の手当てが出来なければ
住宅建築の計画が実行できないわけです。

そういった意味からするとshimumamaさんは
住宅建築資金準備の最終ラストスパートを「確実」に行う時期と考えます。

ぜひともライフプランの確実な実行・実現へ向けて進んでください。

評価・お礼

shimumamaさん

ご回答ありがとうございました。
私も、うすうすは先生のおっしゃるように、リスクをとった運用は控えるべきかなと思っていたのですが、少し気持ちが焦っていたようです。
気持ちを落ち着けて考えてみたいと思います。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

国債など債券での投資・運用をお勧めします。

2007/04/25 17:23 詳細リンク

shimumama様、初めまして。ファイナンシャルプランナーの吉野充巨です。ご質問を有難うございました。

お話の様子では5年を待たずにご購入されるものと拝察します。それであれば住宅の購入に当てるための資金は確実性の高い運用をお勧めします。

株式には大きな価格変動リスクがあり、そして外国の債券・株式には為替変動リスクもあります。従いまして、資金が必要になったときに損失を抱えている惧れもあり、今回のご質問には国内の債券での運用をお勧めします。

大手証券会社のホームページで債券をクリックし、2年、5年もの国債や、既発債(既に発行されている債券)で、購入を予定される年に償還される債券のご購入をお勧めします。

まだまだ利率は低いのですが、国債や格付けの高い事業債であれば元本割れのリスクは極めて低いと考えます。

そして現在の毎月積立を継続されながら、運用資金は200万円でなく、資産半分程度を債券投資できると考えます。のこり半分のうち余裕資金はネット銀行の定期預金がお勧めです。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

現有資産の運用方法について

2007/04/26 10:42 詳細リンク

shimumamaさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動している渡辺と申します。

5年後の住宅購入資金に充当するのであれば、論外ですが、1,500万円は現在の積み立てを維持していただくことで準備できますし、通常、貯蓄金額の全てが住宅取得資金に充当されることはありません。

生活予備資金などとして、一定額は手元に残しますので、200万円までを上限として、きっちりと守ることができるのならば、また、老後資金など長期運用を前提としていただけるのならば、200万円は預貯金1,200万円の16.6%程度となりますので、よろしいと考えます。

昨日、面談した会員の方は6年間で元本約50万円に対して利益(キャピタルゲイン)が38万円ほどになっていました。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたらお気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入について

2007/04/26 10:55 詳細リンク

こんにちは。
?FPソリューションの辻畑と申します。

難しいところですね。
5年後ということですので今まで運用などしている方であれば、まだ運用していてもいいでしょう。運用をはじめたばかりであるのでしたら、リスクの低いものを選んで運用したほうがいいでしょう。
もし、運用結果が悪ければ、住宅購入を延ばしてもいいというのであれば、積極的に直前まで運用してもいいですね。


私の場合をお話しすると、マンションを購入しているのですが、当初不動産の販売会社が民間銀行と住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)で借りることが可能といっていたのでその条件で契約を結びました。ところが民間の銀行からすべて断られ、フラット35のみ審査が通りました。それが結果的に運用においていい環境を作ることができました。
なぜいい環境になったかというといつでもローン条項を使えるため、キャンセルしても頭金が戻ってくる状況になったからです。
そこで私は住宅購入直前まで日本株で積極的に運用をはじめました。
日本株が突発的要因、戦争、テロ、地震などがおきない限りこれ以上落ちないと思っていたことと、住宅購入も絶対に持ち家がほしいというのではなかったので、頭金をすべて株に投資しました。
結果的には資金が1年半で1.6倍になり、住宅購入をすることにしました。
うちの会社の事業資金もでき、万々歳でした。

FPらしからぬことをしていますね。
人には、お勧めしませんが。参考まで。

どこまで覚悟できるかでリスクをどのくらい取れるのかをよく考えてください。
また、やるからには日本・世界経済には敏感になってください。最低限「日経新聞」は毎日読みましょう。

具体的な運用商品については、shimumamaさんの性格や環境も関係するのでメールではお答えできません。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住、キャッシュフロー表の作成 vodafone123さん  2014-01-30 09:11 回答1件
教育資金+老後資金+αの貯め方 tyuさん  2013-06-12 15:32 回答1件
今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
40代の賢いお金の貯め方は? とおちゃんさん  2010-01-27 23:32 回答3件
住宅購入とライフプラン 114114さん  2011-02-05 15:19 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)