主人の保険の見直し - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

主人の保険の見直し

マネー 保険設計・保険見直し 2009/05/22 21:45

主人24歳 私29歳の二人暮らしです。
現在、主人は生命保険・医療保険が一緒になった保険(20年更新)に加入ており、1万2500円/月支払っています。保険のために毎月これだけのお金を払っていくのなら保険を見直し、安くできた分を貯蓄に回していきたいと考えています。
そこで、
医療保険(10年更新タイプ)…入院1万円/日、手術10万円
がん保険(10年更新タイプ)…がんにかかったとき100万円
上皮内新生物10万円
入院1万円/日
通院5千円/日
退院5万円
という保障内容の別会社(アクサとチューリッヒ)の保険にしようかと考え中です。そうすると、月に1万円ほど保険料が安くなります。
生命保険は、現在共働きで月に少なくとも10万貯金をしていることと、2人合わせて貯蓄が1500万程あるので、子供が出来るまでは入らなくてもいいのでは?と思っています。
医療保険はこの先何十年も同じ保険に入り続けるかは今の段階ではわからないので(その時代に合った良い保険が今後出て来たら変更もあり得る)10年更新タイプを考えましたが、一生涯の保障を確保するため今から終身タイプに入っていた方がいいか?とも思い、考えがはっきりとまとまりません。
専門家の方々は、この考え方をどう思われますか?
宜しくお願いいたします。

ヒトさん ( 岐阜県 / 女性 / 29歳 )

回答:9件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の件

2009/05/23 07:12 詳細リンク

こんにちわ、FP会社FPコンサルティング:http://www.fp-con.co.jp岡崎です

確かにお金があれば保障は必要ないでしょう。ただ何があるか分かりませんし、がんなど大病は小名根がかかるものです。よってお守り代わりですから、最小限の保障を確保されたらよいと思います。またお子さんができた時は保障が必要ですので、会社のグループ保険の最低型などで保障の権利を持っておくのも一つの方法です。
以上参考にしてください。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保障期間は一生涯がいいです。

2009/05/23 10:12 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

医療保険の保障期間は一生涯が良いでしょう。電化製品などとは違い新商品ができるたびに変更をすると人間年をとるので保険料が高くなってくるため損をします。また、病気などをすると保険に加入できなくなる可能性もあります。もし、10年更新で考えているのであれば、60歳ぐらいまでに医療費のための貯蓄をし、それ以降は保険に頼らないようにしてください。それならば10年更新でもいいいでしょう。
医療保険の選び方については、以下気の給付日数は何日にするのか。特約(オプション)は何がいいのかにより保険会社が変わってきます。後悔しないように慎重に選んでください。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険の件

2009/05/23 13:03 詳細リンク

ヒトさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『10年更新タイプほ考えましたが、一生涯の保証を確保するため今から終身タイプの入った方がいいのかとも思い、考えがはっきりまとまりません。』につきまして、医療保険の基本的な保障内容は、
・入院給付金日額
・手術給付金
となります。

後は新しい医療保険の場合は、保障内容が若干変わったりしますが、基本的には大きな違いはありません。

また、医療保険に関しては今後、病気などで入院した場合には、加入するのに制限を受けたり、割高な医療保険にしか加入できなくなってしまうことも考えられますので、健康なうちに終身型の医療保険に加入しておくことをおすすめいたします。

支払い保険料につきましても、年齢が高くなるに従って上がって行きます。

ご主人様ともよく話し合って、決定していただくとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

よく考えられていますね。

2009/05/23 15:25 詳細リンク

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里です。

お若いのに、しっかり貯蓄をして将来に備えていらっしゃるようですね。
お子さんがいらっしゃらない今の時点では、貯蓄があるので、死亡保障は必要ないと思います。

医療保険についても、貯蓄で対応するということであれば、それでもいいと思いますが、まだ20代の今の時期に終身保障の医療保険に加入すると、保険料は割安です。

私は更新タイプよりも終身保障の医療保険がいいのではと思います。
日額についても、1万円必要なのか,入院時の収支をだしてみるといいですよ。
お互いに,入院したときにどのくらいの経済的な負担があるのかを考えてみましょう。

高額療養費制度や傷病手当金(私のコラムをご覧くださいませ。)も考慮して、考えてみましょう。

がん保険についても、終身保障のもので、通院や、先進医療に対応しているタイプを検討されてみてはいかがでしょう。

確かに、新しい保険が出てきた時に、見直しをすることを考慮すれば、終身払いにしておくといいのではないでしょうか?

詳しいご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

終身タイプをお勧めします

2009/05/23 06:25 詳細リンク

ヒトさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

死亡保険はお考えのようにお子さんができてからでいいでしょうね。

医療保険は確かに日々新しい保険が出てきていますので、とりあえず10年更新タイプで安く確保しておいて良い商品が出た時に終身タイプに入るというのは理想的です。

しかし、それまでに病気をしたり、持病を持ったりすると、10年更新を継続するしかありません。
更新タイプは80歳くらいで終わりますし、70歳ころの保険料は高額になります。
また良い商品の見極めも難しいと思いますよ。
もっと良いものが出るかもしれないと思うといつまでたっても決断できないでしょう。

とりあえず現時点で最適と思われる終身保険に終身払いで入っておいてはいかがでしょう?
それでもっと良いと思われる保険があれば入りかえることも可能ですし、もし病気になった場合も終身の保障は確保できているので安心です。

1万円でなくとも5000円の終身医療と5000円の10年更新でもいいかもしれませんね。

がん保険に関しては先進医療の保障があるものをお勧めします。
いつかは終身タイプと思っていらっしゃるのであれば若い年齢のうちに入っておけば安いので老後の負担が軽くなります。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

きちんと整理しておきましょう

2009/05/23 14:04 詳細リンク

ヒトさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

死亡保障と医療保障という区分けで行けば、
>死亡保障は、お子さんが誕生してから
医療保障は、終身保障タイプ<
という区分けでいいという考え方もあります。

ただ、死亡保障といっても
>1.生活保障(社会保険の上乗せ)2.教育資金保障 3.住宅資金保障
4.死後の整理資金(長期療養資金)<
というニーズの中では、「4」だけは当初から準備しておく方がいいでしょう。

また、医療保障といっても今の商品内容では
「長期入院して初めて役に立つ」ものが一般的ですので、
「がん」や「先進医療」の保障があるものがよいと思われます。

大切なことは、
**「まず掛金を減らすことを考える」のではなく、必要なもの(目的と優先順位)を検証することで、
そしてそれに見合ったプランニングができる専門職を担当者に
つけることだと思われます。

私のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(生命保険の検討に必要な絶対的3ヵ条とは?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/22616
(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447
(安い保険を探す前に・・・)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/17622
(終身保険≠葬儀費用?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28792
(100%給付金を受取るためには)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/15505
(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その1)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44459

以上、参考にして戴けたら幸いです。
ご不明な点がございましたら、個別にお問い合わせ下さい。
[ohzeki@fourtrust.co.jp


RE 主人の保険の見直し

2009/05/23 11:53 詳細リンク

まいど・おおきに・生きてるだけで丸儲けの大阪から書かせていただきます

一般の商品のようにお金を出せば買える商品ではないので
(健康状態などで加入資格が問われ、保険会社から選択される立場になる可能性も)
24歳とお若い時にいま考えられてるのであればシンプルな医療保険だけでも
加入されるほうが得策のように思われます。

社会保障の現状をみても、「少子高齢化・財源不足などなど」国の補償は明るい材料は
ないように思えます、よって自助努力が不要になるよりもっと必要になると考えたほうが
現実にあった考えではないでしょうか。

私の話が少しでもお役に立てれば幸いです。


医療保険は、終身に拘る必要はないでしょう

2009/05/23 12:06 詳細リンク

ヒトさん、こんにちは。総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツの藤井です。

まず、医療保険に加入する目的は何でしょうか。貯蓄も充分にあるようでしたら、現時点で、日額1万円の医療保険に加入する意味はあまりないと思いますが、如何でしょう。

もし、ご主人が勤め人であれば、通常の病気やけがで入院した場合は、健康保険が充分に威力を発揮すると思います。月額の医療費負担の上限は8万円ちょっとですし、働けなくなった場合は、日当の2/3が、1年半に亘り保障されます。

もし、自営業ということであれば、収入を補う、収入補償の意味を持ちますので、加入しておくことも必要でしょう。その際には、10年更新でも良いですし、働いている間の60歳とか65歳まででも良いでしょう。

24歳で終身というと、これからゆうに半世紀以上あるわけです。今の1万円が、半世紀後にどれだけの価値があるかは不明です。24歳の終身医療保険は、アフラックのエヴァーで、保険料が、月3,130円です。これを平均余命の55年間払い続けるとすると、206万円になります。これは、2ヶ月以上の入院を3回して、手術をしたときに支払われる金額です。こうした保険に敢えて加入する意味はあまりないと思います。

ただ、がんの場合は若干事情が異なります。がん保険は、がんという病気に特化している分、保険料の割には、支払われる給付金の額は多くなります。男性の2人に1人ががんになる時代です。

がんは、早期発見で治る病気になってきました。ただ、保険が利かないで高額な費用が掛かる治療もあります。24歳であれば保険料も安いですし、がん保険は終身で、できれば先進医療特約のついたもので確保しておくことをお勧めします。

以上、考え方はひとそれぞれですが、参考にしていただければ幸いです。


すばらしい考え方です

2009/05/24 01:51 詳細リンク

初めまして。ファイナンシャル・プランナーの志野 泰家です。
今の資産状況や家族構成から見て、医療保険は必要無いでしょう。
10年でも終身でも何も無ければ掛け捨てです。保険に入っているからといって病気が治るわけでもありません。
むしろ、保険に加入すれば貯金や金融資産を目減りさせてしまい、そちらの方が不安が多くなるでは?

終身保障の場合、1日1万円の医療保障を確保する為に払込総額が150万程になってしまいます。
又、入院をして保険会社から受け取れる給付金額は払込総額より小額しかもらえないと思います。
今だけの保障であれば10年更新型が安いという考え方もありますが、
資産をある程度お持ちならそれも必要ないでしょう。
先進医療や自由診療など本当に高額にかかる治療の為を限定して保険加入すればよいでしょう。
保険応外の治療をすれば、1500万の貯蓄も一瞬で無くなるかもしれません。
高額にかかる場合を限定して対策しましょう。
又、今後は入院しなくても病気が治る時代が来るかもしれません。その場合、今のご加入の保険や検討されている保険では何の意味も無くなるかもしれませんよ。
どうしても不安とのことであれば、10年更新型でも健康状態に係らず終身保障に切り替えられる保険会社も多く存在しますので、保障内容以外にその様なアフターフォローも万全も保険会社を選ばれると良いでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

医療保険見直しについて悩んでいます ハピカさん  2010-11-05 21:56 回答1件
生命保険で老後資金貯蓄は難しいでしょうか? momo03さん  2012-10-18 11:39 回答2件
保険内容、診断願います。 kiyoyoyoさん  2010-05-30 01:18 回答11件
保険の見直し中です ぼくはクマさん  2009-12-10 15:15 回答6件
現在加入の保険について デコレさん  2009-07-15 11:44 回答11件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)