戸建新築住宅での全館空調と工法との相性について - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

戸建新築住宅での全館空調と工法との相性について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/02/08 22:10

新築住宅で全館空調を検討しております。
全館空調では実績豊富な三菱地所ホームか在来工法の古河林業にするか悩んいます。
1.現在の新築プラン
・建坪 50坪(1F:25、2F:23坪、ロフト:2坪程 度)
・サッシはペアガラス内部樹脂、LOW−Eガラス、
・ダイニング 吹き抜け4.5畳程度
2.HM候補
(1)古河林業
・在来工法
・壁に両面からボードをはり面で支える構造
・制震
・全館空調は三菱電機エアリゾート(エアリゾートはエアロテ ックと全く同じ機械)
・断熱性 外壁 90ミリ ロックウール
筋交いのある部分は75ミリの発泡ポ リスチレン
天井 180ミリ ロックウール
床 75ミリ 発泡ポリスチレン
(2)三菱地所ホーム
・2×4構造
・断熱性 外壁 90ミリ ロックウール
天井 180ミリ ロックウール
床 90ミリ 発泡ポリスチレン
・全館空調 エアロテック
3.質問事項
・ランニングコストに違いはでるのでしょうか?どちらがよい でしょうか?一般に2×4のほうが在来工法より断熱性能が よいといわれますが、古河は在来でも2×4的な構造になっ ています。それでも、違いはあるのでしょうか?
古河と三菱との違いは、断熱材の外側とボードの間に通気層 あることのようです。この通気層があることによって、断熱 性能に影響があるのでしょうか?
・断熱性能が古河のほうが劣る場合は、どのようにすれば三菱 地所同等になるのでしょうか(例:床の断熱材を75から三 菱と同等の90以上にするとかなど)
・耐震性の違いはあるでしょうか?

ミーパパさん ( 神奈川県 / 男性 / 50歳 )

回答:2件

施工が重要

2009/02/12 12:27 詳細リンク

ランニングコストは主に熱損失量によってかわってくると思います。
お書きいただいた仕様はどちらも4地域次世代省エネ基準を満足していますので断熱材の厚さだけをみると大差はないと思います。
熱は弱いところからにげていきますので施工精度でかなり変ってきます。『断熱材ですっぽり包み、隙間なく施工する』ことが大変重要です。
天井、壁の取り合い部分、玄関土間床部分の壁(基礎部分)、床下収納庫や点検口のふた、ユニットバス廻りなど注意が必要です、特にユニットバスの床は断熱されてない場合が多くさらに床下はメンテナンスのために点検口があるので外気が流入し熱が逃げていきます。
ロックウールは水分を含むと断熱性能が落ちるため室内側に防湿気密シートを施工する必要があります。
最近は防湿シートの袋入りものを使用し防湿気密シートを施工しない場合もありますが、お勧めはできません。
ロックウールは定尺ものだけで施工はできないので切ったり貼ったりして敷き詰めていきます。破いた袋をすべて補修したりしなければならないので施工不良の原因になります。
断熱材の厚さだけにとらわれず細部にわたり気を使って施工することが重要です。
通気層は基礎水切りから空気を流入させ軒裏や棟部の換気口により排出させることにより壁体内結
露を防止し温度を下げる効果があります。
一般的は約5℃違うといわれており夏季には有効な手段です。
耐震性についてもプランがおなじであればあまり変りはないと思います、2×4の場合在来工法よりもプランの制約が多い為、耐震性に優れているといわれていますが、阪神大震災以降の法改正で在来工法も規制が増えたので工法に依る違いはあまりないと思います。
制震装置についてはメーカーのカタログ値であり法律的根拠はまだありません。余力として設計されているので、そのように考えていただいたほうがよいと思います。

回答専門家

佐野 靖
佐野 靖
(建築家)
アトリエ・イグレック1級建築士事務所 所長

住む人の夢を実現し、安心を提供する。それが設計士の仕事です

『何ができるか?』ではなく『何をしたいか?』をまず伝えて下さい。クライアントの夢を様々な条件を加味し具現化することが設計士の仕事と考えています。家はそこに住まう人々と共に変化していくものです。空間としての家作りをご提案いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
野平 史彦

野平 史彦
建築家

- good

全館空調住宅とは、、

2009/02/12 18:33 詳細リンク

「ランニングコストに違いが出ないのか?」というご質問ですが、全く同じ間取り、形、開口部などのモデルを作って、夫々の建物全体の熱損失係数(Q値)と隙間相当面積(C値)を求め、負荷計算をしてみれば、計算上の違いがでるのかもしれませんが、全く同じ温度条件の元で夫々の全館空調システムを1ヶ月間稼働させてみなければランニングコストにどのような差がでるのか、実際の所は誰にも分かりません。

随分前に、建築家の安藤忠雄氏と宇宙飛行士の毛利衛さんの対談というのをテレビで見た時に印象に残っていることがあるのですが、安藤さんが
「家は自然が身地かに感じられた方がいい」
と言うと、毛利さんは
「科学技術がこれだけ発達したのだから、外界の気候条件に関わらず、空調で快適な室内環境で過ごせる家がいい」
と言うのを聞いて、私は大変驚かされたのです。
確かにオフィスビルや公共施設のように住宅だって全館空調して快適な室内環境をつくる事ができるのです。砂漠の国であろうと、アラスカであろうと全館空調してしまえば、どこでも同じ家を造る事ができます。しかし、あえてそれをしないのは、やはり安藤さん的な感覚を私達設計者自身が持っているからなのかもしれません。
家というのは、その土地の気候風土の中で建築的な手法によってどれだけ良好な室内環境を作り出せるか、という「形」をしているのです。
できるだけ自然の力を利用して、不足する部分をできるだけ僅かなエネルギーで補おう、というのが、いわゆる「パッシブデザイン」という考え方で、長い歴史を通して世界中の家がそのように造られてきました。
しかし、全館空調住宅には敵いません。そこまでの室内環境を作り出す事はなかなかできません。

補足

但し、全館空調住宅というのは、24時間365日空調し続けることによって成り立っている住宅です。空調している間は人の健康も家自体の健康も保つ事ができます。空調を入れたり止めたりしては効率が落ちるし、止めている間にダクトの中にカビが生えたりします。空調する事を前提として空調に頼った家づくりをしているので、止めてしまうと家の中の空気の流れがなくなり家自体、北側の押し入れの中が結露したり、カビが生えたり、内部結露を起こしたり、と色々な不健康が発生してきます。だから、空調住宅は「空調」が生命線なのです。
光熱費が高いと感じて空調を切ってしまっては、どのような問題が起こるのか実際のところは分かりませんが。空調住宅のランニングコストを抑えたければ、熱負荷の大きな「窓」をつくらないのが一番です(これは基準法では×ですが)。それはさながら毛利さんが大好きな宇宙船の様ですね。

今までもしかして、寒い暑い家しか知らず、快適な室内環境を求めて「全館空調住宅」というお気持ちだとしたら、「断熱」という最も効果的なパッシブデザインを信じてみては如何でしょうか。断熱という視点から見ると、古河林業も三菱地所ホームも何か中途半端な気がします。高断熱した家は日中は太陽の日差しだけで暖かく、夜寒ければ僅かなエネルギーで暖房する。夏、冷房したければ、気流など感じない輻射冷房もある。中間期は風を通して清々しく生活する。イニシャルコストもランニングコストもその方がずっと安く済む。
その土地の自然に合った家づくりをした方が、人の健康、家の健康が保てる様な気がするのですが、如何でしょうか?

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件
外張り断熱ついて 龍馬0510さん  2008-07-03 13:20 回答1件
鉄骨造分譲マンションの購入について dekitaさん  2011-08-03 19:31 回答1件
線路脇に家を建てます。防音対策について 桜猫さん  2010-02-26 16:04 回答4件
省エネについて yokochinnさん  2009-06-22 05:24 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

【関西圏限定】戸建て住宅の設計・見積・契約書をプロがチェック

注文住宅や戸建てなどの契約前・後に設計・見積が適正なものか中立的なプロがチェックします! 

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)