税務調査について - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税務調査について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2008/11/03 22:17

1カ月前に税務調査が入りました。
通帳は返却したもらったのですが、帳簿等はまだ税務署に提出したままです。期間が長かったのでどうなっているかを電話で聞きました。
「仕入先の不明があり、その調査をしている。」との事でした。
その仕入先は、個人事業主で、現在行方不明です。
税務署も連絡が取れないようです。
私自身も連絡が取れない状況です。

連絡が取れない場合、架空請求という事になってしまうのでしょうか。

また、私はどうしたら良いでしょうか。

補足

2008/11/03 22:17

申し遅れましたが、私は個人事業主です。

dai.mmさん ( 東京都 / 男性 / 53歳 )

回答:2件

請求書・領収書は???

2008/11/04 06:32 詳細リンク

dai.mm様

税務調査の結果、仕入先について不明があるとのことですが
仕入れの事実を立証する資料としては、一般的に

・請求書
・領収書
・仕入先への支払の記録

これらの資料があれば、現在連絡のとれない仕入先でも
仕入れ時には実在していたと立証できると考えられますが

調査が長引いているとするならば、これらの書類が不備なのか
一部に不明点があると考えられます。

現在連絡が取れるかどうかではなく、
仕入時の客観的な証拠書類が、どれだけお手元にあるかどうかで
立証できるかどうかは決まるのではないでしょうか。

今一度、お手元の資料を整理していただいて
帳簿に記載していらっしゃる金額に該当する

上記書類を税務署に確認していただいて
仕入れの事実を立証できれば

dai.mmさんの架空計上にはならないと考えられます。

回答専門家

近江 清秀
近江 清秀
(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

仕入の立証

2008/11/04 10:58 詳細リンク

dai.mmさんの税務調査は、反面調査の段階に入っているのですね。
貴方自身の調査が一段落ついて、その裏づけのために
相手方の調査をしているものと考えられます。

私の経験ですが、前の税理士から調査後に引き継いだお客様の案件で、
調査の時には、反面調査で相手方の実在性が確認できないことから
否認するのだけれども、お金が出て行っていることは確認できたから
寄付金として課税されていたことがありました。

私が引き継いだ後、社長にその点を指摘したところ、
私も、何で寄付金なの?、という疑問を持っていたとのこと。

税務署内では既に片付いた案件として処理されていたのですが、
嘆願書で税務署長にお願いしたところ、
担当だった方の上司が話を聞いてくれました。

社長に過去の資料を全部洗い出してもらったこと、
税務署の反面調査の不備ではないのか、とクレームとして主張したこと、
その取引の契約書(印紙の不備あり)等を提出していたこと
等を勘案して、減額更正処分を勝ち得たことがあります。

dai.mmさんの場合、近江先生がおっしゃるように、
請求書・領収書・支払の記録の3点が揃っていれば、
私の経験した場合と同じで、経費性が認められるはずです。

私の事例では、契約書や請求書・領収書に社長の三文判しか
押されておらず、税務署の話では、そこに記載されていた住所では、
過去を含めて存在が確認できなかったそうです。
社長の話では、会社に来てくれての取引だったこと、
現金取引だったこと(現金なら割り引くと言われて)、
連絡は携帯電話だったこと、等が、事業所の実在性が確認されないままの
取引が続いた原因だったようでした。

dai.mmさんの場合は、どうですか?
仕入先や外注先の場合であれば、通帳からの引き落としであれば、
間違いなく支払いの事実が証明できます。
あとは、その支払先と事業との関連性の問題で、
契約書や業務日報等、事業との直接の結びつき等を説明できる
内容の文書を作成しましょう。

回答専門家

平 仁
平 仁
(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

税務調査について taro-wowさん  2011-11-18 16:52 回答1件
カード引き落としによる光熱費等の仕訳記入について maxjoe1005さん  2013-02-01 17:56 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)