仕入の立証 - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仕入の立証

2008/11/04 10:58

dai.mmさんの税務調査は、反面調査の段階に入っているのですね。
貴方自身の調査が一段落ついて、その裏づけのために
相手方の調査をしているものと考えられます。

私の経験ですが、前の税理士から調査後に引き継いだお客様の案件で、
調査の時には、反面調査で相手方の実在性が確認できないことから
否認するのだけれども、お金が出て行っていることは確認できたから
寄付金として課税されていたことがありました。

私が引き継いだ後、社長にその点を指摘したところ、
私も、何で寄付金なの?、という疑問を持っていたとのこと。

税務署内では既に片付いた案件として処理されていたのですが、
嘆願書で税務署長にお願いしたところ、
担当だった方の上司が話を聞いてくれました。

社長に過去の資料を全部洗い出してもらったこと、
税務署の反面調査の不備ではないのか、とクレームとして主張したこと、
その取引の契約書(印紙の不備あり)等を提出していたこと
等を勘案して、減額更正処分を勝ち得たことがあります。

dai.mmさんの場合、近江先生がおっしゃるように、
請求書・領収書・支払の記録の3点が揃っていれば、
私の経験した場合と同じで、経費性が認められるはずです。

私の事例では、契約書や請求書・領収書に社長の三文判しか
押されておらず、税務署の話では、そこに記載されていた住所では、
過去を含めて存在が確認できなかったそうです。
社長の話では、会社に来てくれての取引だったこと、
現金取引だったこと(現金なら割り引くと言われて)、
連絡は携帯電話だったこと、等が、事業所の実在性が確認されないままの
取引が続いた原因だったようでした。

dai.mmさんの場合は、どうですか?
仕入先や外注先の場合であれば、通帳からの引き落としであれば、
間違いなく支払いの事実が証明できます。
あとは、その支払先と事業との関連性の問題で、
契約書や業務日報等、事業との直接の結びつき等を説明できる
内容の文書を作成しましょう。

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

税務調査について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2008/11/03 22:17

1カ月前に税務調査が入りました。
通帳は返却したもらったのですが、帳簿等はまだ税務署に提出したままです。期間が長かったのでどうなっているかを電話で聞きました。
「仕入先の不明があり、その調査をしている… [続きを読む]

dai.mmさん (東京都/53歳/男性)

このQ&Aの回答

請求書・領収書は??? 近江 清秀(税理士) 2008/11/04 06:32

このQ&Aに類似したQ&A

税務調査について taro-wowさん  2011-11-18 16:52 回答1件
カード引き落としによる光熱費等の仕訳記入について maxjoe1005さん  2013-02-01 17:56 回答1件