家計診断お願いします - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計診断お願いします

マネー 家計・ライフプラン 2008/08/16 11:05

現在は夫婦二人暮らしです。
実母が保険営業をしており、「これが一番良い」と言われるままに保険に加入しています。
支払額が大きすぎる気がするのですが貯蓄が苦手な為、安い保険でもしもの時に困るのも嫌なのでズルズル見直しをしないままでした。
赤字になることも。
年齢のこともあり、そろそろ子供をと考えてますが、今の家計では、養育費が賄えない気がします。
年金保険は解約したほうが良いでしょうか?
無知で恥ずかしいのですが、診断お願いします。

夫(29歳)月収約29万 年間賞与80万
妻(31歳)専業主婦

一般財形貯蓄 10000
住宅財形 20000(賞与時50000)
夫の親への借金返済 20000
生命保険(夫婦)22000
団体定期保険(夫)2200
会社組合保険(夫)5800
年金保険(夫婦)30000
自動車保険 8500

社宅家賃 15000
会社部署会費 12000
通信費 21000(ネット、自宅電話、携帯電話)
新聞 6400
水道光熱費 12000
夫小遣い 30000
妻小遣い 10000(月による)
食費 30000
日用品 8000
医療費 10000
その他雑費 10000

やりくり下手さん ( 大阪府 / 女性 / 31歳 )

回答:5件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

家計管理と年金保険

2008/08/16 17:10 詳細リンク
(5.0)

やりくり下手さんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

子どもさん何人欲しいですか。そのためにお金を振り向けることができるかどうかが、あなたが幸せになるための大きなポイントのような気がします。

家計管理についてですが、
貯蓄と年金保険とを除いた金額は222,900円となっています。子どもさんの養育費を出そうと思うと、その分貯蓄ができる額が少なくなります。それと、社宅にはあと何年いることができますか。
ところで、ボーナスの使いみちはどのようにされていますか。

年金保険についてですが、
変額個人年金でしょうか、それとも(受取額が確定している)個人年金でしょうか。加入内容によっては、長い目で見てお金の価値が保てるかどうか?のものもあります。とはいえ、今解約するにしても、加入期間が短ければ解約控除というペナルティがかかりますので、その点注意が必要です。
どんなに優れた商品でも、向き不向きがあります。老後の準備よりも優先順位が高いものがある場合、年金保険よりも他の貯蓄商品が向いていると思われます。

お金には、今必要なものもあれば、マイホームの夢や教育費のような近い将来のためのお金、そして老後などの遠い将来のためのお金があります。お金を貯める時もその考え方を大事にすると良いでしょう。

評価・お礼

やりくり下手さん

ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2008/08/17 17:33 詳細リンク
(5.0)

やりくり下手さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『年金保険は解約した方が良いのでしょうか?』につきまして、年金保険を解約するかどうかは加入した時期や保障内容を確認させていただかないと解約をした方がいいのかどうかの判断は出来かねます。

尚、毎月の住居費用としては『社宅家賃』15,000円で済んでいますので、もう少し貯蓄に資金を充当できるものと考えます。

『夫の親への借金返済』20,000円の早期完済や、現在加入している生命保険につきまして見直しを行うことで、もう少し毎月の貯蓄額の増額ができるものと思われます。

尚、他の家計支出につきまして、特に過剰と思われる家計支出は見あたりませんので、基本的に家計はしっかりと管理されています。

生命保険の見直しはお母さんから加入していることもあり、切り出し辛いとは思いますが、適切な保障内容にすることで、支払い保険料はもう少し安くできると思われます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

やりくり下手さん

ありがとうございます。
年金保険はもうすぐ2年が経過します。
経過したら解約を検討しています。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の見直しが必要なようです。

2008/08/16 11:45 詳細リンク
(5.0)

やりくり下手さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

やはり何と言っても保険料ですね。

生命保険(夫婦)22000
団体定期保険(夫)2200
会社組合保険(夫)5800
年金保険(夫婦)30000
自動車保険 8500

合計 68500円にもなります。
このままでは保険ビンボーになりそうです。
職場の保険とご自身で加入されている保障はダブっているのではありませんか?

また、老後資金とお子さんの教育資金と優先すべきはどちらだと思いますか?
貯蓄が苦手なんて言っている場合じゃありません。
給与天引きの一般財形を増やしたり、給与ふりこみ口座からの自動積立という方法もあります。

家賃が安いので、当分マイホームは考えないというのであれば銀行口座からの積立投資信託という方法もあります。

今後のライフプランをしっかり考えて資金計画を立てましょう。

また、お子さんもいらっしゃらないのに専業主婦とはもったいない話ですね。
稼ぐこともかなえましょう。

評価・お礼

やりくり下手さん

ありがとうございました。
見直しの方向で、主人ともう一度話し合います。

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄と保険は分ける。

2008/08/17 06:44 詳細リンク
(5.0)

やりくり下手さん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

実の母親が保険の営業をしているということで、勧められると、断れないということもあるでしょうが、母親の営業成績を上げさせるために、自分の家計が犠牲になることもありません。

そのために、子供を作りたくても作れないのは、本末転倒です。

保険で貯蓄をするという考え方は、現在は、賢いやり方ではありません。
保険は、ある一定のリスクに備えるだけ、掛ければよいのです。

保険と貯蓄は分けて考えてください。

そして、お母さんに、事情を話して、保険の見直しをする旨を伝えてください。

貯蓄が苦手なら、保険の掛け金を天引き貯金にすれば、同じことです。
手元にあると、使ってしまうタイプの人は、天引き貯金にして、それは無いものとして生活すれば、自然にお金は貯まります。

評価・お礼

やりくり下手さん

簡潔な回答、ありがとうございました。


年金保険

2008/08/16 13:55 詳細リンク
(5.0)

やりくり下手さん様

はじめまして、東海地方を中心に活動をしておりますFPの番場でございます。

先ずはじめに、無知で恥ずかしいなんてことはありませんよ。
これだけ複雑な知識社会になれば、それぞれの個人が高度に専門化していき社会の役割を担うのです。 それがたまたま「お金」についての知識なのか、それ以外の知識でお仕事をされているかの違いです。

ご質問の件につきまして、社宅に御住まいのため住宅費用負担が少なくなっていますのでなんとか現状は生活できますが、お子様のことを考えると今のままでの支出構成では厳しくなります。

詳しい保険内容などがわかりませんが、ご指摘のように特に月々3万円の年金保険がネックになりそうです。老後のために現在の家計が圧迫されるのも本末転倒ですので何事もバランスを一番に考えて流動性の高い貯蓄に変更されることを考えてみてはいかがでしょうか。

評価・お礼

やりくり下手さん

ありがとうございます。
私の考えを代弁していただけたような内容でした。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

毎月赤字です。家計診断をお願いします。 mameden's momさん  2008-08-31 09:37 回答5件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
老後に向けて家計診断をお願いします 老後が不安さん  2009-09-03 17:21 回答6件
子供が産まれますが、ギリギリの家計で心配です shimakoさん  2008-09-12 13:41 回答3件
ライフプランと貯蓄 shion35さん  2011-10-21 18:15 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)