屋根裏の断熱について - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

屋根裏の断熱について

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/07/25 23:01

よろしくお願いします。2階がとても暑くて困っています。素人ながらあれこれ調べてみると屋根裏に断熱材を入れるとよいとあります。その場合天井裏にそのまま置くのがよいのでしょうか。それとも屋根の裏の板(野地板?)に取り付けるのがよいのでしょうか?天井裏にそのまま置くと天井板がたわむような気もするのですが。ちなみに2階は和室になっています。また、いろいろとインターネットで見ると結露のことや防湿シートを使うなどの記述も見られ、断熱材を入れるだけでよいのかどうかわかりません。ホームセンターで材料を購入して自分でやろうと思っているのですが、どうぞご指導ください。

あんこいちさん ( 広島県 / 男性 / 54歳 )

回答:4件

深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

2 good

断熱リフォームはご注意が必要です。

2008/07/25 23:20 詳細リンク

こんばんは〜!あんこいち様

外断熱リフォームを専門にしています。深澤煕之です。

断熱リフォームを安易にしますと後で大変な事になります。十分に勉強をされてから考えられたら良いかと存じます。

他記事のQ&Aを参考に紹介させて頂きます。参考にして下さい。

http://profile.allabout.co.jp/member/modules/plzXoo/index.php?action=detail&qid=19011

回答専門家

深澤 熙之
深澤 熙之
(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

断熱について

2008/07/26 18:47 詳細リンク

こんにちは、同じ広島ということで書き込みしますね。
屋根の断熱についてですが、専門家や工務店でも頭を悩ませる問題です。

ただ、広島にも断熱リフォームに詳しい工務店さんなどもいますから、
興味があったらご紹介することも可能です。

話を聞かれるのは、無料でしてくれると思いますから、これまで実際に
改修をしている事例などの写真などを見られて、感触をつかまれるといいと
思いますよ。

八納啓造 拝

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

八納 啓造が提供する商品・サービス

メール相談

無料メール相談を受け付けています

家づくり全般で分からないことがありましたらいつでもご相談ください

横山 彰人

横山 彰人
建築家

- good

断熱材 について

2008/07/26 06:47 詳細リンク

断熱材についての誤解が多いようです。

基本的に断熱材は 保温材 ですから、いくら屋根裏に断熱材を入れても温度は下がりません。

現在の屋根の形状、屋根材はどんな材料でしょうか、また屋根裏換気口は2個以上あるのでしょうか。


どんな状況か判断がつきかねますが、日本の断熱材の使い方は北欧型で冬に強く、夏には暑いという欠点を持っています。

屋根裏の暑さを逃がす方法と、吸収する材料、場合によっては強制換気を含めた処理が必要です。

また工事についてはアドバイスする専門の人と、工事をする人と分けたほうがいいでしょう。


私がよく使う材料や方法もありますが、現状を把握する事が必要です。分からない事や、詳細については事務所にご連絡下さい。


屋根の断熱

2008/07/26 15:49 詳細リンク
(5.0)

私は、健康的な住まいを設計している立場でお話ししますね。
断熱が効果があるのは、野地板の下で断熱するの(屋根断熱)が一番効果があると思いますが、
日曜大工的にご自分でされるのならば、天井に入れるのが良いと思います。
そうなるとマット状のものが良く、世間一般では、グラスウールを使用しますが、グラスウールは、皮膚につくとすごくかゆいそうで、素人の方にはちょっとお薦めできません。
ウールの断熱材でしたら、布団のようなものなので、その心配はいりません。結露については、天井にするのでしたら、さほど心配はいらないでしょう。グラスウールは結露すると断熱性能がなくなりますが、ウールは濡れても乾けば、元にもどります。重さに関しては、大丈夫だと思います。
ウールの断熱材は、ウールブレスが一番安価です。アイテイエヌジャパンというところで販売しているので、初めに30センチ角ぐらいのサンプルを送ってもらって、検討してみたらどうでしょうか。厚みは、50ミリと100ミリ。リサイクルウールは60ミリと110ミリのものがあります。展示用でしたら、100か110にしたらどうでしょうか。

評価・お礼

あんこいちさん

ありがとうございます。参考になりました。

質問者

あんこいちさん

再度お願いします。

2008/07/27 11:16 固定リンク

再度おたずねします。屋根は瓦葺きで寄せ棟です。換気口は2つあります。2階は6畳と8畳の和室で襖で仕切ってあります。築30年で天井裏には何の断熱も施されていません。

あんこいちさん (広島県/54歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

屋根裏を改修したいんですが… ももたいさん  2006-04-13 15:14 回答1件
鉄筋コンクリート住宅の屋上の防水について 鉄筋ってさん  2016-09-28 23:07 回答1件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
天井断熱から屋根断熱にしたいのですが、、 do it ysさん  2011-03-01 00:07 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)