30代独身、生命保険未加入ですが - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

30代独身、生命保険未加入ですが

マネー 生命保険・医療保険 2006/11/17 16:20

こんにちは。

現在高校卒業後に就職した会社に勤務し、14年になりますが、いまだ生命保険に加入したことがありません。

何年後かには結婚するつもりですが、どのような保険に加入すべきなのでしょうか?積立型なども気になりますが・・・

ともちんさん ( 福島県 / 女性 / 31歳 )

回答:3件

澤田 勉 専門家

澤田 勉
保険アドバイザー

- good

30歳代独身者の保険加入

2009/03/09 20:17 詳細リンク

こんにちは。

当社のホームページに「年齢別・お勧め保険を探す」
コーナーがあります。→http://lify.jp/
確認してみてください。

また、ぜひお勧めしたいページはこちらです。
●「最新!医療保険の比較検討一覧」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p24.php

回答専門家

澤田 勉
澤田 勉
(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

澤田 勉が提供する商品・サービス

対面相談

法人保険を活用した節税対策

決算に応じ、財務体質強化につながる設計、生命保険をお見積り

対面相談

法人保険のご相談

財務体質を強化する決算に応じた法人保険の活用

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山本 俊成

山本 俊成
ファイナンシャルプランナー

- good

医療、死亡、老後の3点からご検討下さい

2006/11/17 17:28 詳細リンク

ともちん様、はじめまして。
FPの山本俊成と申します。

ご質問についてですが、下記3点を参考にご検討下さい。

<医療保障>
病気はもちろん、特に若い間は「事故やケガ」による入院が心配です。
入院に備えたい場合「健康なうちに」必要な保障を確保しておく必要があります。

最近は、健康保険の自己負担額アップなど「医療費負担の増大」がクローズアップされています。
さらに、医療保険にはこれら入院に関わる負担以外にも、入院したことにより収入が減少したり、途絶えてしまうことも考えられますので「収入補填」の役割もあります。


<死亡保障>
独身の間はそれほど大きな死亡保障は必要ないでしょう。
例えばご自身の「葬儀費用程度」があれば十分だと思います。

ただし、

(1)現在、親の生活を支えていて、自分に万一があった場合、親にいくらかのお金を残したい
(2)将来の健康状態が心配で、健康なうちにある程度の保障を確保しておきたい

といった方は、相応の保険を検討されることをおすすめします。

保障準備の手段として、貯蓄でカバーすることももちろん可能ですが、保険という手段を使いますと、もっと少ないご負担で準備できます。


<将来に向けての貯蓄>
毎月3万円を10年間貯めるのと、毎月1万円を30年間貯めるのとでは、払う金額は同じでも、後者は「長く運用できるため将来のリターンはより大きく」なります。

将来の年金についても不安な話題が多い今日この頃です。
ご自身での老後対策は若いうちから始めておくことをおすすめします。

そういった長期的な貯蓄に、少しづつ老後の余裕資金を準備するには、生命保険や年金保険が適しています。

また「所得控除の対象」にもなりますので税制面での優遇も受けられます。


上記内容を「毎月払える保険料」も含めご検討されるといいと思います。

大友 武

大友 武
ファイナンシャルプランナー

- good

リスクを考えてみましょう。

2006/11/27 15:37 詳細リンク

こんにちは。
このたびはご質問ありがとうございます。

なにかきっかけがあって、保険について考えるようになったのかもしれませんね。

生命保険は経済的リスクをカバーするために加入します。

そのリスクを大きく分けると、死亡リスクと、生存リスクになります。(今は生きていることもリスクなんですね。)

まず、死亡リスクですが、現在誰かを扶養しているということでしたら、即座に必要になります。
そうでない場合は、死亡時整理資金(お葬式代等)を準備できる金額でいいかと思います。

その後、結婚された場合は必要保障額は多くなります。
そのとき、無告知で保障額を増やせる商品もありますので、そのような商品で対応していくといいでしょう。

次に生存リスクですが、入院や介護状態の場合が挙げられます。
今は、まだ実感できないかもしれませんが、年齢を経れば、そのリスクが高くなることは、ご理解いただけるかと思います。

そのときの備えとして、一生保障が続くタイプの入院保険に加入するのもいいかと思います。

いずれにしましても、ご自身のリスクを考え、それを全部カバーしたいのか、一部カバーしたいのか等加味し、必要であれば、加入することも大事だと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

夫の生命保険について教えてください。お願いします。 リコピンさん  2012-03-17 18:33 回答3件
一時払いドル建て終身保険の加入を検討しています。 hokenwakaranさん  2010-09-01 12:36 回答5件
生命保険会社の運用先についての対策 ももんがっちさん  2010-02-09 10:43 回答6件
ドル建ての生命保険はリスク大ですか? biginerさん  2007-11-13 21:39 回答7件
夫婦の生命保険について こじこじさん  2007-06-13 22:46 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)