三人目を希望ですが、夫が42歳。教育費・老後資金が不安です。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

三人目を希望ですが、夫が42歳。教育費・老後資金が不安です。

マネー 家計・ライフプラン 2013/11/26 23:42

37歳主婦です。
4歳(幼稚園年少)と、1歳の娘、夫(公務員)と四人家族です。

可能であれば、すぐにでも三人目が欲しいと思っていますが、
夫は、下の子が二十歳になるときすでに定年を迎えていることが気がかりなようで、
さらにもう一人…となると、教育資金をためるのがやっとで、自分たちの
老後資金を作ることができないのではと不安に思っています。


もし子供を産んでも、一歳過ぎたら、託児に預けてフルタイムで働こうと考えていますが(たぶん年収250万位にはなるかと…)、一番上が小学4年生になった時、学童がなくなるためパートになるしかなくなります。


高齢出産では、教育資金は貯められたとしても、自分たちの老後資金はどのように貯めればいいのでしょうか?
家計診断も含めてアドバイスをお願いいたします。


【収入】
夫:手取り月給 30万 ボーナス:100万

【支出】(月額)
・住宅ローン 6.5万円 (ボーナス時 7万プラス)
・光熱費 1.3万円
・通信費 1万円
・幼稚園代 2.5万円
・食費 3.8万円
・外食費 1万円
・日用品 1.5万円
・被服 1万円
・車(車検時用の貯蓄含む) 2万円
・小遣い 3万円 (夫:2万、 妻:1万)
・他 1.5万円

≪保険≫
学資保険(長女:180万 次女:240万)
年金保険 11万(年払)
医療保険 夫婦で20万(年払)


住宅ローンは残32年・2300万円です。
私が働き出して、家計に余裕ができれば繰り上げ返済をして、せめて定年までに
返済し終わりたいと考えています。

現在貯蓄は500万ほど。 毎月の家計はギリギリで、ボーナスから毎回20万+αで
貯蓄をしています。
教育費として他に、毎月1万ずつと、児童手当はすべて貯めています。


教育費・住宅ローン・老後資金、どのようにして行ったらよいのでしょうか?

すずママさん ( 北海道 / 女性 / 36歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

15 good

3人目のお子さんについて

2013/11/27 09:44 詳細リンク
(5.0)

すずママさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『教育費・住宅ローン・老後資金、どのようにして行っていったら良いのでしょうか?』
につきまして、

すずママさんの場合、
1.現在、2人のお子さんがいて、これからかかる教育資金がいつ頃から幾らくらいかかるのか。
2.お子さんの教育資金との兼ね合いもありますが、繰り上げ返済を今後いつ頃からどれくらい出来るのか。
3.現在の生活費をもとに、ご夫婦で老後の生活費として、毎月幾らくらい見積もっておく必要があるのか。

などにつきまして、一度整理してみてください。

そして、今後見込める収入をもとに、
3人目のお子さんを出産しても、無事に家計が成り立っていくことを確認出来れば、
ご主人様もきっと、3人目のお子さんについても歓迎してもらえると思われます。

キャッシュフロー表を作成することで、
すずママさんが予定している今後のライフイベントの時期やライフイベント資金、
さらに生活費なども考慮して、
今後、見込むことが出来る収入をもとに、

・老後資金は幾らくらい必要になるのか。
・ご主人様が定年を迎えるまでに住宅ローンを完済するには、
どれくらい繰り上げ返済を行う必要があるのか。
など、将来のマネープランをご検討するにあたって、
ある程度の目途がたてられますので、
面倒でもキャッシュフロー表を作成することをお勧めします。

尚、多少費用がかかってしまいますが、
ご希望いただければ私でもキャッシュフロー表を作成できますので、
よろしかったら、私の『サービス』合わせてご参照ください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

繰り上げ返済
教育資金
住宅ローン
家計
キャッシュフロー

評価・お礼

すずママさん

2013/12/06 22:20

丁寧な回答ありがとうございました。
過去にライフプランニングをしてもらったことがあったので、三人目が生まれたら…というプラン表を自分なりに作成してみたりしていましたが、
住宅ローンの繰り上げ返済については、とにかく繰り上げして期間を短く!としか考えていなかったので、具体的にいつまでにいくらで何回返せば定年までに払い終わることができるか、
キャッシュフロー表作成とともに考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

渡辺 行雄

2013/12/07 10:51

すずママさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
京増 恵太郎 専門家

京増 恵太郎
ファイナンシャルプランナー

- good

教育費・住宅ローン・老後資金について

2013/11/27 11:46 詳細リンク
(5.0)

すずママさん、
ボーナスからしっかり貯蓄されていますし素晴らしい家計バランスだと思います。

教育費・住宅ローン・老後資金、気になりますよね。
金額と期間とピークを知って、どのタイミングで何をすればよいかプランしていくことが大切です。

教育費が大きくなってくるのは、すずママさんが49歳から58歳でピークが55歳の時です。
私立文系の場合の初年度の学費平均が230万円くらいなので、学資でしっかりと用意されていると思います。
さらに、もう一人お子さんが出来たときでは、お二人のお嬢さん同様の用意が必要になり、期間がその分伸びます。
この時期は、住宅ローンの繰り上げ返済は難しいかもしれません。
住宅ローンの繰り上げ返済の効果を考えると、なるべく早いうち(残高の多いとき)に実行した方が良いです。
借入金融機関でシュミレーションされてみると良いでしょう。100万円でも結構期間が短縮できます。
教育費が大きくなってくる、2025年までに数回実行できれば、定年までに完済できるように期間短縮できるかもしれません。

すずママさんも、フルタイムも視野に入れて働こうと考えているので、これによって余裕度はかなり変わってきます。
期間と予定収入を考慮しながらシュミレーションすればかなり精度の高いプランが出来ます。
扶養を外れない程度のパート収入でも、大きく変わってきます。

老後資金については、ご主人の退職を60歳として年金の支給年齢が65歳だとすると、この間の生活費を貯金からまかなわなくてはならないので、なるべく貯金を切り崩さなくてよいようにプランすることが大切です。逆に言えばここでの持ち出しを抑えられれば、老後資金としての原資を多く残せますからね。

気になった点としては、万が一の保障をどうされているのかという点と、年金以外の老後資金のための資産形成をどうされているのかという点です。今後の貯蓄プランの中に、銀行預金よりも利率の良い運用方法を組み込んでいけば、老後資金の安心につながると思います。ただし、そのためにはすずママさん自身に興味があって勉強してみようという気があればの話ですが。

具体的なアドバイスをするには、もっと詳しいお話を聞かなければお役にたてるアドバイスまでは出来ないのですが、今後の方針として参考になれば幸いです。

繰り上げ返済
シミュレーション
老後
学資

評価・お礼

すずママさん

2013/12/06 21:57

丁寧な回答ありがとうございました。家計について自信がなかったのですが、少し安心できました。今後はライフプラン・キャッシュフロー表等を自身で作成してみて、具体的なお金の流れを把握していけるようにしてみます。

今更ながら捕捉しますと、夫に万が一の時は、住宅ローンでの団信(八大疾病型)に入っているのと、職場での死亡保険にも入っています(毎年更新の共済・3000万)。
自分にも、収入保障保険というのに入りました(万が一の場合65歳まで、月10万支払い)。

あと、老後についての資産形成は、恥ずかしながら夫の年金共済のみで、他は何も行っていません。資金運用にも興味がないわけではないのですが、いろいろとありすぎて、何を勉強していけばよいのやら…という状態です。
もし何かこういうところを勉強していったらいいというものがありましたら、アドバイス等教えていただけるとありがたいです。

京増 恵太郎

2013/12/07 00:04

すずママさん、ありがとうございます。
さすが!です。補足を拝見してさらに関心しております。

老後の資産形成に関心を持ち始める時期としても、まだまだお若いのでいろいろな選択肢を持つことが出来ます。勉強などとおこがましいことを申してしまいましたが、興味・関心のある本やサイトを眺めているだけでもどんどん吸収されていくことでしょう。
私が読んできた本の中では、「内藤忍の資産設計塾」という本がとても勉強になりました。どこかで見かけたら立ち読み?してみてはいかがでしょうか?

回答専門家

京増 恵太郎
京増 恵太郎
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
FPアメニティ 代表

快適なくらしをいつまでも

ライフプランニングとリスクマネジメントを基盤としたファイナンシャルプランニング事務所です。

京増 恵太郎が提供する商品・サービス

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入のための家計診断をお願いします。 michellemamaさん  2015-03-05 14:59 回答3件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計診断お願いします 草大福さん  2014-02-06 16:01 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)