本当に好きなら婿に行くのでしょうか。 - 心の不安・性格改善 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

本当に好きなら婿に行くのでしょうか。

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2007/08/06 08:07

私の両親に、結婚を反対されて2年になります。反対の理由は、長男長女だからというのが大きなものです。父は、彼が若いころ長女の方を好きになったそうですが、長男ということもあり、その話はなくなったそうです。(つまり婿に行くほどは、好きではなかったということらしいです)その理由から、本当に好きならば婿に来るはずだ、といって譲りません。母も、「お前は長女なのだから、家を継いでくれると思っていた」と譲りません。彼も、私の両親をあまり好きではないので、私の両親が望むような行動をとってはくれません。私も、両親に嫌気が差し、家を継ぐ気はありません。その悩み(?)で母は精神的に不安定です。それを父は私のせいにします。私は両親とは最近は連絡を取っていません。それも両親が腹をたてる理由のひとつです。母の精神的に不安定なのも私のせいなのでしょうか。どのように両親に話をしたら納得してもらえるのでしょうか。

補足

2007/08/06 08:07

お忙しい中、お返事ありがとうございました。
私の場合、一つ目の「名前を残す」ということにこだわっています。
たとえ嫁に行っても、私たちの子供に名前を継がせる、というようなことも両親は言っているのですが、それはこどもにとってはどういうものなのか、想像がつかなく、決心がつきません。

「名前を残す」ことにこだわる裏には、なにかあるのでしょうか。

umekichiさん

回答:2件


問題を小さいパーツに分解してみよう!

2007/08/08 22:26 詳細リンク
(4.0)

「家を継ぐ」 重い言葉ですね。重くて、大きいこの問題に、umekichiさんは、もう2年も向き合っておられるのですね、大変だと思います。

ところで、この大きな問題も実は小さなパーツから出来ているのではないでしょうか?

家を継ぐことは、
戸籍上にその家の姓を残すこと でもあり、
お墓を守ること でもあり、
親と一緒に暮らすこと でもあり、
財産を引き継ぐこと でもあるでしょう。
さらには、その地域での家の評判を守ることなども含めて、たくさんの事柄(要素、パーツ)から、「家を継ぐ」という概念は、成り立っていると思います。

でも、お父さまもお母さまも、その全てをumekichiさんに、完璧に引き受けてもらいたいと思っていらしゃるのでしょうか?
お父さま、お母さまそれぞれに、大切にしているパーツ(要因)がいくつかずつあるだけかもしれませんよ。

大切にしているパーツ(要因)がわかれば、それをどのように乗り越えて行くか、彼と具体的に考える余地も出てくるのではないのでしょうか。

ご両親は、いくつかの要因(パーツ)に、こだわられていて、それを守ってくれるだけで、「家を継いでくれた」との思いを持たれることも。

多くの時間と労力、心のエネルギーが必要かと思われますが、まずは問題を小さいパーツに分解してみませんか?

補足

「名前を残す」ということへのこだわりについて、ご両親と直接お話をしていないので、あくまでも一般的に考えた上でのことですが、「今は、そういう時代ではないのだから・・」などという説得では、納得できないほど、ご両親には、「べき」「ねばならない」という思いが、お強いのかもしれません。

では、なぜ「名前を残す''べき''」との強い思いをお持ちなのか。

それは、そのことが、お父様とお母様の関係性や、お二人の生き方に関わっている可能性が考えられます。

「名前を残す''べき''」というお二人のお気持ちの背景を、丁寧にじっくりと聞かせてもらう臨床心理士などの専門家のサポートが有効かもしれません。

お気持ちがご両親になかなか伝わらず、本当に苦しい思いをされていると思います。もしかすると、「名前を残すべき」という思いから脱するために、両親も苦しんでいるのかも・・と想像していただくことで、お気持ちがほんの少しでも楽になられればと思いまして・・。

評価・お礼

umekichiさん

お忙しい中、ありがとうございました。
自分の気持ちがなかなかうまく伝わらず、苦しいです。
暑い日々が続きますが、お体に気をつけてください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


個人的な体験ですが…

2007/08/11 11:33 詳細リンク

こんにちは、umekichi さん。 医師の坪田聡です。

専門家としてではなく、一個人としての体験談のシェアです。

私も以前、両親に結婚を反対されたことがありました。 相手の職業が気に入らなかった為です。 いろいろ努力しましたが、半年ほどして突然、婚約者に逃げられてしまいました。

この経験のあと私は、「自分の人生は自分で決める」事を信条としています。

あなたも自分を大切にされて、思いを果たされることを応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

自分の価値観は狭いでしょうか? ルチルスカイさん  2015-07-14 00:16 回答1件
両親の身勝手な行動と確執 孤独なうさぎさん  2013-07-10 08:21 回答1件
不安と恐怖心 たなかしずこさん  2013-05-05 03:07 回答2件
不眠症、気持ちが沈む。。 すまいる77さん  2008-09-10 15:55 回答1件
パーソナリティ障害なのでしょうか? ねこ88ねこさん  2008-06-29 03:43 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

対面カウンセリング

心療カウンセリング・キャリアカウンセリング

小柳 義朗

吉祥寺心療カウンセリングセンター

小柳 義朗

(シニア心理カウンセラー)

対面相談

対面カウンセリング初回60分 【女性限定】

あなたの絶対的な味方になります。どうぞ安心して何でもお話しください。

藤井 雅子

メンタルエステ ココロの部屋

藤井 雅子

(心理カウンセラー)

セミナー

「体と心の声を聴く」 フラワーエッセンスワークショップ

ワイルドフラワーエッセンスの耳ツボセラピー&ハートの瞑想

本多 由紀子

OFFICE LAMP

本多 由紀子

(ホリスティックケアセラピスト)