資産運用について - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産運用について

マネー お金と資産の運用 2012/09/17 00:48

20代前半の男です。

M&Aでの会社の売却益で現在6000万円ほどの預金があります。
使う予定は今のところないので、運用した金利などで小遣い稼ぎ程度になればいいと思っているのですが、どうするのが良いのかわかりません。
銀行や証券会社に行ってみたり、自分でも定期預金や投資信託、FXなど少し調べてみましたが、選択肢が多く判断できかねています。

数年後にまた会社を作るなど、ある程度まとまった資金が必要になったときにために、多くて2000〜3000万ぐらいの運用であまりリスクを取らずに、長期間固定されない商品で年間50万ほどを稼ぐことは現実的でしょうか。

まさよし。さん ( 東京都 / 男性 / 25歳 )

回答:3件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

長期固定されない商品について

2012/09/17 14:18 詳細リンク

まさよし。様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご質問の件、数年後にまた会社を作る、長期固定されない商品、との前提であれば、保険や不動産による運用は、不向きなので、お書き頂いた通り、定期預金や投資信託、FXなど、流動性の高い金融商品に限られてくると思います。

あとは、中途半端に、年間50万ほどを稼ぐ必要があるのか、という点も冷静に考えてみてください。

運用目的が、数年後にまた会社を作る資金ということであれば、銀行預金などの流動性資産に、預け先を分散して、置いておくのが、無難な可能性もあります。

ただし、その間、急激に円安、インフレが進行していくリスクもまったくないわけではありません。

資産価値を保全するという趣旨であれば、円安、インフレにも対応できるタイプの投資信託を部分的に活用していくのも、ひとつの選択です。

もちろん、その場合は、価格変動のリスクを伴いますし、投資信託の手数料も掛かります。

なお、投資信託は、タイプによって、リスク(振れ幅)の傾向が異なります。

この点は、投資信託の評価会社が、リスクレベルを5つ星で評価したりしていますので、そういった情報も参考にしながら、総合的に判断してみてはいかがでしょうか。

他には、運用期間が1~3年程度の債券で運用していく選択などもあるかと思います。

もし、個別具体的なご相談が必要であれば、個別に承ります。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

森本FP事務所
http://www.morimoto-fpj.com/

商品
相談
ファイナンシャルプランナー
投資信託
選択

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

- good

資産運用につきまして

2012/09/17 04:10 詳細リンク

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。

投資金額2,000~3,000万円で年間50万円の収益とすると、
年利回りは約1.7~2.5%となります。

この利回りを満たし、かつ元金保証と流動性を確保できる運用方法は
現在のところ見当たりません。
そのため、この収益率を求める場合はリスクを取ることになります。

リスクを取る場合には、以下の手順で検討します。

期待収益率とリスクは、色々な資産の組合せ比率によって決まります。
1.7~2.5%の期待収益率を満たす資産配分の内、
リスクが最小となる配分比率を計算します。

そして、そのリスクが自分で許容できる範囲内かどうかを確認することになります。

例えば、期待収益率が2.5%の場合、
リーマンショックのような最悪な状況が発生すると
6~7%の値下がり率が見込まれるとしましょう。
この場合、3,000万円投資していた場合は、
180~210万円程度の含み損が発生する可能性があります。
この含み損が、許容範囲内か否かで投資の是非が決まることになります。

期待収益率とリスクは、それを計算する人によって違います。
一度、ファイナンシャルプランナー等にご相談され、
期待収益率とリスクの組合せを計算してもらわれてはいかがでしょうか。

山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

ファイナンシャルプランナー
資産運用
投資
自分年金積立のアブラハムプライベートバンク奥村

自分年金積立のアブラハムプライベートバンク奥村
投資アドバイザー

4 good

リスクの少ない資産運用

2012/10/23 15:07 詳細リンク

はじめまして、アブラハムプライベートバンクの奥村と申します。

リスクの少ない資産運用をご検討とのことですが、
日本の投資信託やFXなどは、リターンが見込めず、実はリスクが高い運用方法です。

長期間で運用された方が、リスクは低く抑えることができますが
不況の状態でも絶対リターンを求め、プラスを出す運用方法も、世界にはございます。
(例えば、リーマンショックの年でも+33.2%の成績を残したファンドなど)

長期固定されない方が良いとのことですので、まさよし様のご要望にマッチした
資産運用方法を詳しくご回答するため、一度詳細を教えていただければ幸いです。

お気軽に、下記URLからご連絡くださいませ。
http://abraham-bank.com/

資産運用

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

初めての資産運用 おコメさん  2010-01-19 12:11 回答4件
繰り上げ返済か分散投資か? 翔子さん  2015-01-27 13:51 回答3件
投資信託か変額保険を検討中 yahho0392さん  2014-12-27 21:47 回答2件
投資信託のリバランスについて ブラックロックさん  2013-12-08 18:46 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)