国民年金の追納をすべきかどうかアドバイスをお願いします。 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民年金の追納をすべきかどうかアドバイスをお願いします。

マネー 年金・社会保険 2012/09/16 09:42

国民年金の追納について、すべきかどうかアドバイスをお願いします。

今日、年金機構から追納期間延長に伴う納付推奨の手紙が来ました。
私の事例において、追納についての理解が合っているかどうか、

また、皆様ならば追納するか否か、アドバイスを宜しくお願いいたします。

現在30歳 会社員 追納するだけの余裕資産はある。
H14-18の間は大学に在籍していたが、学生控除も申請せず未納していた。
H19年4月に就職以降は厚生年金とともに納付を続けている。

今回届いた書類によると、

◎追納金額
H14年度 6か月分 89,640円
H15年度 12か月分 176,640円
H16年度 12か月分 174,120円
H17年度 12か月分 174,120円
H18年度 12か月分 175,320円

◎1か月分の追納により年額1,638円増額される

以上より、
未納54か月分を全て収めたとすれば、合計789,840円の支払いで年額88,452円の増額が受けられる。
また所得税控除(年収900万円を超え1,800万円以下のため課税率33%)を受けると、実質608,176円の支払いになる。

⇒受給開始後7年以上(72歳以上)生きれば元が取れる、と理解してよいでしょうか?
まず、この点について理解が誤っていたらご指摘下さい。

また、追納することによるその他メリットはあるでしょうか?
そして年金制度の将来性を考えると、私は追納はすべきでしょうか?

勉強不足で恐縮ですがご教授宜しくお願いします。

會川さん ( 東京都 / 女性 / 27歳 )

回答:1件

三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

- good

後納制度を利用して大きな節税になります

2012/09/16 17:48 詳細リンク
(5.0)

會川さま

国民年金(基礎年金)の後納をお考えとのこと。

来月平成24年10月1日より3年間の時限処置で
年金を受けられない人を救済する目的で開始される年金後納制度。

會川様のご記載の通りで基本的な考えは合っております。

1点追加するとすれば所得控除は住民税(10%)にも適用されますから
実質負担はもう少し下がりそうですね。

今までは2年しか追納できませんでしたが(学生特例は10年)
今回を機に納付するにはチャンスですね。

また学生時代に納付していた場合は国民年金保険料が所得控除になっても
そもそもの大きな所得が当時なかったと思います。

ですので、今回を機にまとめて納付することで大きな所得控除が生まれ
本来は受けられなかった「節税」になりますね。

ですので未納分の保険料増加分を考えても後納による節税(現在の所得高)で
「実質得」したことになります。


今後の年金制度ですが、こればかりはなんとも言えません。
現役世代が高齢者を支える今の制度では限界が訪れるでしょうし
将来的には「税方式」になるかもしれません。

ただ、いずれにおいても多く払っている人には当然アドバンテージは
できると思いますから、今回の後納制度を利用して納付することをお勧めします。

ご参考になりましたら幸いです。


株式会社FPリサーチパートナーズ
http://www.fp-research.jp/

学生
年金
国民年金
住民税
控除

評価・お礼

會川さん

2012/10/29 23:19

とても参考になりました。ありがとうございました。

三島木 英雄

2012/11/01 17:56

ご評価いただき有難うございます。
社会保険制度、今後の税制などは大きく変わりますので
何か疑問があればまたご質問下さいませ。

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

三島木 英雄が提供する商品・サービス

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

対面相談

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

学特分の国民年金を追納すべきか konchiさん  2012-04-08 11:07 回答1件
時給アップと社会保険加入とどちらが良いでしょうか OKAPHIRさん  2010-01-26 20:54 回答1件
遺族年金受給者を扶養に入れることについて Sutherlandさん  2012-03-05 18:39 回答1件
失業保険の受給と夫の扶養に入るタイミング ばると1204さん  2010-11-05 13:10 回答1件
厚生年金基金について ことこさん  2008-07-28 13:26 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

非上場株式売却の節税相談

上場株式だけでなく、非上場株式にも節税方法はあります

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)