繰り上げ返済(完済?)について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

繰り上げ返済(完済?)について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/08/30 09:06

共働きで家を購入し夫、妻どちらも住宅ローンを組んでおります。(7年目)今回ある程度貯蓄ができたので妻方のローンを繰り上げようとおもっています。残債は当然私(夫)が多く妻は少ないです。ふんばれば妻の方完済できそうなくらい資金があるのですが・・・
ここで質問なんですが、この場合
1、妻のローンを完済する
2、夫の方も繰り上げして妻方も多少ローンを残す
3、妻のローンを繰り上げにしてギリギリまで返済し3カ月くらいローン残す(手数料の関係)
4、貯蓄を継続
のどれが一番良作でしょうか?ちなみに変動金利で30年で借りてます。
よろしくおねがいします。

サリューさん ( 岩手県 / 男性 / 42歳 )

回答:2件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

あくまでライフプランを主体に考えましょう

2012/08/30 16:50 詳細リンク

サリュー様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご質問の件、住宅ローン控除の状況にもよりますが、一般論として、手元資金に余裕がある場合は、繰上げ返済を行うのが有利といわれています。

変動金利でローンを組み、仮に、手元資金を預貯金のみで運用する場合は、あればあるだけ繰上げ返済に充てた方が有利という計算になります。

ノーリスクで、浮く利息分お得になります。

ただし、繰上げ返済は、あくまでライフプランを主体に考えるべきだと私は思います。

例えば、すべての手元資金を住宅ローンの繰上げ返済に充てたあとに、教育資金が足りない、新車が欲しい、投資をしたい、事業を始めたい、大病を患った、といった展開になった時に、また改めて、住宅ローンよりも何倍も高い金利でお金を借りなければならなくなるかもしれません。

この点が、落とし穴です。

たくさん繰上げ返済をすれば、その分、老後資金に余裕が出ますが、今の生活にギリギリ感が出てしまっては、何のための繰上げ返済かよく分かりません。

繰上げ返済は、一見、お得感がありますが、若い頃に使えるお金の価値と、老後のお金の価値は、本当に同じなのかという点も考慮してください。

住宅ローンは、上手く利用することで、人生を豊かにできるツールですから、あくまでライフプランを主体にバランス感覚のある返済計画を立てた方がよいと思います。

実際、過大な繰上げ返済を後悔する方はいます。

なお、1~4に関しては、夫のローンを妻の資金で返済すると、贈与税に関係してきますので、その点は、注意してください。

以上、ご参考になれば幸いです。

補足

文面を読み違えていましたが、妻のローンを夫の資金で返済する場合も同様に贈与税に関係します。

質問
ファイナンシャルプランナー
運用
ライフプラン
住宅ローン

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

1 good

良くない状態も考えた上で返済を・・・

2012/08/30 14:27 詳細リンク

はじめまして、サリューさん。
FP事務所 マネースミスの吉野です。


今回は、ご夫婦お二人で住宅ローンを組まれており、ある程度、貯蓄が出来たので繰り上げ返済をお考えという事ですね。


サリューさんが、お考えの4つの案に対して、どれが良いかという事は言い難いと思います。


サリューさんの家計状況や現在の貯蓄、残債などの条件によって、どういった方法が良いかが見えてくると思います。


今回は、繰り上げ返済に対しての考え方について、お答えしておきたいと思います。


繰り上げ返済する場合は、手元に緊急予備資金として余裕資金をある程度、確保しておくことをお勧めします。
ある程度というのは、生活費の3か月分から6か月分が目安ですが、これも多少は大目にお考えになって降りた方が良いと思います。


また今回は住宅ローン控除との兼ね合いもお考えだと思います。

完済した場合と一部繰り上げ返済をした場合の、節税効果も計算したうえで、どちらかをお決めになられると良いと思いますが、完済した場合には、その後の返済額が貯蓄に回りますので多少は運用に対する利益が出てきますね。


今後も貯蓄をされるというお考えもあるようですが、預貯金や定期などの低い利回りのものですと住宅ローンの利息と利子の相殺分はメリットがあるとは思えません。
利回りの良いもので運用されているのであれば、手元に資金を残しながら、ローン分の利息は相殺していけると思います。


一番大切なのは、繰り上げ返済をして手持ち資金が少なくなり、思いもよらないことが起こった時に、どうにもならなくなる事です。

また今後生活費や教育費などが増えていく可能性があるのであれば、返済額を少なくするような繰り上げ返済も考えられます。


こうしたことを踏まえた上で、将来のお金の流れをシミュレーションしながら、繰り上げ返済をされると良いでしょう。





FP事務所 MoneySmith
吉野 裕一
http://moneysmith.jimdo.com/

シミュレーション
余裕資金
住宅ローン
マネー

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
適正な住宅ローンに関して katou_2012さん  2013-03-19 01:48 回答2件
住宅ローン審査について manakanaさん  2012-12-06 14:07 回答1件
住宅ローンの兄弟間売買、審査について kumasan0904さん  2012-04-30 00:23 回答1件
56歳からの住宅ローン beyan_age53さん  2012-02-15 16:32 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)