住宅ローンの支払い方法と借り換えについて教えてください。 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの支払い方法と借り換えについて教えてください。

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/05/23 21:08

子供が生まれたのを契機にマンションをなんとなく買ってしまいました。
その、【なんとなく】が不安にかわりはじめたので質問させていただきます。

現在主人38歳、私32歳、息子3歳
主人の月収100万円~85万円(手取り52万円~60万円)
ボーナス年2回 各120万円程度支給
私のパート月収5万円程度

の状況で21年に81,500,000円のローンを35年ローンで組みました。
変動金利 0.775% 月々15万円程度 ボーナス時60万円の支払い計画です。

正直、子供が小さいこともありまだ逼迫まではしておりませんが
私立小学校などにいくようになれば、今から計画的に貯蓄をしなければいけない
状況です。当然のことながら、DINKS時代のように自由にお金はつかえなくなり
旅行なども年に一度程度に控えています。
お金のことをようやく真剣に考えるようなってきましたので
ご教示くださると有難く存じます。


・特にお伺いしたいのは、私たちのような家計ではこのマンションという買い物は
無謀だったのでしょうか?
であれば大きく損失がでないうちに売却すべきでしょうか。

・金利上昇にそなえて、固定金利にきりかえる場合
返済金額と返済計画自体はどうなるでしょうか?

・住宅減税の対象ということふまえつつ、変動金利のまま返済をつづける場合
繰上げ返済をするならば、まずおいくら返すのが有効でしょうか?
(といっても、まだ返済にあてられるのは500万円程度しかありません)

試算が苦手で、稚拙な質問になってしまい恐縮ですが宜しくお願いいたします。

こひーちゃんさん ( 東京都 / 女性 / 31歳 )

回答:4件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

住宅ローンの支払い方法と借り換えについて

2012/05/24 09:26 詳細リンク
(5.0)

こひーちゃんさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『特にお伺いしたいのは、...無謀だったのでしょうか?』
につきまして、

こひーちゃんご夫妻のふたり合わせた手取り月収金額を60万円とした場合、
ボーナス返済分も毎月の返済分に戻した場合のローン負担割合は、
37.5%ほどとなりますので、

相当に高い水準になってしまっています。

尚、こひーちゃんさんのご主人様の収入も高額となりますので、
決して返済していくことが出来ないということにはなりませんが、
住宅ローン負担で家計が圧迫される水準となります。

特に、今後お子さまの教育資金負担が増加していく時期を迎えた時や、
変動金利ということもあり、
今後ローン金利が上昇した場合には、
借入金額が多い分、
毎月の返済額の増加額も決して少ない金額では済まないと思われます。

『金利上昇に備えて、固定金利の切り替える場合、
返済額と返済計画事態はどうなるのでしょうか?』
につきまして、

こひーちゃんさんの場合、
現在利用している変動金利でも、
手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合が、37.5%ほど担っていますので、
これから固定金利に借り換えを行った場合、
固定金利の方がローン金利が高くなる分、
手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合が上昇してしまうことになります。

『住宅減税の対象ということを踏まえつつ...繰り上げ返済をするならば、まず幾らくらい返すのが有効でしょうか?』
につきまして、

繰り上げ返済を行うのでしたら、
繰り上げ返済に充てる資金につきましては、
多いに越したことはありません。

今後、3年程度で予定しているライフイベント資金を考慮したうえで、
返済資金を確定するとよろしいと考えます。

尚、繰り上げ返済資金につきましては、
原則として借入元本に充当され、
それに対応するローン利息をそっくりそのまま差し引くことができます。

そして、毎月の返済額につきましては、
返済当初も後からも同額でも、
返済当初の方が毎月の返済額に占めるローン利息の割合が高くなっていますので、
その効果も大きくなります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

相談
住宅ローン
借り換え
教育資金
家計

評価・お礼

こひーちゃんさん

2012/05/26 00:45

早速のご回答ありがとうございます。
モヤモヤしていたお金にかんする心配は、細分化して
冷静に考えることがやはり大切だと再認識いたしました。

ちなみに、3年間賃貸にまわし
収入 月30万円程度×3年程度
支出 管理会社への支払い 賃貸料の5~8%
固定資産税など
賃貸に回している間は、節約生活に徹するというプランが浮上しております。

機会があれば、個別のご相談にもうかがいたいのですが
その場合の基礎資料としては、何を用意すればよろしいでしょうか?
収入把握資料のほか、住宅ローン、保険・個人年金、
貯蓄、確定拠出、支出データ等が頭には浮かびました。

渡辺 行雄

2012/05/26 09:14

こひーちゃんさんへ

お返事いただきありがとうございます。

『機会があれば、個別のご相談にも伺いたいのですが、
その場合の基礎資料としては、何を用意すればよろしいのでしょうか?』
につきまして、

1.住宅ローンのご相談でしたら、
利用している返済予定表、あるいは購入資金計画表
をご用意ください。

2.保険のご相談でしたら、
生命保険に加入している場合は保険証書の写し、
これから加入する場合は、保険に加入する目的だけ明確にしておいてください。

3.確定拠出年金のご相談でしたら、
勤務先で利用できるファンドが分かる資料と、
各ファンドごとに今までの運用実績がわかる資料をご用意ください。
(パソコン画面からプリントしても結構です。)
などとなります。

尚、ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

最後は自分の会社の宣伝になってしまいましたが、
こひーちゃんさんからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

2 good

住宅ローン

2012/05/25 02:50 詳細リンク

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

ご質問の件ですが、ローンの借入額がかなり高額ではありますが、将来、売却を考えると購入時に自己資金はどの程度の額を支払われたのか気になるところです。
自己資金が過少ですと、売却の際に不動産市況によってはローン残高の方が売値より大きくなることもありますので…

で、金利選択は当然ながら変動金利ですが、ひとたび金利上昇になると返済額がグッと上がって厳しくなる可能性もあります。
当然、管理費、修繕積立金、駐車場代などの固定費をプラスしていくわけですから、家計に余裕もなくなってきます。
この点は注意しておく必要があります。

また、このマンションにはいつまで居住するかも考える必要があります。

35年間、ご夫婦で70歳近くまで住み続けると、今のローン金利での総返済額は約9,300万円、管理費等を月3万円とすると35年で1,260万円、2つ合わせると10,560万円という金額を支払うことになります。
ここに、金利上昇や修繕金の割増、管理費のアップを足しこむとかなりの額を支払うことになります。
こう計算すると、すごい金額ですごい買い物をしたことがわかります。


最悪のシナリオは金利上昇、消費税アップとなると、居住費に回せるコストを極力減らす方が増えます。
そうなると、不動産購入が全般的に控えられたり高額物件は売れなくなる場合もあります。

ですから、もし売却もお考えになる場合にはタイミングが重要でしょう。

家計と気持ちに余裕のある生活をされるのであれば、売却の想定、ローン借り換えなど色々な面での見直しは必要でしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

尚、個別のご相談や詳しい説明をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

アネシスプランニング
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/

マンション・一戸建て内覧会 同行サポート 受付中!
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/free/free/tabid/158/Default.aspx

住宅ローンや保険の見直し個別相談会 開催!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.allabout.co.jp/s/s-3327/

マンション購入&注文住宅建築サポート 受付中!!
詳しくはこちら ⇒ http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/tab6/tabid/60/Default.aspx

住宅ローン
借り換え
見直し

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

植森 宏昌 専門家

植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

3 good

住宅ローンの返済比率について

2012/05/29 04:31 詳細リンク

初めまして、こひーちゃん様。アイスビィの植森宏昌です。

文中にあります、無謀だったのでしょうか?についてですが、実際の家庭環境を見ていませんので正確にはお答えできませんが、数字だけ見れば少し厳しいと言えますね。
現状だけを考えれば、金利も低く、収入も安定しており、何とかやって行けてる状況かとは思いますが、今後の金利上昇やお子様の進学等のライフスタイルの変化に一瞬の内に厳しい状況に陥る様には感じます。

又、金利上昇に備えて、固定金利の切り替えについても、今の金利水準が低すぎますので固定金利の方が長い目で見れば良いとは思いますが、元々、固定金利の方が金利自体高いので、現状より負担が増えますので、より家計が苦しくなると思われます。

そうなってくると、1番、現実的な方法としては、言われてる様に繰上げ返済かも知れませんね。金額等についてはご自身のライフイベントに伴う必要資金をしっかりと見据え金額を決めて行くべきでしょうね。銀行に因っては、インターネットからなら少額の資金から手数料無しで返済できる所もあります。

もし、ご不明な点等がございましたら、弊社までいつでもご相談下さい。弊社には東京支社もございますので面談にて対応させて頂けると思います。

東京
銀行
住宅ローン
返済
家計

回答専門家

植森 宏昌
植森 宏昌
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

植森 宏昌が提供する商品・サービス

セミナー

出産、マイホーム、老後などの人生設計

ご自身に合った最適な住宅ローンとは?

山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

2 good

住宅ローンの支払いと借換えにつきまして

2012/05/24 07:10 詳細リンク
(4.0)

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。

今抱えている不安は、
将来のキャッシュフロー(お金の収支)が漠然としていることに
起因しているように感じます。

この不安の解消には、
現状のまま進んだ場合のキャッシュフローをまず見積もること。
そして、
・住宅ローンの繰上返済
・教育費用の貯蓄
・老後資金の確保
・無駄な支出の削除
これらに対して対策を立て、
対策後のキャッシュフローを再度見積もる。
このような作業をした上で、
現在の住宅ローンが過大であるか否かを検討されてはいかがでしょうか。

住宅ローンは手取収入の25%以内が安全圏といわれています。
しかしこれはあくまで一般論です。
各ご家庭の実情を基に点検されるべきです。

繰上返済についてのご質問ですが、
繰上返済は教育費との兼ね合いが重要です。
まずは教育費のための貯蓄を確保したうえで、
可能な繰上返済プランを考えましょう。

固定金利への借換えについては、
金利タイプや金融機関の選択、
借換え後の家計への影響や家計の改善等を踏まえ、
総合的に検討する必要があります。

これら作業を効率的に進めるため、
一度お近くのファイナンシャルプランナーにご相談されることをお勧めします。

山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

ファイナンシャルプランナー
住宅ローン
教育費
家計
キャッシュフロー

評価・お礼

こひーちゃんさん

2012/05/26 00:24

早速のご回答ありがとうございます。
こちらの提出情報が少ないにも関らず、建設的なアドバイスありがとうございました。

モヤモヤしていた心配事を前向きに捉えることが
できそうです。
少しですがベクトルが見えてまいりました。


機会があれば、個別のご相談にもうかがいたいのですが
その場合の基礎資料としては、何を用意すればよろしいでしょうか?
収入把握資料のほか、住宅ローン、保険・個人年金、
貯蓄、確定拠出、支出データ等が頭には浮かびました。

(現在のポイント:9pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンに伴う家計の不安 komomomoさん  2010-02-24 15:37 回答3件
退職金完済での住宅ローン ヒデ1966さん  2009-08-01 23:50 回答5件
住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)