不動産仲介業者の説明に虚偽があった - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

不動産仲介業者の説明に虚偽があった

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/12/09 19:01

今年7月に一戸建て建売住宅を購入しました。
一般の自営の方が転売目的で建てられた家を、不動産仲介業者が間に入って購入したものです。
裏には高さ10mを超す崖があり、その崖までウチの土地・・・とは知っていたのですが、宅地部分の隣との境界線を上に延長したところが上の境界線・・・と何度も説明されていたので、隣の家は隣の家の崖を持っているのだと思いこみ、それを鵜呑みにしていて確認もしませんでした。
(法務局の土地区画の図面のコピーも確認していなかったということです)
ところが、最近になって固定資産税の問題があり、市役所の方が見に来られた際に、隣の裏の崖までウチの持ち分ということが判明し、ショックを受けております。
崖くずれの危険性を考え、ウチの裏の崖部分だけでさえ、再三にわたり不動産屋に不安を話していたというのに、さらに他人の家の裏の崖までウチのものだったなら、この家は購入しなかったのに!と思って怒りがこみ上げます。

この場合、売主さんには非がないのはわかりますが、こちらが図面を自ら読み取れていなかった・・・と泣き寝入りするしかないのでしょうか?
仲介業者が確認を怠たり、適当な説明をしていたという点を訴えたりはできないものでしょうか?

naoriny23さん ( 福岡県 / 女性 / 47歳 )

回答:1件

土地の境界について媒介業者の説明に虚偽があったのですね。

2010/12/10 08:08 詳細リンク
(5.0)

はじめまして。

「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」
代表者、不動産コンサルタントの松本です。

気づいた点につきまして、書かせていただきます。

私どもも宅建業を兼業しているため、
媒介業者における不動産取引の手順については、
細心の注意を払わなければならない事を実感しております。

買主のあなたがお住まいになる一戸建て住宅について、
媒介業者が行わなければならない調査を、
怠っていた可能性が高いように考えております。

売主から聴取して行う当該一戸建て住宅についての内容確認、
現地における調査、公簿等による調査などが、
適切に行われていなかったのではないか。
そのように考えられる事案のように思われます。

境界については、
後になって紛争が生じることが多いことから、
隣地所有者に立ち会うことを求めて、
境界確認を行っておくことにより、
売買の対象となる不動産の範囲を決めます。
売主にも一定の責任があると考えています。
買主に対して、境界を明示することなどを、
認識させる責任を負っています。

市役所の固定資産税担当者が、
現地調査を行って、簡単に判明したのであれば、
媒介業者の調査不足は否めないように思います。

媒介業者が所属している団体、もしくは、
宅建業者を管轄している行政庁、
福岡県庁の建築指導担当課へ、
相談されてみてもいいように思います。

今一度、購入の経緯を時系列に整理したうえでご確認ください。
重要事項説明書や売買契約書、それらの書面交付時に、
添付されていた書類や手渡された測量図や公図などがあれば、
よく確認されてから、相談されたほうがいい。
そのように考えております。

少しでも、あなたのお役に立てていれば、幸いです。


「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」

代表者 不動産コンサルタント 松本 仁孝

補足

調査
境界
売買
確認
不動産

評価・お礼

naoriny23さん

2010/12/10 09:13

お忙しいところ、ご回答いただき、ありがとうございました!

さっそく教えていただいた団体に相談してみようと思います。


こちらの落ち度もけっこうあるとは思っていますが、本当に途方に暮れているので ご助言いただき、助かりました!

松本 仁孝

2010/12/10 09:21

評価くださいまして、ありがとうございます。

あなたが感じている「落ち度」が、
どの程度なのかを考えて、整理されてから、
相談していただきたいと思っています。

あなたの「助かりました!」の言葉に、
私のほうも、助けられたように感じています。

ありがとうございます。

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
(大阪府 / 行政書士)
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

土地の越境部分について 悩みすぎさん  2012-04-19 16:41 回答1件
土地の通行権トラブルについて yustさん  2014-05-13 17:28 回答1件
共有物分割請求と損害弁償について トラブル相談さん  2013-05-29 23:47 回答1件
兄弟間の不動産の名義変更 yuichanpapaさん  2012-08-12 03:00 回答1件
共同名義の自宅 おかねだのみさん  2011-03-25 09:22 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)