メンタルヘルス管理システム構築について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中西 史子

中西 史子
ビジネスコーチ

2 good

メンタルヘルス管理システム構築について

2010/07/07 18:39

企業が果たすべき「安全配慮義務」つまり、従業員の健康を企業側が配慮することは
今や企業の社会的責任(CSR)や企業の健康管理責任(CHR)として
企業のあるべきしくみとして整備してゆかなければなりません。

メンタルヘルスだけに限らずともこのような健康管理システムを構築するポイントとしては

・従業員の心身の健康を願う活動       (企業のリスクマネジメントではなく)
・既罹患者については、再発の予防が最大の目標(本人希望があっても時期尚早な復職は厳禁)
・従業員ひとりひとりの能力を活かすという発想(牽いては企業の生産性拡大に結びつく)

これらの理念が企業側と従業員側で共有できていることが成功のポイントで
その上で様々な制度を整備してゆきます。

まず、就業規則の見直しは、有給、欠勤、休職の概念の整理から始めます。
例えば「休職」は従業員が自分で決定するものではなく企業側の「休職発令」によるものです。
さらに人事部、主治医、産業医や産業保健スタッフとの連携、情報伝達ルールを整備します。

これは「個人情報保護」に配慮しながら「精神科医師など専門家によるオピニオン」をふまえた
適切な判断を企業の責任として行うためです。

例えば、復職時は上司や人事部の一存で決定するのではなく
「復職判定委員会」を開き「復職プログラム」を策定し審議にかけなければ
判断を下した個人に責任が問われ、「安全配慮義務違反」による多額の損害賠償の
支払い義務が発生する場合があります。

また予防の観点で、管理監督者に「メンタルヘルスマネジメント研修」を受講させます。
教育の機会を与えていなかった場合、企業が安全配慮義務を果たしておらず、有事の際には
損害賠償の対象となります。

以上のように企業が行えるべき対策は数多くあります。事例化した場合は数ヶ月〜半年遡って検証されますので、1日も早く対策を始めましょう。


中西史子

メンタルヘルス
復職
休職
研修
精神

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

メンタルヘルス対策として、企業が用意すべき制度は?

法人・ビジネス 企業メンタルヘルス 2009/04/16 14:58

中小企業で労務管理を担当しています。最近、うつ病やメンタルヘルス上の問題を抱える社員が増えてきています。一般的な休職制度などは設けているのですが、精神不安定で業務効率… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

メンタルヘルス対策 本田 和盛(経営コンサルタント) 2009/05/07 22:38
メンタルヘルス対策と予防 下部 陽一(メンタルヘルスコンサルタント) 2010/06/10 14:33
規則や制度では根本的に解決できません 別役 慎司(ビジネススキル講師) 2010/05/27 13:07
次の休職者を出す前にしておきたい、4つのこと 根岸 勢津子(メンタルヘルスコンサルタント) 2010/05/28 14:47
まずは、企業のポリシーを決めましょう! 武神 健之(メンタルヘルスコンサルタント) 2010/06/10 11:48

このQ&Aに類似したQ&A

労働過多気味な職場のメンタルヘルスケア 専門家プロファイルさん  2010-08-26 17:48 回答1件
復職支援のカウンセリングはある? 専門家プロファイルさん  2010-07-28 13:26 回答3件
従業員カウンセリングの効果的な方法は? 専門家プロファイルさん  2010-08-17 14:57 回答2件
メンタルヘルスを崩した社員への休職の奨め方 専門家プロファイルさん  2010-07-28 13:25 回答3件
EAPとはどういうものですか?導入のメリットは 専門家プロファイルさん  2010-07-28 13:23 回答2件