両案、それぞれ特徴あり - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

両案、それぞれ特徴あり

2009/02/28 22:13

yukimamagonさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

**2階LDK案
一般に1階より2階が日当たりが良いので、LDKの日当たりを確保し易く、屋根なりの天井にすることで、自由で高い天井、構造的に大空間が確保し易い、1階は個室群で構造壁を確保しやすいという特徴があります。

**1階LDK案
吹き抜け等の工夫により日当たりを確保することや、大空間は可能で、yukimamagonさんのように生活動線はこちらを好まれる方もいらっしゃいます。
子供部屋への外部からのアクセスが、LDKから把握しやすいこともあるでしょう。


LDK1階案と2階案(個室群は逆)は、このように各々特徴があり、どちらが良いということではありません。

これらは、今決めてから専門家にお願いするのではなく、専門家に両方、設計案を出してもらい、模型等を見ながら生活をシミュレーションし、将来の姿も描き、決めれば良いのです。

この2案だけでなく、さまざまな構成の組合せで、いくつもの計画案が出てくると思います。
それらの、一番優れた案、ご家族全員が納得した案を採用するのです。


**リビング階段
リビング階段の特徴は、アットホームであることです。
LDKに家族の誰かがいることが多いでしょうから、他の家族が個室から外部に出入りするときに、リビング階段を通り、声を掛け合う、特に子供室に求められる事が多いです。

来客時は、関係のない家族にとっては、これがうっとおしいことがあるかもしれません。

風呂への動線は、リビング階段でリビングを通るより、リビング階段でない場合の廊下を通る方が、寒いと思います。


そろそろ専門家の方と相談しながら進めるのが良いと思います。
このAllAboutの専門家の中からでも、気に入った方にお願いし、是非すばらしい家をつくって下さい。

参考にしていただけたら幸です。

パルティータ建築工房サイトはこちら

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

2階建でLDKの位置は?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/02/28 19:29

はじめまして
初めて質問させていただきます。
土地を購入したのですが
2階建ての間取りで大変困っています。
ネット等でも色々意見が分かれていたのですが、
やはり主婦としては生活動線・老後・防犯を… [続きを読む]

yukimamagonさん (千葉県/34歳/女性)

このQ&Aの回答

2階建ての間取り 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2009/03/01 00:24
ライフステージ 斉藤 進一(建築家) 2009/03/01 16:01
LDKの位置について 八納 啓造(建築家) 2009/03/03 00:14
設備で工夫 2009/03/02 16:33

このQ&Aに類似したQ&A

北道路、南北に短い土地の購入について。 ねこねこねここさん  2016-09-15 03:33 回答1件
新築 じばにゃんさん  2014-06-10 00:15 回答1件
2階リビング×1階子供部屋の懸念点 chihhiaugさん  2010-08-26 14:47 回答6件
敷地への日当たりのシュミレーション 笑顔が好きさん  2007-10-06 00:18 回答1件