リフォームには、構造の調査から - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

リフォームには、構造の調査から

2008/08/18 09:04

KOOL.BOOSTさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

私は、永く住める家をつくる事を目標としていることもあり、家の建て替えの相談を受けた時は、まずリフォームの可能性を検討しています。
結果として、リフォームには問題が多く新築(建て替え)にする場合もありますが、リフォームとする場合もあります。

リフォームするためには、構造体が現在も将来も堅牢健全であることが必要条件となります。

「建物検査は行い現状使用に大きな問題はないとコメント」は、どちらで耐震診断をされたのでしょうか。
耐震診断もいくつかの段階があり、自治体が無料で行っている問診票によるものだとすると、これだけではリフォームするかどうかの判断には不足です。

リフォームの判断には、構造部材の状況について調査する必要があり、そのためには、天井内や床下、場合によっては仕上を一部はがして、調べる必要があります。

32年前と現在とでは、耐震規準が変わっているので、耐震性能が不足し耐震補強が必要となる可能性が高いです。
調査データから、どのような耐震補強するかを計画しますが、使い勝手が悪くない耐震補強ができるかも重要です。

築後32年経っており、床レベル問題なく、基礎にヒビがなければ、今後とも不同沈下はないと言えます。


傾斜地ということで、擁壁の安全性も調査する必要があります。
既存擁壁の安全性の判定はなかなか難しく、32年安全だったから今後も安全とも言えません。


これら調査で、リフォームが可能であることを確認した上で、リフォームか建て替えるかを判断することになります。

骨組以外、全てやり替えるようなことをしなければ、リフォームが、コスト的には新築より有利です。

時間をかけて、信頼できる建築家の人を入れ、リフォーム、建て替えを総合的に比較しながら進めることをお勧めします。


不明点等ありましたら、気軽に連絡下さい。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

建替かリフォームか悩んでいます

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/08/17 11:24

築32年、在来工法の木造2階建てを購入しました。(土地は30坪強、建物延床面積も同じぐらい)傾斜地に立っておりましたので、建物検査は行い現状使用に大きな問題はないとコメントしてもらっています… [続きを読む]

KOOL.BOOSTさん (東京都/37歳/男性)

このQ&Aの回答

建替えとりフォームについて 酒井 正人(建築家) 2008/08/17 13:40
今、建替える? 川瀬 康和(建築家) 2008/08/17 22:42
確かに、悩みどころですよね 八納 啓造(建築家) 2008/08/18 00:49
建替かリフォーム 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2008/08/18 10:59
福祉分野の視点から 斉藤 進一(建築家) 2008/08/18 18:11
60〜80点のリフォームを考えましょう 志田 茂(建築家) 2008/08/17 14:50
建て替えか?リフォームか? 青木 恵美子(建築家) 2008/08/17 21:58

このQ&Aに類似したQ&A

リフォームと建替えどちらがいいのか。 あきるさん  2009-09-10 11:35 回答4件
将来同居。既存の土地建物をどうしたらよいでしょうか びいどろさん  2008-09-30 17:12 回答3件
買い替えか賃貸か、又は建て替えか? 富士山1さん  2015-11-13 22:53 回答1件
RC-Z工法の一戸建て購入について 住宅購入検討中さん  2015-07-07 15:48 回答2件
2世帯住宅の費用:40坪 くま。さん  2009-11-06 13:26 回答1件