JIS規格外の生コン使用 - 寺岡 孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

JIS規格外の生コン使用

2008/08/04 08:09
(
5.0
)

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

ご質問の件ですが、この問題は、マンション建設の生コンがJIS規格に適合していないとして、建築基準法違反があった件ですね。
ここに使用したコンクリートが原因かはわからないようですが、コンクリート内部の膨張圧で表面がはがれるポップアウト現象というものも現れていると聞いています。

こうした状況から、マンション自体の価値はやはり通常のものと比べると下がると思われます。
コンクリートはご承知のように、経過年数にともなって劣化して行きます。そのため、劣化の進行を防ぐ意味合いもあって修繕を行っています。
ですから、仮にこのマンションに住んでも、経年変化により建物がどうなるかは見通しできないと思います。もしかすると修繕に莫大な費用がかかる可能性も秘めている訳です。

数年前のヒューザーの耐震偽装の件にしても、結局のところ居住者が費用を負担して建替していることをかんがみると、今回の件も最終的には、購入者に負担が発生する可能性はないとは言えないでしょう。

個人的には、不動産購入には、数年後に売却しても購入金額からの目減りが少ない、資産価値のあるものを選択されることをお勧めしています。
最終的にはご自身の判断とはなりますが、一つの提案として、一度解約をされて国土交通省の指導による業者の対応をみることとし、問題の解決後に再度購入をされてはいかがでしょうか?

できるだけご自身のリスクを軽減することをお勧めします。



以上、ご参考になれば幸いです。

詳しい説明が必要でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。



***住まいづくりを中立的立場でサポート!! 詳しくはこちら


*不動産購入&住宅建築サポート受付中!   詳しくはこちら

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
( 東京都 / 建築プロデューサー )
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

溶融スラグコンクリート使用物件でした・・・

住宅・不動産 不動産売買 2008/08/03 17:01

入居予定の物件で、溶融スラグコンクリートが使用されていることが判明しました。

主要構造部分に使われている棟は、売主より契約解除となりました。
しかし、主要構造部分以外の使用… [続きを読む]

tomoharuさん (神奈川県/40歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

購入した投資マンションの今後の扱い shiobayさん  2013-01-30 13:06 回答3件
工事請負契約の解除について yu-fukuさん  2010-11-05 10:52 回答1件
瑕疵担保責任について くまこ5さん  2009-06-25 17:30 回答2件
不動産会社の民事再生申請について tosigoさん  2009-02-01 01:33 回答1件
築37年のマンションがいつまでもつか ゆすらうめさん  2007-08-02 08:07 回答1件