難しい住宅ローン事情について - 藤森 哲也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

難しい住宅ローン事情について

2008/04/20 19:52

カメキチ さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、

住宅ローンの金利や、名義、返済方法など、お借入される方のライフプランによって、ベストな借り方が変わってきてしまいますので、頂いた情報だけでは、具体的なご提案ができかねますので、一般論として回答させていただきます。

まず、住宅ローンの金利の選択ですが、ご指摘のとおり借入当初に積極的に繰上返済をなさるというのでしたら、変動金利か短期固定金利がお勧めです。
ただ、奥様が退職されてご主人様だけの収入になると、今お考えの借入額(4500万円)は、返済がつらくなる場合がございます。ご主人様だけの収入で返済できる金利は、いくらまでなのかシミュレーションして、長期の固定金利で借りて、繰上返済を返済額軽減型で実行されるなどの対応が必要となるかもしれません。

また、住宅ローン控除の件ですが、奥様がご退職されるなら収入がなくなるので、退職後は住宅ローンの適用を受けれなくなってしまいますが、ご主人様単独の借入だと今度は住宅ローン控除の恩恵を最大限生かしきれないので、それはそれで勿体無いです。

2〜3年後に退職されるのでしたら、それまで住宅ローン控除を利用しておいても
良いと思われます。(退職後の返済方法で注意が必要です)


以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
( 不動産コンサルタント )
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

難しい住宅ローン事情

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/04/20 19:12

土地3,380万円の土地を購入しました。引渡しは7月末で現在建物のプランを検討中ですが8月から建て始められるように準備を進めていて金額的には2,000万円位になる予定です。現在の貯金は1,000万円、主人の年収は6… [続きを読む]

カメキチさん

このQ&Aの回答

住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/04/20 19:39
追加 2008/04/21 13:52
追加 2008/04/21 13:52
追加 2008/04/21 13:53

このQ&Aに類似したQ&A

2009年 住宅ローン控除 ru-ru-さん  2009-01-07 11:59 回答2件
家を建てたい! Ru-Ruさん  2008-04-23 14:31 回答2件
住宅新規購入にあたって。 ビッツさん  2009-09-03 16:57 回答4件
手取り月収30万での住宅ローンについて veranoさん  2009-03-08 15:10 回答3件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件