軟口蓋 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

軟口蓋

2008/04/14 09:21
(
5.0
)

藤井先生の御回答の通りです。
この手術は以前、電気メスなどで実施していましたが、術中の出血が多く、術後の腫脹も強い手術で、入院の必要な手術でした。最近は、超音波メス、半導体レーザー、炭酸ガスレーザーをお持ちの動物病院が増えて、術中の出血なし、術後の晴れも極めて軽微という手術になり、当日もしくは翌日退院のデイサージェリーの部門に入ってきました。
この手術で一番大事なのは、どの位置で切除するかを決定することで、切り過ぎると、一生涯、誤嚥性の喉頭気管炎で悩むことになり、切り足らないと再手術になってしまいます。
また、舌根部の分厚いブルドッグ、フレンチブルのどケースでは、よほど麻酔技術の高い病院でないと、麻酔覚醒時に重大な事故が起こってしまいます。
設備と経験のある動物病院をお選び下さい。

評価・お礼

spry さん

お返事ありがとうございます。

やはりお医者さんの技術と設備があることが大切だということが大変良くわかりました。

このリスクを考慮に入れ、手術経験のあるお医者さんを探そうと痛感しました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

軟口蓋

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/04/12 19:03

ジャック・ラッセル メス 3歳の犬を飼っているのですが、2ヶ月に1度ぐらいに、人間でいう喘息の発作のような呼吸が苦しくてゼーゼーというのを30秒ぐらいします。
近所の獣医に相談したところ、生まれつきのどの手前に口蓋… [続きを読む]

spryさん (神奈川県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

RE:軟口蓋 苅谷 和廣(獣医) 2008/04/17 17:12
軟口蓋 2008/04/13 00:19

このQ&Aに類似したQ&A

シニア犬の歯石除去と去勢について homesさん  2015-04-20 00:09 回答1件
猫が急にパニックに陥り、攻撃的になります ウーさんさん  2014-05-16 00:58 回答2件
犬の病気:耳の傷口が長期間ふさがらない。 youtm2123さん  2012-03-16 15:37 回答1件
癌の検査・発見と術後の傷口について hidetomeguさん  2011-08-02 06:03 回答1件