セカンドライフプランの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

セカンドライフプランの件

2008/03/25 10:57

ぽるこさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『相談は、子どもへの相続の仕方、我々のライフプランに合った貯蓄・使い方のアドバイスがいただければと思っています。』につきまして、将来お互いにあるいは各々やりたいことを各年ごとに書き出していただくことをおすすめいたします。

また、各年ごとのライフイベントと合わせて、それにかかるイベント資金も一緒に書き出します。

そうしていただくことで、将来各年ごとのライフイベント資金がいくら必要になるのか、あるいはトータルでどれくらいの予算を確保する必要があるのかを把握することができます。

さらに今後必要となる生活資金や見込める収入などもこの機会に、大まかで構いませんので、把握しておくとよろしいと考えます。

いろいろやりたいイベントがあると、思ったほどお子様に財産を残せないことが分かったりするかも知れませんし、逆に想像以上に財産を残せるようになるため、相続税対策が必要になるかも知れません。

いづれにしても、今後の収支を把握することから始めます。

また、資産の運用方法につきまして、主要なライフイベントに合わせて満期がくるように定期性預金などで運用していただくことをおすすめいたします。
更に、海外旅行などで外貨を将来利用することがあれば、外貨建てMMFなども円預金に比べると、金利が高く有利となります。

尚、投資信託などのリスク商品の場合、必要な時期に元本割れなどになってしまっては、意味がありませんので、もし、購入をするにしても、ほどほどにしておいた方がよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

資産運用及び相続

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/23 20:53

夫婦とも働きで無事定年を迎え、それぞれ年金ももらい貯蓄も一応過不足ないと思っています。
相談は、子供への相続の仕方、我々のライフプランに合った貯蓄・使い方のアドバイスがいただければと思っています。具体的にはどのようなことを提示すべきか分かりません。

ぽるこさん (沖縄県/63歳/女性)

このQ&Aの回答

提示される内容です。 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/23 22:23
いつまでも楽しく暮らしていくために。 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/24 10:21
先ずは現状(棚卸)から! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/25 00:32

このQ&Aに類似したQ&A

安心したい さむがりさん  2008-04-05 08:29 回答6件
海外在住、キャッシュフロー表の作成 vodafone123さん  2014-01-30 09:11 回答1件
長生きリスク対応について ももここららさん  2011-05-16 09:56 回答4件
正しい貯蓄運用? M.Dさん  2007-09-03 03:48 回答3件
相続財産の運用 gojigojiさん  2006-11-23 11:15 回答5件