正しい貯蓄運用? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

正しい貯蓄運用?

マネー 家計・ライフプラン 2007/09/03 03:48

将来経済的な面で漠然と不安を持っています。子供、老後、今後の身の振り方の参考にアドバイスを頂ければと思っております。
夫、私ともに28歳子無し。
夫は転職したばかりで手取りは29万(扶養手当1万交通費2万含む)。今年はボーナスの見込みなし。このうち家賃5万、光熱費平均1万5千(電気、ガス、水道)携帯電話約2万(夫1万3千 妻6千)、ネット8千(電話代含)、食費4万(外食費含む)、ガソリン代8千、ペット2万 夫小遣い3万、妻1万、美容室・娯楽・雑費3万 保険8千(夫5千、妻3千) 貯蓄3万
特にローンはなし。
また夫の転職までは、共働きだったので、夫28万、妻28万の手取り+年間80万×2人分のボーナスで約800万近い手取りがありました。その際は私の給与は全て貯蓄に回し、月々、老後に8万、将来の子供に3万、車の買い換えに3万、旅行用3万、娯楽3万、将来のマイホーム用8万の貯蓄をしていました。貯蓄額は夫の再就職までの間二人とも無職になってしまい、ずいぶん減ってしまい300万程度です。将来持ち家希望、子供2人希望

ご相談の一つめは、これらの貯金を口座別に全て普通預金で貯金していましたが、効率が悪い気がします。よい方法はありますか?資産運用などにも興味がありますが、何をしたらよいのか、どうやって何から勉強したらよいか全くわかりません。ご相談2つめ、子供が小学校に上がるまでは働くつもりはありません。先々子供にお金がかかると思うのでめいいっぱい私が働ける間に貯蓄したいと思うのですが、子供が小学校に上がって妻が再就職するのを見越して、安心して子育てに専念する為には貯蓄はいくら程度あったほうがよいのでしょうか?ご相談3つめ、老後は年金はもらえないと思ってます。最低いくらの貯蓄が定年までに必要ですか?私が再就職した場合は24〜28万程度の手取りが見込めます。

M.Dさん ( 大阪府 / 女性 / 28歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

投資・運用そして貯蓄額をお答えします

2007/09/03 08:29 詳細リンク

MD様初めまして。CFP(R)の吉野充巨です。
1.資産運用については、長期的なリターンを得、リスクを抑えるため、国内外の債券と株式への分散投資をお勧めします。具体的には、定期預金(ネットバンクが高め)、日本債券(国債)、日本株式(ETFかインデックス・ファンド)、外国債券(インデックス・ファンド)と外国株式(IDXファンド)への投資をお勧めします。例えば夫々均等に配分しますと期待収益が3.5%、リスクは8.0%でバランスの良い運用スタイルになります。
現代ポートフォリオ理論によれば、最も効率的な投資方法は、IDXファンドをなるべく安く購入して、長期間保有し続けることといわれています。私のHPにインデックス・ファンド、日本のETFと日本で購入できるETFを掲載しています。参照下さい。
http://www.officemyfp.com/toushishintaku-7.html

2.出産と学費に対する貯蓄額目標は、どのコースを選ぶかによって変わります。学費は積み重なると大きいのですが、月々は小学生で2.6万円から高校生で数万円の範囲です。公立で進む場合ご主人の家計内で賄えると考えます。

子供の学習費(学校教育費+学校給食費+学校外活動費)は
幼稚園 公立3年 約72万円 私立3年約150万円。小学校公立 約190万円。中学校3年 公立約141万円 私立約382万円。高等学校3年 公立約55万円 私立約311万円。
大学4年 国立約243万円 私立文系約380万円 理科系約507万円です。

出産費用は66.6万円(リクルート2003調査)で祝い金がありますので約30万円程度です。

長文のため追記します

補足

追記です
3.ご夫婦二人の余裕ある老後生活をおくるには公的年金+約3000〜4000万円程度の貯蓄が必要といわれています。
ただし、現在の総務省統計局家計調査によれば高齢者世帯の家計収支は平成18年度で約5万円の赤字で、年間60万円です。老後を30年と考えた際には1800万円の貯蓄が目処と考えます。

私のコラムに老後生活に必要な貯蓄額(1)(2)(3)があります。参考にしてください。http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/1

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄運用の件

2007/09/03 18:38 詳細リンク

M.Dさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『ご相談の一つめ』につきまして、お子様の教育資金やマイホーム購入など、将来必要となる時期と金額に合わせて、短期・中期・長期と、運用期間を分けて金融商品を決定していただくことをおすすめします。

『ご相談の2つめ』につきまして、出産・育児期間中にM.Dさんが見込める収入相当額を予め確保していただければ、安心して育児に専念できると考えます。

『ご相談の3つめ』につきまして、吉野先生のご指摘のとおり、一般的には3,000万円などと言われています。
尚、実際には住宅ローンの有無などにより、大分異なってきます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

毎月のお金の流れを把握し、効率的に活用しましょう。

2007/09/04 19:45 詳細リンク
(5.0)

M.Dさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

ご質問の件ですが、
<1つめについて
毎月お金の流れ(収入→支出)を把握しましょう。
ちなみに家計簿は付けていらっしゃいますか?

毎月必ず支出する項目がありますよね?
この金額を把握するためにも家計簿は重要です。
1年間付けていただくと、毎月の動きがわかってきます。
(例えば光熱費は季節ごとに変動しますよね?)

いわゆる自己分析になります。

そして、2年目からは1年目を参考に
必要な額+αをメインの銀行口座へ残し
残りのお金をMMFやMRF等の
金融商品で運用してみてはいかがでしょうか?

そして、次の段階として
MRFやMMFの金額が大きくなってきたら
一部をもう少し長期で運用することを考えてみてはいかがでしょうか?

これは、毎月のお金の流れを決めてあげることです。

そして、他の質問(2、3)につきましては
長期のライフプランとキャッシュフロー表を作成してみましょう。

お子さんが生まれた後
ご主人様の収入のみで生活できますか?

ご主人の収入のみでは不足するとなった場合には
月不足額→年間不足額→働くまでの年数により
必要な額がわかります。

セカンドライフ(老後)につきましては、
まだ相当先のことではありますが
どういう場所で、どういう生活がしたいのか?
という点を中心に考えてみましょう。

いづれにしても、
長期のライフプランとキャッシュフロー表を
作成していただき、実行していただければ
今から行うべき必要な事項が見えてきますので、
ご主人様と楽しみながら将来について話し合ってみましょう。

評価・お礼

M.Dさん

ありがとうございます。
不安にかられ、楽しみながらという
気持ちを忘れておりました。

主人の気持ちもしかっりもう一度確認し
相談して決めてみたいと思います。
ありがとうございました。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
海外在住、キャッシュフロー表の作成 vodafone123さん  2014-01-30 09:11 回答1件
家計診断お願い致します めーたろうさん  2013-07-21 08:21 回答1件
老後に向けて家計診断をお願いします 老後が不安さん  2009-09-03 17:21 回答6件
赤字をできるだけ少なくしたい パグさん  2008-03-27 16:50 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)