回答申し上げます。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます。

2008/03/18 12:05
(
5.0
)

トニャさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

負担保険料が同等になるようにされたプランニングのようで、
それなりによく考えられたものだと思われます。

気になった点を以下にご提示します。

1.ご主人の死亡保障がやや足りないように思われる
  生活資金や教育資金保障を考えますと、2,000万円程度の保障では・・・

2.総合医療保険は、低解約返戻型、60日型でコストダウンを図られては?

3.トニャさんの主契約は、養老保険でなく終身保険にすべき

4.がん保険・特定疾病診断給付金は10年更新でなく、終身保障にすべき


以上、あくまで一般論なのですが、ソニー生命における商品構成の都合を優先して
設計されている節が見え隠れします。

また、終身保険の選定は、こちらも参考にしてみて下さい。
  ↓
http://profile.allabout.co.jp/pf/ohzeki/column/detail/25582

これらを組めれば、同じ保障額でも、月々負担額にして
月々4,000円は抑えられます。

それから、支払免除特約は、ソニー生命にもありますよ。
担当者が見落としているみたいですので、オーダーしてみて下さい。


また、他のFPが主張されている次の点は必ずしも正しいとは言えませんので
混乱しないようになさって下さい。


1.保険と貯蓄は分けるべき
 ⇒状況によっては、一緒でも間違いではありません。
 ⇒正しくは、「保障と利殖は分けるべき」・・これが正解です。

2.変額終身保険は、投信より高い
 ⇒死亡保険金が、払込保険料を上回る設計が大半なので、運用部分だけ
  での比較はナンセンス

3.葬儀費用や長期療養費用は、貯金でもいい
 ⇒葬儀費用や長期療養費用のために、貯蓄を崩すことに抵抗はありませんか?
 ⇒貯金は、もっと違う用途で必要に迫られることがあるはずですので
  これも正しいとは言えないでしょう。


以上、参考にしてみて下さい。

  

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険のかけかえをこのまますすめてよいのか。

マネー 生命保険・医療保険 2008/03/18 02:50

夫40歳、私37歳、長女13歳、次女8歳のです。夫の年収手取り600万、私年収手取り300万。分譲マンションで夫は団信加入中。現在加入中の保険 夫、第一生命 堂堂人生(利差配当付更新型終身… [続きを読む]

トニャさん (大阪府/37歳/女性)

このQ&Aの回答

まずは必要保障額をだしてみましょう。 宮里 恵(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/18 10:31
本当に必要な保障とは? 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/18 07:42
保険に入る目的から考えましょう。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/18 07:57
保険の掛け換えについて 笹島 隆博(医療経営コンサルタント) 2008/03/18 08:54
何が一番心配ですか? 山本 俊樹(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/18 09:24
払込免除特約 2008/03/18 09:20

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険の更新 porocoさん  2008-01-29 00:44 回答10件
医療保険・がん保険について marinesさん  2011-01-11 13:08 回答4件
医療保険・生命保険について テン。さん  2009-09-08 12:21 回答6件
50歳台の保険見直しこれで良いの toshi217さん  2014-01-20 01:49 回答4件
生命保険・医療保険の加入について tomohiro1979さん  2012-10-03 10:32 回答1件