陸屋根はより慎重に - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

陸屋根はより慎重に

2008/02/20 09:50

ボンさん、はじめまして。
パルティータ建築工房の森岡と申します。

四角い家、いいですね。

屋根は、風雨や日射にさらされた過酷な環境で、四角い家の平らな屋根は、勾配屋根に比べ、雨仕舞いが難しく、より慎重につくる必要があります。
水平の屋根では水が溜まってしまうので、水平に見えても必ず緩やかな勾配(1/100〜1/20)がついています。

水平の屋根をつくるのに、大きく、シート防水やFRP防水のような防水でつくる方法と、金属板で葺く方法があります。

防水の場合は、通常、外周にパラペットと呼ばれる壁を立ち上げ、プールのように水を溜め、水を集めて(ドレイン)、放出します。

金属屋根で良く使われる平葺き(一文字葺き)は、勾配が必要で、水平(緩勾配)の屋根には使えません。
金属屋根で緩勾配に使えるのは、立ちハゼ系の、立ちハゼ葺き(スタンディングシーム)、瓦棒葺き、折板(セッパン)等、のみです。
いずれも雨仕舞いの原理は同じで、U型やV型断面の継ぎ目のない長尺(長く製作)で、ある程度水を溜める事が可能で、1方向に流します。
流れる側の端部は、勾配屋根と同じように、樋で水を受け、流します。

立ちハゼ、瓦棒葺き、折板、いずれも性格は似ていますが、折板は高さが高い分、雨には強いです。

夏至近くには、太陽高度が高くなるので、水平の屋根面は非常に高温になり、暑さ対策は重要です。
十分な断熱だけでなく、2重構造で通気(換気)を取ることが必要です。
勾配屋根に比べ、温度差で換気が取りにくいので、難しいと言えます。

金属板屋根は音が出やすいですが、温度対策の2重構造と断熱(吸音)で、かなり和らげることができます。

参考にしていただけましたでしょうか。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

陸屋根

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/02/19 22:02

住宅情報誌を見て勉強中ですが、四角い家が格好いいと思います。
でも、ほとんど屋根が写真に写っていないので、どうなっているか分かりません。
友人に、セッパンと言って、工場と同じ様な波形の鉄板と聞いたのですが、雨の音や、夏の暑さはどうなのでしょうか?

ボンさん (静岡県/37歳/男性)

このQ&Aの回答

四角い家、いいですね! 八納 啓造(建築家) 2008/02/19 23:27
陸屋根のつくりかた 2008/02/19 23:35
勉強になりました 2008/02/20 09:14
桟葺き屋根 2008/02/21 23:02

このQ&Aに類似したQ&A

北道路、南北に短い土地の購入について。 ねこねこねここさん  2016-09-15 03:33 回答1件
切妻か陸屋根か hanachiruさん  2013-10-20 10:34 回答1件
超高気密は必要か? HOTさん  2013-06-20 16:06 回答3件