重要事項説明をした取引主任者の問題 - 早乙女 明子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

早乙女 明子 専門家

早乙女 明子
建築プロデューサー

1 good

重要事項説明をした取引主任者の問題

2008/02/09 21:20
(
5.0
)

こんにちは、きんどーさん。
株式会社ガウディの早乙女です。

自殺に関しては、判例も少なく『霊』については人それぞれ信用の基準が異なるため難しい話なのですが、今回のケースの場合、売主さん側は事実を仲介業者に伝えているわけです。
それにもかかわらず、仲介業者が告知しない。その判断をするのはその会社ですから、売主さんにその件で後日損害賠償が請求されるのではなくて、そのことをリスクとして問題が生じた場合は仲介業者及びの重要事項説明をした取引主任者が罰則を受ける、という結果になると思います。

私の個人的見解では、はじめの不動産屋さんが仰っていることが正道で、最近の社会情勢として、これだけ告知義務の風潮がある以上、事実を伝えたほうが自分の会社を守るという意味においても、一般的なはずです。

上記の文章からの判断ですが、今回のケースは『前所有者が自己所有の車両内で自殺をした』というだけですよね。
『お部屋の中で首を吊ったり手首を切ってなくなったわけではない』のですから、その類とは別の話です。

多少というレベルがどの程度なのか解りませんが、正直に話し、そのことをさらに買主に伝える、とは言え部屋の中ではない、という現実を踏まえて話を進めてみては如何でしょうか。

評価・お礼

きんどー さん

お返事遅れまして恐縮です。ご回答くださいましてまことにありがとうござました。売主側としましては少しでも高く売りたいというのが本音でしてあわよくば、説明義務がないのでしたら部屋の中ではなかったとは言え自殺の事実を伏せて、売ることも可能なのかと思ったのです。しかし相談先の前者の不動産屋さんと後者の不動産屋さんの見解が違うので、お聞きした次第です。「仲介業者及びの重要事項説明をした取引主任者が罰則を受ける」可能性がある以上、早乙女先生の仰る通り正道で話を進めていくべきなのだと思いました。「正直に話し、そのことをさらに買主に伝える、とは言え部屋の中ではない、という現実を踏まえて話を進めてみては」を念頭に話を進めていくよう他の相続人に話していきます。
本当に貴重なご意見ありがとうございました。
感謝!

回答専門家

早乙女 明子
早乙女 明子
( 東京都 / 建築プロデューサー )
株式会社ガウディ 代表取締役
03-3409-2601
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産取引から設計デザインまで

住まいや店舗などの空間と、真摯に向き合いたい。・・・不動産取引を数多く重ねた結果の結論。完成した空間に自分を合わせるではなく、『自分に合わせた空間をしっかりと作りたい』と考えていらっしゃる方の、お役に立てたら幸いです。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

該当建物外での自殺は告知義務があるの?

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2008/02/08 23:02

どうかご助言お願いします。
私の親戚が所有しているマンション(一室)敷地外の駐車場の車両内で先日自殺をしました。相続人数名がマンションを相続し売ろうと考え不動産業者に相談した所、… [続きを読む]

きんどーさん (千葉県/38歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

新築マンション購入 指摘箇所120 カビ エリキャンさん  2012-05-29 18:48 回答2件
仲介業者とのトラブル たんばさん  2014-12-08 21:35 回答1件
不動産業者の説明義務と退去時の費用 T.NODAさん  2012-03-25 04:45 回答2件
境界杭の案内がない、通行権について エマりんさん  2013-03-30 17:59 回答1件
新築建売住宅 オプション付後の解約について ie2013さん  2013-01-14 15:30 回答1件