先ずは業務的な要件、次にシステム的な要件 - 濱田 崇 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
濱田 崇 専門家

濱田 崇
ITコンサルタント

- good

先ずは業務的な要件、次にシステム的な要件

2007/12/14 12:13

システムの要件を決定するには

1.業務要件(システムを使って何をどうやりたいのか)
2.システム要件(どのようなシステムが欲しいのか)

の順で固める必用があります。

1.
まず発注前に業務要件を漏れなく洗出し書き出す事です。
これが無ければ方針が無いに等しく、システム要件はグラグラと
揺れ動くものになります。
体裁はどのようなものでも良く、とにかく
「第三者が理解できるよう」「細かく」「網羅的に」「具体的に」
を目指して下さい。

2.
次にシステム要件ですが大抵は発注先のSE(又はコンサルタント)から
ヒアリングを受け一緒に固めていくことになります。
可能であれば発注者側である程度纏めておくと以後の助けとなります。
この、2.では1.の内容が基盤となります。
具体的に作成するものは、ユーザの利用シーン、業務フロー、
画面・帳票イメージと部品の定義、データ項目の洗出し、
画面やサーバに必用な機能の定義 etc...です。


質問の「どうしたら要件をうまく伝えられるか」ですが
発注側にできる事は「 1.をしっかりやる」につきます。
発注側ではどうしようもないけれど重要な事は
「SEやコンサルの技量」です。
良い「SEやコンサル」に当たるかどうかは運任せという
のが現状です。私は第三者のコンサルタントを使う事を
オススメしています(その場合、業務要件とシステム要件を
合わせて協力してもらいましょう)。

発注者は、決してシステム的な知識を勉強する必要は無く、
業務要件の纏めと良いパートナー探し(開発会社や第三者コンサル)に
重点を置いて下さい。

http://labo.itsl.jp/

回答専門家

濱田 崇
濱田 崇
( 神奈川県 / ITコンサルタント )
代表取締役
090-6002-4611
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

そのシステムは必要か?見積りは適正か?第三者の立場から助言

「金をかけたのに使えない」これらはシステムを導入した企業からよく聞かれる言葉です。致命的な問題を回避し、高いパフォーマンスが得られるシステムを導入できる手法を書籍でも紹介しています。お陰様で高い評価とご満足を頂いております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

要件をうまく伝えるための方法はありますか?

法人・ビジネス システム開発・導入 2007/12/13 18:10

システム開発を依頼した際、ユーザー側がどういう使い方をしたいかという「要件」を、開発者の方にうまく伝えることができません。意図をずれなく正確に伝える方法があったら教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

小規模企業でも業務システムの開発を依頼できる? 専門家プロファイルさん  2008-09-11 11:37 回答3件
大手開発会社と中小規模の開発会社で得意分野は違う? 専門家プロファイルさん  2008-03-21 17:35 回答3件
社内システムの見栄えにこだわるのは無意味ですか? 専門家プロファイルさん  2008-07-24 17:32 回答3件
システム開発、仕様書についてについて。 imotenpuraさん  2011-12-30 04:20 回答2件