自分に合ったお金の置き方について。 - 小川 正之 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
小川 正之 専門家

小川 正之
ファイナンシャルアドバイザー

5 good

自分に合ったお金の置き方について。

2015/03/31 12:44
(
5.0
)

min未亡人様


この度はご愁傷様でございました。謹んでお悔やみ申し上げます。
申し遅れましたが、私はマネーアドバイザーズトウキョウ株式会社の小川正之と申します。

ご相談の件ですが、
ご主人様が遺してくださった大切なご資産ですので、時間をかけてじっくりとお考えになられたほうが良いと思います。
金融商品を保有するということは、短期的な利益の追求を目的にするという考え方もありますが、人生の様々なリスクを低減させる目的で保有するという考え方もあります。
ご相続財産や、現在の収支状況から考えても、利益の追求ではなく、min未亡人様の人生設計における、有効なお金の置き方を考えてみてはいかがでしょうか。
具体的には、教育資金や老後資金の今後の人生における必要金額を試算した上で、その目的に合わせたお金の置き方を決めていくのが良いと思います。

金融機関の担当者に勧められるがまま…とならないように、目的 (教育資金・住宅資金・老後資金など)を明確にし、事前に知識・情報をお持ちいただいた上でご相談に行っていただければと思います。
また、金融機関の提案を即決せず一度持ち帰り、改めてご相談をいただくのも一つの方法だと思います。

前置きが長くなりましたが、下記参考にしていただければ幸いです。

●インフレ
最も気を付けなければならないのが、国策でもあるインフレ(物価の上昇、お金の価値の目減り)です。
教育資金や老後資金も将来のインフレを考慮して考える必要があります。
対策としては、各金融機関で取り扱っている金融商品(外貨や株式や投資信託など)の活用が考えられます。
目的を明確にし、コストを抑え、分散投資をして、必要な金額だけ保有されるのが良いと思います。

●保険
保険については、運用として考えた場合は、流動性が乏しくなる(使いたい時に出金できない)ものが多く、インフレにも弱いものが多いです。
また、コスト面からも合理的とは言い難いです。
保障面では、未亡人様の万が一の時のことを考えた場合、お子様への相続対策としては一定の効果があります。
しかし、運用と保障は別にして考えた方が良いと思います。

●株式、投資信託
税金が源泉徴収されて、確定申告を不要にすることもできます。
制度としては、NISA(少額投資非課税制度)を利用することで、年間100万円までの投資に対する利益等を非課税にすることもできます。
お子様名義で非課税の投資ができるジュニアNISAも新設される予定です。
また、目的がご自身の老後資金設計であれば、確定拠出年金という制度も検討する価値があると思います。
現状お聞きした内容だけでは、具体的な商品までアドバイスは出来ませんが…コストを抑え、十分に分散された金融商品を保有されることをお勧めします。
金融機関の担当者から分配金の高い商品を勧められたら注意してください。分配金が高ければ良いというものではありませんし、極めて投機的な商品も多いです。

●個人向け国債
使い道の決まっている資金を置くには有効な手段です。
低金利が続いておりますので、現在はあまり面白くはない商品ですが、今後金利が上昇してきた場合、受け取る金利も増加します(変動金利で期間10年の個人向け国債)。
半年毎に利金を受け取り(金利は変動)、1年後からは中途換金が可能(一部でも全額でも)になります。中途換金時には直近受け取った利子2回分が引かれるだけです。
半年毎の利金も含め、税金は源泉徴収されますので、確定申告は不要です。

目先使う予定のあるお金や、必要になった時に使いたいお金、教育資金の一部などは、個人向け国債のような流動性(換金性)の高いご資産に。
老後資金など、必要にはなるがまだ時間があるものは、投資信託などの変動のある金融商品を使って分散投資を。
十分な将来の資金計画をたて、それでも余裕のあるお金は、リスクを取って短期の投資でも良いですし、min未亡人様のお考えに合ったご運用を。
このような順番でお考えになられてはいかがでしょうか?

回答になっていないかもしれませんが、お役立ていただければ幸いです。
何卒よろしくお願い致します。

弊社は、金融商品の販売は一切行なわず、アドバイスのみ提供しております。
また、弊社の社員は金融機関での勤務経験が豊富なアドバイザーばかりです。
今後の人生における必要額の試算から、目的を明確にしたお金の配分、置き方等をアドバイスさせていただきます。

ライフプランの作成等々、ご相談等がございましたら、お気軽にご相談ください。


マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社
小川 正之

評価・お礼

min未亡人 さん

2015/03/31 23:30

とりとめのない質問にもかかわらず、丁寧にお答えくださいまして
ありがとうございます。
金融商品に関してデメリットの部分をきちんと説明していただいて、とても参考になります。
今はまだ混乱の最中にあり、適切な判断をする自信がないため、
もう少し落ち着いてから子供と自分の今後必要になる資金を考えて、
その上でまた改めて質問させて頂きたいと思います。
お忙しい中時間をさいて回答くださいましてありがとうございました。

小川 正之

2015/04/01 09:38

min未亡人様 

この度は、コメントと評価をいただき、誠にありがとうございます。

落ち着きましたら、運用方法を決める前にまずはお子様も含めたmin未亡人様の将来のライフプランを考えてみてください。
ライフプランを確り立て、夢や目標や目的を明確にすることで、その為にはご資産をどのように管理・運用するべきか、min未亡人様にとって意味のあるお金の置き方を選択することができます。

またご質問等がございましたら、お気軽にご相談いただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

回答専門家

小川 正之
小川 正之
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社 COO(最高執行責任者)
03-3510-7986
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたには信頼できるアドバイザーがいますか?

社会保障制度の知識と、金融の知識・経験を活かして、より豊かな人生設計をお手伝いさせていただきます。ご相談者様の立場でアドバイスを致します。金融商品の販売(仲介や媒介)は一切致しません。是非、お気軽にご相談ください。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫の死亡保険金の運用について

マネー お金と資産の運用 2015/03/30 23:45

先日夫が交通事故で亡くなりました。やや特殊な仕事の為、高額な生命保険をかけていたので、8000万の保険金がおりるそうです。
5才の子供がいますが、遺族年金月15万と私のパート収入8万でやりくりは… [続きを読む]

min未亡人さん (香川県/41歳/女性)

このQ&Aの回答

死亡保険金の運用について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2015/03/31 10:40
今後について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2015/03/31 10:52

このQ&Aに類似したQ&A

ユニットリンク保険への切り替えについて S.Nさん  2016-04-25 05:28 回答2件
資産運用について ぷっちちさん  2016-10-07 17:33 回答2件
余裕資金の運用について がすくんさん  2007-08-06 03:31 回答5件
老後資金を増やしたいのですが mainzさん  2016-01-28 20:42 回答3件