Re:乳腺腫瘍 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

Re:乳腺腫瘍

2013/01/27 14:31
(
5.0
)

乳腺腫瘍の治療の第一選択は外科的切除です。摘出した腫瘍は、病理検査で悪性か良性かの判断と切除が完全かを確認する必要があります。

切除後の注意点としては、局所の再発の有無と別の場所での発生の有無、肺やリンパ節への転移を評価するために定期的な健診が必要です。

悪性の場合の予後は様々で、腫瘍の種類及びステージを含むいくつかの因子に依存します。レントゲン検査で肺への遠隔転移が見つかる場合や、身体検査や超音波検査などでリンパ節転移が見つかる場合の予後は不良です。

避妊手術を受けるためのメリットとしては、子宮の疾患である子宮蓄膿症などに罹患しないことです。乳腺腫瘍については、2.5歳齢以前に避妊手術を行なった場合はほぼ発生を予防できますが、それ以降の年齢での避妊手術では良性腫瘍の発生リスクは下がるという報告はありますが、悪性腫瘍の発生リスクは下がりません。

しかし、生理が起こることで乳腺炎が発生する場合、乳腺の炎症が腫瘍発生リスクを増加させるという報告もあるので、そのリスクを軽減する目的で避妊手術を実施することもあります。

腫瘍
避妊手術
検査
リンパ
予防

評価・お礼

Samavi さん

2013/01/27 19:17

●●先生、ご回答ありがとうございました。先生の詳しく、分かりやすい回答内容のおかげで、これからどうしていくのがいいのか、考えがまとまりました。まずは、避妊手術を受けてみたいと思います。本当にありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

乳腺腫瘍

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2013/01/16 22:09

コーギーメス九歳。海外に住んでいます。先月、生理が始まって暫くした頃に、お腹にマシュマロくらいのシコリと乳輪下に小さなシコリを二つ発見。病院で、触診後『手術が必要ですね』と言われ、先日、乳腺腫瘍の手術を受け… [続きを読む]

Samaviさん (静岡県/32歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

犬・乳腺癌手術後の経過観察について nohaさん  2013-01-08 03:06 回答1件
犬の避妊後のエストラジオールの数値について タコボーさん  2007-09-15 14:53 回答3件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
避妊手術に踏み切る事にしました uraponさん  2013-11-17 13:01 回答1件