考え方次第でいろんなパターンに・・・ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

3 good

考え方次第でいろんなパターンに・・・

2012/11/28 16:13
(
5.0
)

Tanakanaさん、はじめまして。
FP事務所 マネースミスの吉野です。



保険加入は、まず目的を考えて商品を選ぶのが基本です。その点で、まず何に入るか考えられておられるようですので、素晴らしいですね。


生命保険は、独身の方の場合は、亡くなられた時の葬儀代などの整理資金としての準備と考えられます。

医療保険やがん保険は、生きていく上での怪我や病気に対する準備ですね。




保険料の支払い期間ですが、今でも人気がある支払方法は60歳や65歳までに払い終えてしまう方法ですが、そうすると月々の保険料は高くなります。
終身払いは、月々の返済額は少なくなりますが、長生きをすれば保険料総額は高くなりますね。

この選択で、インフレについても考えておかれて、その上でどちらがご自身の払い方に合っているかを考えられると良いですね。
基本的に1~2%のインフレは健全なものですので、インフレになれば実質の保険料負担は軽くなります。


私はいつも相談者の方にこの説明をして、相談される方に合った払い方を選んで頂いております。




独身の女性の方で不安な事は、やはりご病気で仕事を休まれた時や女性特有の病気になった時の一時的に大きな出費が起こった場合の、収入減などを補う準備ですね。


私は女性の方には女性特約はお勧めしています。私の周りでも女性特有のご病気になられる方が多いのも現状です。




貯蓄目的で保険に加入されている方は、非常に多いと思います。逆を言うとそういう販売をされる営業の方が多いとも言えますね。


しかし、普通預貯金よりは利回りが良いと言っても、その恩恵を受けるのは何年も先の話です。途中解約などをすれば支払保険料総額より大幅に下回る事もあります。

こういった長期的な運用を保険で考える場合は、年金としての準備が考えられます。



ただ、現在、お手元にある程度、余裕資金があるのであれば、その資金で整理資金として保障を残しながらセカンドライフのための準備をされる事も考えられますね。





もっと具体的なアドバイスは、この場では出来かねますので、具体的なアドバイスなどをご希望の場合は、直接ご相談いただければと思います。

補足

*****************************************************************

FP事務所 MoneySmith

 吉野 裕一

http://moneysmith.jimdo.com/


******************************************************************

女性
生命保険
医療保険
貯金
資金

評価・お礼

Tanakana さん

2012/11/28 19:07

早速、ご回答いただき、ありがとうございます。
アドバイス、とても参考になりました。1点だけ、よくわからなかったのですが…。

>基本的に1~2%のインフレは健全なものですので、インフレになれば実質の保険料負担は軽くなります。

とありますが、この場合、先に保険料を払ってしまうとインフレになった場合、入院でもらえる金額の価値5,000円が下がり損をするという理解でしょうか? 保険料負担が軽くなるとおっしゃっているのは、終身払いを選択した時のことでしょうか?

ずっとデフレなイメージしかなかったのですが、アドバイスをいただき、過去の推移をみていると、結構なインフレの時期もあったのですね。そういったことも考えると…。保険に入った方がよいのか? 生命保険を定期預金代わりまたは年金として受け取るための備えにしてよいのか?など、悩んでしまいます。難しいですね…。

アドバイス、ありがとうございました。

吉野 裕一

吉野 裕一

2012/11/28 20:17

Tanakanaさん、高評価を頂きありがとうございます。


保険の給付金もインフレの影響を受けるという認識は間違いないのですが、損をするというのは解釈が違うかも分かりませんね。
保険料に見合った給付金は受け取れるのですが、貨幣価値は下がっているので保障不足になる可能性があるという事になります。



インフレによる保険料の実質負担が軽くなるというのは、おっしゃられているように終身払いの払い方の時です。



保険は何かあった時の資金の準備と今ある資産の減少を軽減するものです。過度な保険加入は必要ないと思いますが、適切な保険への加入は必要だと思います。

ただ保険で運用は、保険機能が付いていたり手数料が多いので、私はお勧めはしていません。


運用は、運用商品で運用される方がメリットは大きいです。


保険会社も預かった保険料を有価証券などで運用していますので、間接的に運用をしてコストを多く払いますが、ある程度約束された利回りを授受できるのか、直接ご自身で運用をして不安定な利回りではありますが、リターンを大きく目指すのかの選択になります。

私は後者の直接運用をお勧めしているのですが、不安定な利回りについて誤解されたり、投資という事に抵抗がある方もおられるので、正しい情報を知ることが大切だと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

30代後半独身女性の保険

マネー 生命保険・医療保険 2012/11/28 15:49

現在30代後半独身で、保険などには加入していません。
結婚の予定等なく、将来が不安になり、保険加入の検討をしています。

色々と調べ、

・がん保険
・医療保険
・生命保険

別々に、加入するこ… [続きを読む]

Tanakanaさん (東京都/36歳/女性)

このQ&Aの回答

医療保険、生命保険の考え方 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2012/11/28 16:43
独身女性の保険加入 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2012/11/29 02:24

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険と医療保険、これでよろしいでしょうか? かわママさん  2009-06-15 23:50 回答5件
医療保険・ガン保険加入について 新米主婦。さん  2009-07-19 18:53 回答8件
低解約返戻金型積立利率変動型終身保険について 本子さん  2009-05-01 17:04 回答7件