保険の基本的な考え方 - 辻畑 憲男 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の基本的な考え方

2007/08/05 17:21

こんにちは。?FPソリューションの辻畑と申します。
保険加入の具体的な商品のご説明は、メールでは難しいために基本的な考え方のポイントについてご説明いたします。詳しくは私のコラムをご参照ください。
また、ご主人契約に特約で家族の保障をつけるのは、お勧めできません。
<保険を考える上での基本>
1、保険料から注文しないこと(選ばないこと)。バーゲンセールはありません。保険は確率でできています。簡単に言うと保険会社の支払う確率です。保険料が安いということは、支払われる確率が低いということです。
2、不安だから保険に加入するのではありません。
保険は不安だから保険に加入するのではありません。万一時にお金に困るからリスクヘッジとして加入するのです。お金に困らない範囲は加入する必要はありません。
<保険の選び方の手順>
1、必要保障額を計算してください。
万一のときの支出と収入を計算してください。支出から収入を引いてマイナスになるのでしたら、収入が多いので保険に加入する必要はありません。
2、目的ごとに保険種類を選んでください。
一例として
葬儀費用の準備でしたら、一生涯保障がある変額保険(終身型)遺族の生活費の準備でしたら保険期間を決めて収入保障保険(歳満了タイプ) など
3、保険種類を選んだら、その種類の保険を持っている保険会社より、少しでも保険料を
安いところを選んでください。
4、最後にトータルの保険料の検討です。
保険料が高い場合には、何か妥協して確率を落とすしかありません。 
<医療保険>についても入院して今もっている現金でまかなえるのならば必要ありません。
決めるポイントは、入院日額をいくらにするのか。一回の給付日数は何日タイプにするのか、いろいろなオプションをつけるのかどうか。です。もちろんいろいろつければつけるほど保険料は高くなります。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家族の生命保険について

マネー 生命保険・医療保険 2007/08/04 14:13

現在の保険加入状態です。
夫33才会社員(JA共済月17000円死亡時2000万)
私30才無職(生協共済月2000円死亡時200万)
息子4ヶ月(無し)
保険の見直しを考えています。
息子の保険は学資保険希望です。
家… [続きを読む]

ひろぽんさん (愛知県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

加入の“優先順位”と“保障額”を考えてみましょう! 荒川 雄一(投資アドバイザー) 2007/08/04 15:00
家族の保険の見なおし 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2007/08/05 07:53

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険の加入について 来未さん  2009-04-18 12:13 回答4件
教育資金と旦那の生命保険について ママンさん  2007-09-30 04:57 回答5件
家族の保険の見直しについてアドバイスをください mona123さん  2013-02-04 15:50 回答2件
生命保険・医療保険の加入について tomohiro1979さん  2012-10-03 10:32 回答1件