アルバイトやパートタイム労働者の契約につきまして。 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

アルバイトやパートタイム労働者の契約につきまして。

2012/03/06 10:22
(
5.0
)

はじめまして。

行政書士の松本です。

事業主には、パートタイムで働かれる方を含めて、
契約期間や賃金、休日などの事項はもとより、
どこで、どのような業務内容を、どのくらいの時間、
働くことになるのかについての書面を作成して、
雇用する際に明示しなければならない義務を負っている。
そのように承知しています。

試用期間中の最低賃金についてですが、
事業主が最低賃金を減額するための特例により、
許可申請を行い、許可を受けている場合には、
最低賃金を下回る賃金で働いてもらうことができる。
そのように認識しています。

そのうえで、ご質問内容についてですが、
雇用に際しては、雇用される側の者に対して、
労働条件等を書面にて明示することが、
事業主に義務づけられていますので、
その内容を異議なく受け入れた場合に、
労働契約を結ぶことになると考えています。

試用期間中に最低賃金を下回るような賃金が示された場合、
上に書かせていただきました特例の許可を受けているかどうかを、
確認する必要があると思っています。
もし、許可を受けていなければ、
最低賃金を下回る賃金で労働契約を結ぶことはできない。
そのように理解しています。


取り急ぎ、回答させていただきました。

少しでも、参考にしていただければ、幸いです。


 

契約
アルバイト
パート
労働条件
雇用

評価・お礼

ままぷ さん

2012/04/02 20:45

お返事おそくなりました。
大変わかりやすかったです。
回答ありがとうございました。

松本 仁孝

2012/04/03 09:42

 
評価くださいまして、ありがとうございます。
 
お役に立てていただけたようで、よかったです。

お返事、ありがとうございます。
 

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

アルバイトやパートの契約について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2012/03/05 23:04

アルバイトやパートなど試用期間中は労働条件を書いたような契約書のようなものは不要なのでしょうか?
また試用期間中の最低賃金未満は良いのですか?

例えば、1ヶ月中○時間以内の勤務は契約書不要/最低賃金未満でもOKなどあるのでしょうか?

ままぷさん (神奈川県/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

退職理由、自己都合?会社都合? まろまゆさん  2012-04-09 01:04 回答1件
派遣の途中解除について you_soulさん  2013-01-30 01:18 回答1件
雇用条件について悩んでいます。 芽衣さん  2013-09-19 02:28 回答1件
せっかく入社したのに困惑しています kurusuさん  2013-05-19 18:44 回答1件
契約内容が曖昧なので諦めた仕事 verdeさん  2012-09-11 17:49 回答1件