今の延長で「周りを意識しない」から「相手を観察する」へ - 国府谷 明彦 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

国府谷 明彦 専門家

国府谷 明彦
厚生労働省認定 産業カウンセラー

1 good

今の延長で「周りを意識しない」から「相手を観察する」へ

2012/02/01 01:50
(
3.0
)

こんにちは。カウンセリングセンター聴心館 国府谷(こおや)です。認知行動療法を中心とするメディカウンセリングを行っています。

 3子とギターさん,回答の文字数が限られているので,3子さんと呼ばせて下さい。3子さんは視線を意識してしまい,お困りのようですね。お気持ちお察しします。

 3子さんの視線恐怖,実は2つの部分から構成されています。ひとつは「視線を察知すること」,もうひとつは「その視線を感じて不安になること」。

 最初の「視線を察知すること」これは,人間だけでなく動物ももっている能力なのです。ジャングルで他の動物から身を守るためには必要な能力です。人間社会においても,ストーカーや変質者の視線を察知できなければ,我が身を守ることができません。この意味では,3子さんが視線を感じることは,正常な能力を持っていることの証と言えます。これをなくす必要はないと言えます。

 さて,問題なのは「視線を感じて不安になること」です。不安が強くなったり自意識過剰になると,とれる行動がとれなくなったりして支障が出てしまいますね。ここで感じる不安は,自然の中でクマやライオンに出くわしてストレートに感じるような恐怖・不安とはちょっと違うものなのです。視線を感じて,それを認識し考え感じるところから出てくる不安といえます。ある意味で「人の怖さを知っていること」からくる不安と言えるかもしれません。

 3子さん,どうでしょうか? 初めての人や見知らぬ人が,視線を合わせただけでいきなり恐ろしい行動をとってくるでしょうか?(その種の方々の場合は,あり得るかもしれませんが・・・・)。現実的な危険があまりないとすれば,あとはご自身が頭の中でひねり出してしまう考えをどうするかと言うことになります。その意味では,あれこれとこちら側で憶測することよりも「この人は何を考えているのかな」と観察する方が良いのではないでしょうか。現実だけを見つめるのです。そうすれば,万が一,相手が危険なことを考えていてもそれを察知できます。「意識しない」をさらに一歩進めてクールに「観察する」ようにするのです。

 最初の内はいろいろな雑念が出てきてしまいます。でも,慣れてくると「クールに観察すること」ができるようになります。ちなみに,相手と目線が合って目のやり場に困るときは,相手の額か鼻を見ることで,気まずさをかわすことができます。

補足

 「視線を察知すること」はそのままに「視線を不安に感じること」の認識を変えて「観察すること」にしてしまいましょう。それでもまだ支障を感じるようでしたら,ご相談に応じます。ご多幸を祈ります。

http://www.choushinkan.com

認知行動療法
不安
現実
人間

評価・お礼

3子とギター さん

2012/02/06 22:12

回答ありがとうございます!そうですね。人の視線を感じたとしてもマイナスイメージでとらえたり、あまり深く考えたりしないようにしてみたいと思います。視線に困ったときは額や鼻のあたりを見るといったことはよく聞くのですが、私の場合視線が一点に集中してしまうので逆に不審がられてしまうような気がします。会話の時は、自分が相手からどう思われているのか気になって話の内容に集中できないみたいなんです・・・

国府谷 明彦

2012/02/07 08:48

 3子さん,評価をありがとうございます。相手からどう思われているかが気になると言うことですね。相手から何となくこちらが感じる思いは,こちらが勝手に感じている主観的なものです。その意味で,どう思われているかをとことん客観的に観察してしまおうということです。そのために,相手の目つきや,顔の表情,しぐさや言葉をとことん観察するわけです。それは結局のところ,目線を固定しないことにつながることになります。相手の奥底にある3子さんへの本当の評価を見つめようと言うことですね。
 心理学的な意味になりますが,自分の内に入るにしても,自分の外の相手を見るにしても「自分がどう感じている」「相手はどう思っている」を客観的に観察することが,解決の近道になります。これを「セルフモニタリング」といいます。主観的な自分の思いつきに振り回されないといった感じですね。うまくいくことをお祈りします。

回答専門家

国府谷 明彦
国府谷 明彦
( 東京都 / 心理カウンセラー )
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長

うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

【うつや不安・ストレスには投薬以外の治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台・大宮で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

視線恐怖症?自意識過剰?

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2012/01/31 23:09

こんにちは。私は自意識過剰なのか人から自分がどう見られているかすごく気になってしまうようで、電車など人の多いところに行くと周りの視線がとても気になり挙動不審になったり凄く神経を使います。大学… [続きを読む]

3子とギターさん (東京都/20歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

夫とコミュニケーションができません。 なまはげさん  2015-05-10 00:10 回答1件
自閉症スペクトラム?誰か助けて うめもちさん  2014-12-18 12:21 回答1件
悩み ちょる41さん  2014-05-08 21:26 回答1件
不安でいっぱいいっぱいです。 しよりさん  2013-06-15 18:02 回答1件
心の病気は本当にありますか? sora.さん  2013-02-07 06:40 回答1件